嫌われる勇気 [Kindle]

  • 712人登録
  • 4.38評価
    • (157)
    • (100)
    • (25)
    • (7)
    • (2)
  • 105レビュー
  • ダイヤモンド社 (2013年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (180ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ロバート キヨサ...
伊賀 泰代
シーナ・アイエン...
佐々木 圭一
クリス・アンダー...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

嫌われる勇気の感想・レビュー・書評

  • 素晴らしい。フロイト、ユングに比べて知名度は低く、また哲学の範疇にも入らないし、縁遠い存在でありがちなアドラーの心理学について、ここまでわかりやすく説明しているというのがまず凄い。生意気盛りの青年が哲学者にくってかかり、なかなか納得しないという構成が秀逸。「そうだ、青年、いけぇ~!」と応援しながら読める(笑)。プラトンが書いたソクラテスの対話篇をイメージされたというが、まさに。

    個人的には、かつて学んで影響を受けた「当事者意識研修」において、根底はやっぱり交流分析とこのアドラーの心理学だったんだなと、ストンと落ちた感覚もありました。

    人により受ける印象はそれぞれだと思いますが、そこらへんの自己啓発書とは一味違う。とりあえず読んでみても損はないかも、と思う1冊です。

  • 【キーワード】
    ■相手の言動で本気で腹が立ったときには、相手が「権力争い」を挑んできているのだと考える。権力争いに勝っても今度は「復讐」の段階。
    ■「権力争い」を挑まれたときには、ぜったいに乗ってはならない。わたしは正しい、と思った時点で、議論の焦点は「主張の正しさ」から「対人関係のあり方」に移り、最終的に「だから勝たねばならない」と勝ち負けを争う。
    ■誤りを認める、謝罪の言葉を述べる、権力争いから降りる、これらはいずれも「負け」ではない。

    ■あなたに課題の分離ができていれば、上司がどれだけ理不尽な怒りをぶつけてこようと、それは「わたし」の課題ではない。理不尽なる感情は、上司自身が始末するべき課題である。すり寄る必要もないし、自分を曲げる必要はない。
    ■あなたのことをよく思わない人がいても、それはあなたの課題ではない。そしてまた、「これだけ尽くしているのだから、好きにならないのはおかしい」と考えるのも、相手の課題に介入した見返り的な発想。

    ■あなたがどんな刹那を送っていようと、たとえあなたを嫌う人がいようと、「他者に貢献するのだ」という導きの星さえ見失わなければ、迷うことはないし、なにをしてもいい。嫌われる人には嫌われ、自由に生きてかまわない。

  • アドラー心理学について、哲学者と青年の対話形式で解説した本。
    人は、目的に従って感情を作り出していること、他者と自分の課題を切り離し、他者に踏み込み過ぎず、また他者からの評価にとらわれないこと、自分が共同体に貢献している意識を持つこと、など、哲学者が青年に語っていきます。
    よく青年が激昂するのと、対話形式だからか、個人的には読みづらかったですが、そんな心の持ち方もあるんだな、と新鮮ではありました。

  • とあるラジオを聴いていたときに、この本が紹介されて、面白そうだったので買いました。
    みなさんはアルフレッド・アドラーをご存知でしょうか?フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される程スゴイ人物らしいのですが、私は知りませんでした。というか他の2人に関しても同じなのですが。
    この本は悩み多き”青年” に対して”哲人”がアドラー心理学で悩みの本質を明らかにし、幸せとは何なのか説いていく物語です。

    アドラー心理学の一つに目的論というものがあります。これは過去ではなく現在の目的の為に人は行動するという考え方です。
    例えばひきこもりの人がいたとします。普通なら”過去”にいじめや虐待があってそれが原因となって現在ひきこもっていると考えます。ところが目的論ではひきこもるのは親や周りの人間に自分のことを心配してもらいたい、関心を持ってもらいたいという目的の為にひきこもっていると考えます。
    実際にひきこもりの人が聞いたら非難轟々でしょうし、過去の自分に聞かせたらブン殴られそうですが、過去に縛られる後ろ向きな考えより、今の目的の為に行動するという前向きな考え方が気に入っています。

    ただ、この本の本当に面白いところは、”青年”にあります。
    ”青年”は最初、ペテン師の鼻を明かしてやろうという、挑戦的な感じで”哲人”に問いかけていきます。その口調は妙に芝居がかっていて、インテリぶっているというか、上っ面だけで中身は空っぽというか、真剣10代しゃべり場にでてきそうなませた子供みたいな印象でした(しゃべり場はチラッとか観たことないですが)。
    ただ、物語が進んで”哲人”が核心をつくようなことを話すとうろたえたり、「ええい、このサディストめ!」とか「冗談じゃない。そんな人生、今すぐ打ち捨ててやる」とか「ええい、偽善だ偽善だ!」みたいな罵詈雑言を吐きます。その暴言が私の気持ちを代弁してくれていたり、笑いを誘ったりして、最後まで楽しく読むことが出来ました。
    ですから、心理学についての解説本ですが「かたい」といった印象は受けませんでしたので、お気軽に手にとってみてはいかがでしょうか?ちなみに続編で『幸せになる勇気』も発売していますのでよろしければそちらもどうぞ。

  • ・大切なのはなにが与えられているかではなく、与えられたものをどう使うかである。

    ・優越性の追求も劣等感も病気ではなく、健康で正常な努力と成長への刺激である。劣等感も、使い方さえ間違えなければ、努力や成長の促進剤となるのです。

    ・嫌われる可能性を怖れることなく、前に進んでいく。坂道を転がるように生きるのではなく、眼前の坂を登っていく。それが人間にとっての自由なのです。

    ・この人はわたしになにを与えてくれるのか?ではなく、わたしはこの人になにを与えられるか?を考えなければならない。

    ・人は自分には価値があると思えたときにだけ、勇気を持てる。

    ・誰かがはじめなければならない。他の人が協力的ではないとしても、それはあなたには関係ない。あなたが始めるべきだ。

    ・ありのままの自分を受け入れる、つまり自己受容するからこそ、裏切りを怖れることなく他者信頼することができる。そして他者に無条件の信頼を寄せて、人々は自分の仲間だと思えているからこそ、他者貢献することができる。さらには他者に貢献するからこそ、わたしは誰かの役に立っていると実感し、ありのままの自分を受け入れることができる。

    ・他者貢献とは、目に見える貢献でなくともかまわない。たとえ目に見える貢献でなくとも、「わたしは誰かの役に立っている」という主観的な感覚を、すなわち「貢献感」を持てれば、それでいいのです。

  • ものすごく大事なことが書かれていて、でも1度読んだぐらいだと自分ではとても実践できなさそうなので、何度も何度も読みたい本。
    そして自分の子供がこの本を読んで理解できる年齢になるぐらいにはすぐに読ませたいと思う。

  • アドラー心理学を修めた老人と、それに懐疑的な青年の対話形式でアドラー心理学的な人間の生き方を考える本。「人の悩みは全て人間関係の悩みである」など、突き詰めるとなるほど、と目からうろこが落ちる文章がたくさんありました。たぶん世の中の過半数がこの本に書いてあることを実践できればみな幸せになれる気がする。自分だけ変えようと思ってできるものなのか…という疑問はあるけれど、新しい視点をくれた貴重な本でした。

  • 「すべての悩みは対人関係の悩みである」と定義するアドラー心理学を哲人と青年の対話の中で学んでいく本。
    耳が痛くなるような台詞が次から次へと発せられるが、そのたびに新しい観点が増えていく。
    結果論で考えることに疲れたヒトにオススメ。

  • 昔、この本のタイトルと同じようなことを思ったことがあります。それはある人を叱らなければならないときでした。「嫌われ役を買ってやろう。どうせ世の中の全員から好きになってもらうことなんてできないんだし、嫌われてもいいや」と。


    当然ですが、嫌われることには抵抗はあります。誰だって、好かれたい、好きになって欲しいという願望はあるでしょう。だけど、どんなに自分が頑張ったところで、必ず全員に好きになってもらえることはないんだと、諦めに似た覚悟を持つことにしたんです。


    今振り返るとそのときくらいからだと思います、自分が自由に発言できるようになったのは。それまでの自分は、周りの目を異常に気にしていた気がします。優等生でいようと思っていたし、いつもどこかで「自分という存在を演じている」という感覚がありました。


    タイトルを見たときに、この本はいわゆる自己啓発を意識したテクニック的なものが書かれているのかと思いましたが、中身は完全に哲学と心理学の本でした。
    文章は、ある青年と哲人の対話形式で進められており、
    いわゆる哲学や心理学の抽象的な概念だけではなく、
    日常で怒っている具体的な例なんかも出て来るので、すごく読みやすいと思います。

    自分の考え方が整理されたと感じる部分があると同時に、学ぶことも多かったです。ある部分の関係においては、未だに縦の関係を意識してしまったいたのだと気付けたし、「課題の分離」といったテクニックは、今後悩んだときに、ツールとして利用したいと思いました。

  • いいね。実践まで至るためにもっと腑に落とさないと。以降は本からの引用です//経験に与える意味によって自らを決定するのである。与えられたものをどう使うか。自らの劣等感をある種の言い訳にしている状態。承認欲求を否定。その選択によってもたらされる結末を最終的に引き受けるのは誰か。傾向性。自由とは嫌われることである。課題の分離。自己への執着を他者への関心に切り替えていく。共同体の一部。所属感…共同体に対して自ら積極的にコミットする。私はこの人に何を与えられるか。より大きな共同体の声を聞く。横の関係。同じではないけれど対等。能力がないからではない…勇気付け。他者を評価しない。人は、自分には価値があると思えたときにだけ、勇気を持てる。自らの主観によってわたしは他者に貢献できていると思えること。行為ではなく存在のレベル。肯定的なあきらめ、自己受容。他者信頼。他者貢献。貢献感…仲間だと思えているから。行為のレベル。存在のレベル。安直な優越性の追求。普通であることの勇気。

  • ★★★★★

    何の気なしに衝動買いした一冊だが、あまりに面白くて一日で読んでしまった。

    あまり耳馴染みのないアドラー心理学というものを「青年」と「哲人」との会話方式でわかりやすく解説してくれるのが本書。

    フロイトのいうトラウマが行動に影響を与えるという「原因論(もしくは「決定論」)」に対し、アドラーはトラウマを否定し「目的論」という立場をとる。

    中で取り上げられている引きこもりの例では、「原因論」では外の世界に対する恐怖があるから部屋から出られない、とするところを、「目的論」ではひっくり返し、外に出たくないから恐怖という感情を作り出している、とする。

    つまり、一般的に考えられているように感情を行動の原因と捉えるのではなく、あくまで目的を達成するための手段にすぎない、とするのがアドラー流なのだ。

    もうこれだけでも十分面白いのだけれども、僕が一番衝撃だったのは、ここで語られている内容が釈迦の教えとそっくりだったことだ。

    例えば人生について。

    たいていの人は「人生には目的があり、それを達成するために日々を生きている」と人生を「線」で捉えるのに対し、アドラーは人生を「点」だという。

    未来に目標があってそれに向かって生きているなら、途中で挫折したり事故にあって道行を断念せざるを得なくなったら、人生は無駄になってしまう。

    アドラー的には、それは現在を生きていない、となる。

    そもそも未来にどうなるかなど誰にもわからないのだから、人間にできるのは今を大切に、一生懸命生きることだけ、というわけだ。

    仏教でも人生は点の連続、それっぽい言い方をすれば刹那瞬の連続だという。

    刹那瞬とは仏教でいうところの時間の最小単位のこと。
    (苫米地英人は「今風に言えばプランク定数hのこと」といっていた)

    ほかにも、アドラーのいう「人間の悩みは全て対人関係の悩み」という言葉は、仏教の「無自性(全てのものは関係性によって成り立っており、それ自体だけで成り立っているものはない、ということ)」に収斂していくように思うし、自己への執着が人を不幸にするという考え方に至っては仏教そのままといってもいいくらいだ。

    本書では、よくソクラテスやプラトンに代表されるギリシャ哲学とアドラー心理学との共通点が指摘されているが、これはつまり、賢い人たちが一生懸命考えた人の生き方の指針というものには洋の東西を問わず共通点があるということなのだろうか。

    ひさしぶりに読み返したくなる本に出会った。

  • 先日書店に行った際にプッシュされていたので気になって読んでみたら思いの外面白かった。
    因果を明確に否定し、今をしっかり生きることで人は幸福になれる、他者への奉仕と共同体の概念などは、ほかの心理学や哲学書よりもしっくり入ってきました。やや暑苦しい青年との対話方式で書かれていることも、理解の深めやすさに貢献しているのかもしれません。
    文内に、人生の捉え方における重要な指摘が随所に見られますので、今後も何回か読み直して見ることと思います。

  • アドラー心理学を「哲人」と「青年」の対話形式でわかりやすく解説した本。そもそも、アドラー心理学を研究している哲学者の岸見一郎さんに著者の古賀さんが惚れ込んで実現した書籍であるので、著者の思い入れもひとしおであったと想像できる。

  • 他人の目を気にしていた自分に気がついたような気がした。
    読んでいるいて、一つ一つの話は分かるけれど、それを全体として繋げることが出来なかったので、
    また時間を置いてから読んでみたい。
    青年との会話形式だったので、読み進めることができるか不安だったが、あまり気にせずに読めたのは良かった。

  • これは、何回か読まないとわからないな

  • アドラー心理学に初めて触れました。
    すべての理解はできませんが、今回印象に残った言葉を記載します。
    次回読んだ時と比べてみたいと考えております。

    はじめに
    電子版No.22
    人は変われる、世界はシンプルである、誰もが幸福になれる
    No.70
    問題は世界がどうであるかではなく、あなたがどうであるか、なのです。

    第一夜
    No.209
    われわれは原因論の住人であり続けるかぎり、一歩も前に進めません。
    No.294
    自分の経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するのである
    No.438
    答えとは、誰かに教えてもらうものではなく、自らの手で導き出していくべきもの
    No.658
    いずれにせよ、前に進むことができます。

    第二夜
    No.899
    われわれを苦しめる劣等感は「 客観的な事実」ではなく、「 主観的な解釈」
    No.904
    主観にはひとつだけいいところがあります。それは、自分の手で選択可能だということです。
    No.1056
    もしも自慢する人がいるとすれば、それは劣等感を感じているからにすぎない
    No.1297
    そして対人関係が復讐の段階まで及んでしまうと、当事者同士による解決はほとんど不可能になります。そうならないためにも、権力争いを挑まれたときには、ぜったいに乗ってはならないのです。
    No.1338
    負けたくないとの一心から自らの誤りを認めようとせず、結果的に誤った道を選んでしまう。誤りを認めること、謝罪の言葉を述べること、権力争いから降りること、これらはいずれも「 負け」ではありません。
    No.1365
    行動面の目標が、次の2つ。
    ①自立すること
    ②社会と調和して暮らせること
    そして、この行動を支える心理面の目標として、次の2つ。
    ①わたしには能力がある、という意識
    ②人々はわたしの仲間である、という意識
    No.1471
    いまの段階でいえるのは、逃げてはならない、ということです。どれほど困難に思える関係であっても、向き合うことを回避し、先延ばしにしてはいけません。たとえ最終的にハサミで断ち切ることになったとしても、まずは向かい合う。いちばんいけないのは、「このまま」の状態で立ち止まることです。
    No.1534
    「所有の心理学」ではなく、「使用の心理学」です。
    青年:つまり、あの「なにが与えられているかではなく、与えられたものをどう使うか」

    第三夜
    No.1637
    「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない
    No.1663
    われわれは「他者の期待を満たすために生きているのではない」のです。
    No.1741
    われわれは「これは誰の課題なのか?」という視点から、自分の課題と他者の課題とを分離していく必要があるのです。
    No.1746
    およそあらゆる対人関係のトラブルは、他者の課題に土足で踏み込むこと——あるいは自分の課題に土足で踏み込まれること——によって引き起こされます。
    No.1785
    自分を変えることができるのは、自分しかいません。
    NO.1943
    「困難に直面することを教えられなかった子どもたちは、あらゆる困難を避けようとする だろう」と。
    No.2000
    他者の期待を満たすように生きること、そして自分の人生を他人任せにすること。これは、 自分に嘘をつき、周囲の人々に対しても嘘をつき続ける生き方なのです。
    No.2061
    他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを怖れず、承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分の生き方を貫くことはできない。つまり、自由になれないのです。

    第四夜
    No.2451
    関係が壊れることだけを怖れて生きるのは、他者のために生きる、不自由な生き方です。
    No.2493
    ほめるという行為には「能力のある人が、能力のない人に下す評価」という側面が含まれ... 続きを読む

  • 青年・哲人の対話と多くの具体例を通じて、アドラー心理学を丁寧に読み解いていく。
    読み手の人生を変える一冊。

  • 2回目。内容は理解できたと思うが、実行できるかは・・・。勇気がねえ。

  • 半年ほどかけてやっと読了。
    長女としてずっと親の顔を伺いながら「良い子」として生きてきた私にとって心救われる一冊でした。
    続編も読みます!

  • かなり前に読んだ本だが、今もちょっとした悩み事が出てきた時などにその考え方を思い出し、参考にしている。

  • ◯目的論。人は感情・過去に支配されない。人は変われる。
    ◯何が与えられているかではなく与えられたものをどう使うか。
    ◯性格=ライフスタイル=世界観。選択可能。変わることへの不安と変わらないことへの不満。勇気が必要。自分は自分のままライフスタイルを選び直せばよい。
    ◯自分が嫌い=他者との関係の中で傷付くことを恐れている。
    ◯全ての悩みは対人関係の悩みである。
    ◯劣等感は主観的解釈から生まれる。客観的劣等性ではない。どのような意味付けを与えるか。
    ◯劣等感は努力や成長のきっかけになるが、劣等コンプレックス(見かけの因果律)は自らの劣等感を言い訳にした状態。勇気の欠如。さらに優越コンプレックスに発展する。権威付け。他者の人生を生きている。不幸自慢に至ることも。永遠に不幸を必要としてしまう。
    ◯優越性の追求。誰とも競争することなくただ前を向いて歩けばよい。健全な劣等感は理想の自分との比較から生まれる。
    ◯切磋琢磨する仲間ならよいが、競争しようとすると他者は敵になる。他者の幸福を自分の負けと捉えず、他者を仲間と捉えれば世界は変わる。
    ◯権力争いを挑まれても乗らない。制しても復讐を受ける。
    ◯怒りはコミュニケーションの一形態。怒りを使わない言葉によるコミュニケーションは可能。
    ◯自分は正しいと思うと権力争いに突入。誤りを認めることは負けではない。
    ◯行動面の目標:自立すること、社会と調和して暮らせること。心理面の目標:わたしには能力があるという意識、人々はわたしの仲間であるという意識。
    ◯人生のタスク(仕事、交友、愛)を乗り越えよ。
    ◯他者の期待を満たすために生きているのではない。
    ◯自分の課題と他者の課題を分離し、他者の課題には踏み込まない。見返りを求めてはいけない。
    ◯嫌われないように生きることは、自分に嘘をつき、他人にも嘘をつく生き方。自由に生きよ。
    ◯自由とは他者の評価を気にせずに生きること。対人関係のカードは常に自分が握っている。他者を操作しようと思ってはダメ。
    ◯対人関係:出発点は課題の分離。ゴールは共同体感覚(他者を仲間とみなし、そこに居場所があると感じられること)。
    ◯自己への執着を他者への関心に切り替える。共同体にコミットすることで所属感を得られる。
    ◯対人関係でつまずいたら「より大きな共同体の声を聞け」
    ◯叱る・ほめる(下の者の操作が目的)ではなく、横の関係に基づく援助(勇気づけ)。評価ではなく感謝する。
    ◯人は自らの主観で共同体にとって有益と思えた時に自分に価値があると思え、勇気を持てる。
    ◯意識は対等に、主張すべきは主張する。一人でも横の関係をきずけばライフスタイルは転換する。
    ◯自己受容(ありのままの自分を受け入れ前へ進む。変えられるものと変えられないものを見極める。)、他者信頼(無条件に他者を信じる。)、他者貢献(自己犠牲ではなく自己の価値を実感するために行う。目に見える貢献でなくともよい。その実感が自己受容に繋がる。)。
    ◯会社の仕事だけに没頭するのは調和を欠く。行為のレベルだけでなく存在のレベルで自分の価値を高める。
    ◯幸福とは貢献感である(自分の貢献をどう思うかは他者の課題)。
    ◯普通であることの勇気。
    ◯人生は線ではなく点。今、ここを真剣かつ丁寧に生きる。今、ここを真剣に生きないことは人生最大の嘘。
    ◯他者貢献という導きの星。

  • 比較的感覚と近かった印象。物語調とは別にまとめた記載のページなどあればより良かったと思う。
    自己肯定感の低い友人に薦めたい一冊。

  • 評判通り、違和感から始まり、自分の考えに近いところもあるけれど、最後までざらっとした感じが拭えなかった。そう簡単に理解できるわけではなく、また理解したと思いたくない気持ちもある。
    いずれにせよ、シンプルに世界と幸福を捉えるには、強靭な個人がなければならない。
    フロイトやユングの心理学は、人がなぜいまこう感じ考えるのか、を考える上では有効だと思うが、アドラーは、いまこれから、を考えるのに向いているように思う。ただ、それは目標を掲げ、計画するものではなく、刹那の連続であるいまを、いかに真剣に、かつ丁寧に生きるか、ということ。背中を押されているような、でも重大な宿題を課されているような、そんな複雑な読後感だ。

  • 青年と哲人のやりとりが面白く、ただ解説された文章ではないので、すんなり読めました。
    内容は「人間のすべての悩みは対人関係の悩み」「トラウマは存在しない」「人は怒りをねつ造する」「あなたの不幸は、あなた自身が選んだもの」「自由とは、他者から嫌われることである」などなど結構驚く言葉がちらほらあります。
    哲学的でありながら、心理学という、ひょっとしたら宗教か?と思える疑問が出てきますが、こんな考え方ありなのか!?が本当に多いです。

  • 哲人と青年との対話形式。
    人の悩みはすべて人間関係に関するもの。その人間関係について、自分なりに整理して前向きに考えるためのヒントを、たくさん得ることができました。
    どうしても他人の目線で自分を見てしまいがちだけど、自分はどうしたいのか、どうなりたいのか、を出発点に考えるようにすれば、次にやるべきことが自然に冷静に見えてくるような気がします。

全105件中 1 - 25件を表示

嫌われる勇気に関連するまとめ

岸見一郎の作品一覧

岸見一郎の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

嫌われる勇気を本棚に登録しているひと

嫌われる勇気を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

嫌われる勇気を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする