マッキ― [DVD]

  • 62人登録
  • 3.34評価
    • (3)
    • (12)
    • (11)
    • (5)
    • (1)
  • 17レビュー
監督 : S.S.ラージャマウリ 
出演 : スディープ  サマンサ・ルス・プラブ  ナーニ 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111245595

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マッキ― [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初インド映画です。
    ハエに生まれ変わって復讐するのが良かったです。
    復讐される相手が気の毒になる程やり返しまくるのも良かったです。
    まぁ殺されてるんだからあれぐらいしないとねw
    中々面白い作品で観て良かったです。

  • インド映画っぽく、ストーリーは一本仕立てで最後まで分かりやすく良かったですね。
    作業用映画として最適でした。

  • 懐かしインド映画風情かと思いきやハエに転生、でもその後の復讐はスタンダード、それでも特異に感じるのはCGの多用で、やっぱり生のハエじゃ可愛らしさを出すのは難しいですね、ってことで、映画に対する観念が伝統的である一方、柔軟さも感じられるところがいいですね。ハエであること抜いたらアクション映画ですよ。度肝抜く感じはないですが、楽しく見れます。ハエって意外と古典的な何やかやがあるぽく、出だしもそんなでしたね。そして3日経ってもクセになる表題曲。

  • Eega
    2012/印、125min.

    主人公は冴えない貧乏青年のジャニ。ジャニはマイクロアートを趣味とする慈善活動家のビンドゥに恋してる。そこへ、ビンドゥに一目惚れした悪徳実業家スティープが加わる。

    ジャニとビンドゥが相思相愛だということに気がついたスティープは、嫉妬心からジャニを殺害する。その10日後、ジャニはハエの “マッキー” として生まれ変わり、ビンドゥをスティープから守るべく、スティープにまとわりつく。壮快なアクション・コメディ。

    輪廻転生。

  • 悪徳実業家に殺されてハエに生まれ変わった男が、小さなハエの姿のまま愛する人を守り、復讐に立ち上がるインド発の痛快エンタテインメント・ムービー。

  • これぞ王道B級映画にして正統派インド映画!こういった形で使われるならCGも嫌いじゃないw

  •  好きな女性につきまとう金持ちに殺されてしまった男がマッキー(蝿)に生まれ変わり、金持ちに復讐する。

     CGの蝿が出てきて踊ってるのに、立派にインド映画として成立してしまってるのはすごい。
     単調な話に見えて、悪役の男が途中で悪役として一皮向けるなど見飽きないつくりになってる点もいい。

     インド映画らしさを全く失わずジャンルを広げている。

  • インド映画です。
    1人の冴えない青年が美しい女性に恋をし、その女性も青年に好意を寄せます。
    そのことに嫉妬した悪徳実業家の男が、理不尽にも青年を殺してしまいます。
    青年はハエのマッキーとして生まれ変わり、殺された復讐と愛する人のため、立ち上がります。

    ハエって、近くを飛び回られると鬱陶しいですよね。
    悪い男は、最初はハエを振り払うだけだったのですが、徐々に、自分が意図的に狙われていることがわかり、恐怖に怯えます。
    ハエから執拗なまでに嫌がらせを受け、なぜ狙われているのか理由もわからず、精神的にも追いつめられていきます。

    なんだか気味の悪そうな作品に思われそうですが、インド映画らしく、明るくてポップで、ハエのマッキーもユーモラスです。
    小さなハエが大悪人をやっつるのもスカッとしました。

    とはいえ、ハエはハエなので、殺虫剤をかけられたらお終いなわけです。
    マッキーがどうやってピンチを切り抜けるのか、ハラハラする場面も続きました。

    面白い作品でしたが、やっぱり、ハエは好きになれません。

  • タイトルからしてインド版「ザ・フライ」だけど、中身はおバカなコメディw虫嫌いだけど意外に大丈夫でした。ハエの演技が人間そのまますぎて笑えるのと、ハエを追い払おうと必死になってる姿を超客観的に観たときの可笑しさw

  • インドすごい

全17件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マッキ― [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする