沖で待つ [Kindle]

  • 15人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 絲山秋子
  • 文藝春秋 (2009年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (76ページ)

沖で待つの感想・レビュー・書評

  • 作者さん独特の世界観があって、入れない…入らないほうがいいような気さえしました。

    でも、共感できる場面ではとても癒されました。

  • 想像と違い面白く、変わった雰囲気の小説だった。「勤労感謝の日」に出てくる女の主人公は、はなはだ気が強く、乱暴で口が悪い。メーカーの総合職に就いた女性などというのは、こんなものなのだろうか。「沖で待つ」も変わった筋書だったが、こちらはちょっとホロッとさせられる人情話的な部分もある。「みなみのしまのぶんたろう」はほぼひらがなだけで書かれていて、主人公の男は何となく石原慎太郎を思わせる人物。大臣だったのが原発のある離れ小島に飛ばされて、魚と話ができるようになる。
    どの作品にも共通しているのは、世間を小馬鹿にしたような斜めの視点とユーモアだ。この文庫本に併載されている三作だけかも知れないが、どれも短く、あっと言う間に読み終えてしまった。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

沖で待つはこんな電子書籍です

沖で待つの単行本

ツイートする