スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間 [DVD]

  • 41人登録
  • 3.04評価
    • (0)
    • (7)
    • (10)
    • (6)
    • (0)
  • 10レビュー
監督 : エリック・イングランド 
出演 : ナジャラ・タウンゼント  キャロライン・ウィリアムズ  アリス・マクドナルド  ケイティ・ステイシーマン  マシュー・マーサー 
制作 : エリック・イングランド  エリック・イングランド  J・D・リフシッツ  ラファエル・マーグリス 
  • アルバトロス (2014年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4532318407913

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • レンタルで観賞。

    日を追うごとに悪化していく症状は、ありえそうで怖い。

  • タイトルが普通にネタバレ。
    原題は「Contracted」だしなぁ…タイトル知らない方が楽しめたかも…

    美しい女性が少しずつ死人のようになっていく様子は目を見張るものがありました。

  • 邦題がネタバレしまくっている通り主人公がゾンビになるまでの3日間を描いた作品。
    主人公の女性がとても美しい人なので腐っていく姿を見ていくのは結構キツかったです。
    ですが、とても面白く一気に観れた作品でもありました。
    ただ、ゾンビになるきっかけの男の事にあまりふれず話が進むのでその辺ははっきりさせてほしかったと思いました。

  •  ふとしたことから初対面の男性と寝てしまったレズビアンの女性。その日から彼女の体にとんでもない異変が。。。

     ゾンビ化がAIDSのメタファーとして描かれるこの映画。ゾンビメイクの綺麗さはなかなか。
     しかしこの映画がそれ以上に面白いのはゾンビ化に対してどうしようという感じでなく主人公や近い周囲が全然違う方向に動き出すところ。実際こんな異変があったら周囲は彼女の元々ある問題に結びつけてしまうんだろうなぁ。
     ラストもいいですよ。空回りからのカタルシス。そっか、これってゾンビ映画だったなぁと思い出させてくれる。

  • 邦題で「ゾンビ」という言葉が使われているが、はたしてこれをゾンビと呼んでいいものやら(もう1つ邦題に文句を付けるならばスリーデイズというのはネタばれだろ!)。この主人公が感染する「病気」はどこかエイズを想起させるようにできている(病院や街のベンチにエイズの啓蒙ポスターがあるし)。エイズは最初「同性愛者がかかるものだ」と言われていたが、この映画では死体とのセックスをした男が感染源になって、謎の病気が発病することになっているのである。うーん、エイズは今や同性愛とは限らないことがはっきりしているんだから、この設定も問題あるんじゃないかしら。
    それはさておき、話はけっこう淡々としていてゆっくりと進む。しかも主人公の女は正直言って、自己中心的なビッチなのでぜんぜん同情できないのだが、それなのに飽きさせないのは、物語が進むにつれ主人公には自殺未遂の経験があり、それもあって母親との関係がうまくないし・・・といった設定が明らかになって、それが物語にもよく活かされているからで、これには感心した。
    ただ、途中で出てくる医者はあんまりにもお粗末だろう。あそこはモグリの医者か何かの設定にしないと通用しないように思う。そこさえしっかりしていれば☆4つだったんだが。

  • うーん、これはどうなんだろう。

    例によってゾンビ映画のバリエーションの一つで、
    ひょんなことから感染した女性が3日かけてじわじわゾンビ化していく様、
    それに戸惑い恐れる様を描いています。

    その描写は本当に「恐ろしい病気にかかっちゃった」的な、
    難病物というか、「痩せ行く男」だっけか?あれは呪い系だけどもそういった
    超じっくり見せる感じの嫌悪感が非常にイヤで悪くない(矛盾してる?)。

    ただね、それが「ゾンビになるんですよー」ってはじめっからタイトルでネタバレしちゃってるのがね…。
    「えーっなにこれ何の病気?」って主人公と一緒になって怖がりたかったかな。

    原題は“Contracted”だけども、本国公開時はどうだったのかしらね…。


    主人公はサマンサというレズビアン女性。
    いろいろ問題がある人のようで、どうも性格的にも好きになれない。
    こいつが酔っぱらってあるパーティで男とHしちゃったら
    次の日からどんどん体調がおかしくなってきて…というお話。

    生理?かと思ったら異常な出血でうわー、とか、
    目のくま~めが充血~瞳孔開きっぱなし~目が黄色に?とか
    歯を磨いてたら歯が抜けたりとか、
    ひどい吐血、熱さを感じないので熱湯シャワーでやけど、毛がごっそり抜ける、などなど。

    エグさ、グロさはそれほどでもないんだけど、追い詰められてく感じが非常にイヤね。
    映画に出てくるような尻軽アメリカ人には、「誰とでもすぐHしないように」「コンドーム使うように」って
    教え込むためにぜひ見せるといいんじゃないでしょうかね。

  • 腐敗していく美女、て設定だけでムラムラもの。楽しみにしていた作品。
    エログログロしいかと思ったらそうでもなかった。割と描写は軽めで美しく腐敗なのな。
    ストーリーも変化球は無く、後半の駆け抜ける暴走からのラストもスッキリゾンビだった。この後ドーンが観たくなる(笑)

    タイトルでネタバレしてるわけだが、これ知らずに観たら楽しそうだ。
    自分の身体がどうなっていくのかって恐怖。ザ・フライの様に。

  • レズの主人公がパーティで男性と流れでしてしまって、それから体調が悪くなって体もおかしくなっていく話。

    主人公がゾンビになっていく過程が3日間に分けて表現されていて、歯が抜けたり、虫が出てきたり、目を背けたくなるくらいよく表現されていた。

    体が腐っていくにつれて、彼女の心も壊れていく様がよくわかる。

    彼女に気のある男が彼女としてる時になんだかチクチクすると言った時はおもしろかった。

    関係ないけど、お母さんの顔が仮面みたいで怖い。

  •  英語・日本語字幕のみ(吹き替えなし)
     レズビアンだけど美人でナンパも絶えない主人公は、いま付き合っている彼女がつれなくって、夜中のカクテルパーティで酔いつぶれて知らんおとことどーんとヤっちゃいます。
     そしたら次の日股間がむずむず、出血もするわ顔色悪くなるわなにこれ性病でももらった?!
     髪の毛はごっそり抜けるわ、歯が抜けるわ、血を吐くわ、目は充血するわ、腐臭はするわ、もう見た目ゾンビだろ気づけよと突っ込みたくなるほど周りが心配もしないという。歯が抜けるとかおかしいやん。
     特効薬もなにも見つからないまま人殺しまでして結果完璧ゾンビになって母親に襲い掛かる主人公なのでした。ちゃんちゃん。
     というお話でした。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする