狼を狩る法則 (モノクローム・ロマンス文庫) [Kindle]

  • 16人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 麻々原絵里依  冬斗亜紀 
  • 新書館 (2014年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (270ページ)

狼を狩る法則 (モノクローム・ロマンス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 人狼のシリーズだけど、主人公は持ち回りなのかな。今回はチェイとビット。
    重くはなくて、さらっとおもしろい系。

  • -----
    人狼で獣医のチェイトンは「メイト」に会える日を子どもの頃から楽しみにしていた。 メイトは、会った瞬間にわかるんだ。 そんなある日診療所に一匹の狼が運び込まれ、チェイの心と体が反応する。 この感覚、間違いない、ドアの向こうに運命の相手が。しかしそこにいたのは傷を負った美しい男だった——。 北米発、男と男の恋愛譚!!
    -----
    ゲイであることで家族と離別し、また恋人に裏切られた経験から、チェイがメイトであることを受け入れようとしないキートンを、チェイが頑固に根気強く口説き落とす。チェイの愛情深さ、家族や親友を思う気持ちもあるけれど、それでもキートンと生きることを選ぶという姿、チェイとキートンが互いを思いあい、その思いを伝えあう姿が上手く描かれている。
    訳者の上手さもあるのだろうけれども、遊びがあって無駄がない情景の描写が映画みたいで、最後まで味わいながら読んだ。
    ストーリー自体はそんなに凝ったものではないし、重厚な作品というのではないので、軽く読める。

  • 再読。セックスシーンがちょっと多すぎて、多いのはいいけど割愛しても良い気がして…後半は重要なセリフがあったら困るのでチェックだけしてセックスシーンは飛ばしてしまった。設定はものすごく好き!

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

狼を狩る法則 (モノクローム・ロマンス文庫)を本棚に登録しているひと

狼を狩る法則 (モノクローム・ロマンス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

狼を狩る法則 (モノクローム・ロマンス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

狼を狩る法則 (モノクローム・ロマンス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

狼を狩る法則 (モノクローム・ロマンス文庫)はこんな電子書籍です

狼を狩る法則 (モノクローム・ロマンス文庫)の文庫

ツイートする