凶悪 [DVD]

  • 780人登録
  • 3.48評価
    • (34)
    • (181)
    • (139)
    • (36)
    • (10)
  • 172レビュー
監督 : 白石和彌 
出演 : 山田孝之  ピエール瀧  リリー・フランキー  池脇千鶴  白川和子 
  • Happinet(SB)(D) (2014年4月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953040984

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

凶悪 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人間が一番怖いっていう映画。
    実話っていうから恐ろしすぎ!!でもニュースとか見ると普通の人が犯罪を犯しているのが多いのでこの事件も珍しいもんではないと思う。
    見るのは正直堪えました。三人目のお爺さんに酒を飲ませるくだりとかは、かなりキツかったです。
    あのお爺さん役の人が精神状態大丈夫か心配です。
    リリーフランキーさんにピエール瀧さん、こんな役よく引き受けたなって思いますが良かったです。
    山田孝之さんも安定した演技力で良かったですし、また見たいとは思わないけど満足出来た作品でした。

  • ★~ 人の死を金に換える先生、先生、それはせんせ~い♪

    山田孝之が凶悪人を演じる映画だと勝手に思い込んでいた。
    観始めてあれ?なに?まともな雑誌記者役なんだぁ、と
    ちょっとスカされた感じ

    それにしても、
    一見、普通に見えるおっさんって以外に怖いんだなぁ、
    隣のおっさん大丈夫かぁ・・・

    暴力団の須藤役 ピエール瀧の顔って見事な任侠顔ですねぇ。
    助平ったらしい顔のリリーと任侠顔のピエールの極悪コンビがグッド。

    例えば、
    極悪コンビが殺した人間を焼却炉で焼いてると
    肉が焼けるいい匂いがするなぁ~・・・とか言います。

    なかなか死なないといつまで生きてんだよ~!とかも言います。

    ラスト藤井( 山田孝之)が死刑囚須藤に
    殺した5人の為にもあんたは生きていちゃいけない!
    この世で喜びなんか感じるな!
    生きている実感なんか感じるな!

    死刑囚曰く、神様は俺に言いましたよ
    生きて罪を償いなさいって・・・

    悪党も最後にやぁ、神様を都合よく使うんだと思いました。

    山田孝之が凶悪人を演じて欲しかったので残念

  • 山田孝之が、凶悪の犯人だと思ったら、
    正義の記者だった。
    ピエール瀧の凶暴な暴力団の存在感がスゴイ。
    なにゆえに、殺人をするのかと言うことを考えれば、
    「先生」をしたっているがゆえに と言うことだろうか。
    先生は リリーフランキー。
    人が死ぬことで、お金に換えることができる。
    錬金術師。人を殺すことが、カネのためなら、
    なんとも思わない。
    ピエール瀧とリリーフランキーのなんとも言えぬ緊張感。
    ピエール瀧から、手紙をうけて、山田孝之は、真相を追う。
    その執念もスゴイなぁ。
    編集長には、なかなか認めてくれない。
    家にもどれば、認知症の母親がいる。
    ヨメは それに手こずっている。
    それでも、追いかけつづけることで、真実にぶつかる。

    しかし、リリーフランキーに、
    本当に殺したいと思っているのは、
    山田孝之だろうと指をさして、言う。
    その時に、凶悪さが 逆転した感じがある。
    うまい、編集力 となる。

  • この映画に救いがないのは、裏テーマとしての高齢化社会の問題が重いからなのかも。もちろん殺人は重たいんだけど、事件とそれを追う記者の双方に老人が絡んでいて、特に殺人依頼する電気屋一家の存在が普通に生きる人と異常な事件とが地続きである事を暗示している。

  • 「先生」は確かに壊れているのだけれども、
    その他の人間が正しく、
    正義であるわけでもない。

    誰が裁き、裁かれるべきなのか。

  • いつも「たまむすび」で軽快な喋りを愉しませてもらっているピエール瀧が……。大変恐ろしかった。
    たとえば「ノーカントリー」のハビエル・バルデムのような強烈キャラクターでも、「羊たちの沈黙」のレクター博士のような天才でもない。
    彼らはごく普通に家庭を愛し仲間を重んじる一般人の中に潜んでいる。
    いわば「平凡な事例」。
    いつのまにか「どうかしている」のはむしろ山田孝之のほうだ。
    この顛倒が恐い。
    「おまえだよ、おまえ」と指さされているのは観客。

    場面転換が大変素敵だった。
    まるで山田孝之の想像力が勝手に物語始めるかのような。

    池脇千鶴がぐいぐい引っ張ってくれる私生活パートも、胸糞悪く、いやな気分にさせてくれた。

  • 実話に近い内容だけに、心底怖い。

    この事件をアンビリーバボーで見た時も衝撃だったけど
    映画はそれを再現して余りある内容でした。

    リリーさんとピエール瀧さんが演じる2人の悪人が
    時には淡々と、時には愉快に人を殺す姿に
    どこにも形としてはないはずの心がえぐられるような気持ちになります。

    ただそんな悪人たちも、少し善人だったり、人の親だったり、そして優しい部分を
    この映画は同時に描いている。
    それがまた人間の両面を見せていてすごい。
    日常の中にも狂気が潜んでいることを暗示しています。


    普段生活している中で、ふと思い出して嫌な気持ちにさせる映画であり、事件。
    それだけのインパクトがあります。

  • 最初から最後まで、イヤな気分で観ました。実話を下敷きに作られたものだと考えると背筋が凍ります。ピエール瀧さん、リリーフランキーさんの冷血ぶり凶悪ぶりにはゾッとします。二人とも元々は役者ではないことを考えると、凄いです。池脇千鶴さんの思いつめた演技も出色です。

  • ピエールさんの暴力性、リリーさんの残虐性は凄まじく、非常に好演している。
    それ以上に恐ろしかったのは、周りの人間が持つ狂気(借金苦から家族を見捨てる一家、金欲にくらんで犯罪に加担するもの、正義感から狂信的に調査する主人公、、)が恐ろしいと感じた。
    介護疲れの妻を演じる池脇千鶴が、本作をただのグロ画像集ではなく映画とさせている、いいスパイスになっていると思った。

  • 須藤も木村も、そして藤井も救いようがない。
    狂っている。

    法廷での、須藤を睨み返す木村の表情が最も印象的。
    リリーさんの緩急が凄い。

全172件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

凶悪 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

凶悪 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

凶悪 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする