オン・ザ・ロード [DVD]

  • 148人登録
  • 3.04評価
    • (7)
    • (14)
    • (27)
    • (17)
    • (4)
  • 23レビュー
監督 : ウォルター・サレス 
出演 : サム・ライリー  ギャレット・ヘドランド  クリステン・スチュワート  エイミー・アダムス  トム・スターリッジ 
  • 東宝 (2014年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104083265

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

オン・ザ・ロード [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 予告編がすばらしく印象的で期待してたんですが、やっぱりあの原作を料理するのは難しいのかなあ、というのが感想。ピュアさと狡さ、狂気をあわせもつディーンというキャラクターが、やはり最大のポイントかと思うのだけど、この役者さんではちょっとむずかしかったかも。サル役も違和感大きくて、これじゃただの作家になりたいお坊ちゃん大学生にしか見えない。
    まあ、この主役2人に感じる違和感はキャスティングのせいだけでなく、脚本のせいも大きいと思う。独自の解釈もくわえて、かなり大胆に脚本化したといえるのではないだろうか。たとえば2人がレストランではじめて仲違いする場面、映画でははっきりと、男相手に売春して金を稼いだディーンに対するサルの蔑視を指摘しているし、ラストシーンも、まるでメキシコで見捨てられたことの報復のように、サルが自分に会いにはるばるやってきたディーンを見捨てるシーンの直後にタイプに向かう姿を描くことで、ナイーブさに別れをつげて作家になっていく姿がひどく残酷なものに見えていく。
    たしかに原作ではサルの傲慢さや冷酷さがはっきりと描かれていないので、これはこれで興味深い解釈なのかもしれないけど・・・でも、ディーンに惹かれながら冷やかに眺め、離れられず突き放すという2人の微妙な関係性は、もうちょっと繊細に描かれていいんじゃないかと思うんだけどね。
    原作の即興音楽みたいな文章のビート感はあまり感じられず、登場人物もほんとにヤバそうと思わせる役者はオールド・ブル・リー役のヴィゴ・モーテンセンくらい。そのぶん旅の時間の魅力に焦点をあてた映画だ。そんななかで原作よりもぐっと印象的になったキャラクターが、クリステン・スチュワート演じるメリールウ。ヒッチハイクで拾った歌手が歌う""Hard to Love What You Kill""に聞き入るシーンが、すごくよかった。

  • やはりこの類の作品は原作と比較しないと判らんかも…

  • 長くてだるくて退廃的で、いかにも、という感じだけれど、映像と演技がよかった。
    説明はすごく少なくて、目線で表すのが好きだった。

    最後は切ない。
    でも、そういうものかと思う。

    こういう文化は全然理解できないけれど、憧れる部分もある。

  • いわゆるビートニク作家の自伝的な小説を元にしたロードムービー。

    ロードムービーにも馴染みがないし、ビートニク文学はわかりづらい。余り楽しめるとは思わずに見たので良い意味で裏切られた。

    破天荒なモラトリアムの時代から大人になっていくまでの変わらない、変われないもの変わっていくものが普遍的に描かれていると思う。

    1940~50年代の享楽的で自由な雰囲気も楽しめてとても良かった。所々のショット、音楽背景がとても良い。

    でもこういう自由さって今に比べたらもっとインテリ層のものだったんだろうなぁ。

    後半、段々とサルの感じていたディーンの聖性が薄れ始め、男に体を売る所で決定的に。そしてディーンは病気のサルを捨て元の生活に戻る。
    ラストその対比のように変われないディーンを見捨て今の仲間達のところへ行くサルは確かに自分達の中で一つの時代が終わったと感じたのだろう。だからこそ、サルもこの話を書こうと思ったのだろうな。

  • 映画館まで行かなくて良かった。昔からこの原作を読んでみたいと思っていてもずっと読まずにいた。
    それがいつの間にか映画化していた。

    もっと旅の話かと思っていたら、まわりにいた友達の破天荒なこと続き、感情移入もできずに、なかなか苦痛な時間でした。

  • [鑑賞方法:WOWOWシネマ録画にて]

    ■感想
    ビートニクは苦手……。

    『裸のランチ』を初め、『チャパクア』、『バロウズの妻』など観たけど、やっぱりビートニクはわからない。『チャパクア』なんて完全に???だった。

    ビートニク映画は、主人公(書き手)の目線、内側から見ないと難しいのだと思う。『裸のランチ』にいたっては原作も読んだが、文章を完全に映像化したとはとても言い難い。と、言うよりあの文章がどうしてあの映像(肛門持ったゴキブリやらジュリアン・サンズが妖怪変化したやつとか)になるのか全然理解出来なかった(そもそも原作を忠実にした作品ではないが)。まあ、クローネンバーグだからね……って自分なりに納得するしかなかったが……。

    要するに客観的が無理。葉っぱ(マリファナ)を吸った経験やヤク中の経験でもなけりゃ、その世界観はわからないし見えないと思う。そうでなくても中には理解出来ると言う人や面白いと思える人がいるなら、それはそれで羨ましい……。

    今回観た内容はビート文学全開ではなく『バロウズの妻』のようにロードムービー+ヒューマンドラマ(?)だったから、頭の中に???を浮かべずに見ていることが出来たが、ただし、東へ西へ行ったり来たり……で、少々飽きた。自分の年齢になると、興味もなくファンでもない他人の青春なんて興味ないし。

    そんな中で、実話で青春ものでロードムービーで良いと思ったのは『モーターサイクル・ダイアリーズ』ぐらいだ。

  • ケルアックの原作は読んでない。ロードムービーものは刹那さがいいんだ。

  • たのしそーだなー。
    明るく(ハッピーエンドではなくてもいいから)終了したらよかったな。

  • たぶん映画じゃなくて原作を読む方がいいんでしょうね〜
    正直、ハチャメチャな旅の中でダメな子はダメなままオトナになりきれず、羽目を外しながらも「小説を書く」と明確な目的のあった主人公はちゃんとオトナになっていった…って話なんですかね。
    クリスティンはああいった退廃的な役どころにはハマリますね。主人公の二人もそれぞれの持ち味が出ていて良かったかな…
    印象的だったのは40年代の車がスッ飛ばしててやたら速かったって事ですかね〜〜

  • 原作の感想は以下に書きましたが↓
    http://booklog.jp/users/nyanpichi/archives/1/4309463347

    映画版は、もう少し遠距離を旅している感触があっても良かったんぢゃないかな、と思います。米国人なら地名が出てくれば、地図で調べなくても距離感がわかるのかもしれませんが。

    ディーンは、トロン・レガシーの主役だったギャレット・ヘドランドでしたけど、思っていたよりも体格が良く上品な感じでした。もうちょっとやせていて、髪もボサボサで目がギラギラしていて、歯並びがちょっと悪そうで、異様なハイテンション感があって、外見がもっと病的な人を想像していました。

    ジャズクラブのシーンはホームシアターで爆音で聞くと最高です。

    風景の描写も良かったです。ただ、(DVDで観ましたが)これはデジタルビデオ撮影されたもののように感じました。(実際のところは知りませんけど)映像が鮮明かつコントラストがはっきり過ぎて、ちょっと落ち着かない感じがしました。フィルム撮影する予算がなかったのでしょうか?
    もうすこしフィルムっぽい画質にするエフェクトをかけるとか、どうにかならなかったか、と思うのは贅沢かな?

  • 2014/8/15 オン.ザ.ロードか まさに そのまま若者だから…突っ走して旅してるんだね。でも、どんなにハチャメチャやっても やはり老いには勝てないけど…青春の証は残っていくんだね。もう少し ホント 旅する映画だと思ってた。ロードムービーに違いないけど…モーテンセンが意外な感じで出演してた エイミー.アダムスも…。

  •  狂ったような青春の輝きを描いたオンザロードの旅。ジャック・ケルアックの1957年の小説を原作とした映画。フランシスコッポラ監督。
     旅の途中で様々な人に出会い、刹那的な喜びと寂しさを味わっていく。年をとる毎に背負う責任と奔放な人生。これぞ人生というように続く旅だ。ヒッピーやビート世代というまさに1950年代に影響のあった小説。この映画を見るまで知らなかったけど、きっと、我々の大学生時代の「深夜特急」みたいなものだ。ドラッグ、セックス、ジャズ、そして出会いと別れ。燃えるような人生を送れというメッセージに、多くの若者が旅に出たことだろう。
     旅の途中のおじさんをスティーブブシェミが演じているのにもびっくり。

  • まさに、自由の国アメリカ、という代名詞を裏付ける作品。

  • 一言でいうと、サイコロの旅。
    こっちのほうが古いですけども、ええ。

    アメリカ行った事がないので、スケール感というか実感できなくてわからない。

    キルスティン・ダンストとエイミー・アダムスが垢抜けない端役ででてていい感じ。

  • 原作でも魅力的に描かれていたジャズのコンサートのシーン。ディーンもサルも興奮していたのが伝わる描写だった。このシーンが映像で観れただけでも良かった。ロードムービーだが最後まで面白く観ることができた。私は『路上』の訳で読んだが、『オン・ザ・ロード』の訳でも読もうと思っている。

  • アメリカ文学を牽引したビート・ジェネレーションの作家の作品を映画化したもの。セックスとドラッグにまみれた若者達のロード・ムービー的な感じ。ラストはちょっと寂しいけど、なかなか楽しめました。

  • 父の喪失。西へ。まさに歴史のないアメリカそのものが主人公のような内容。サルとディーンは、アメリカの二つの顔。ディーンがアメリカの本質だとすれば、サルはそれを物語化(歴史化)し、「それでも」生きようとする。
    とはいえ、映画作品としてはそこに+アルファ必要なわけで・・・。強いて言うなら、ある連続するショットとショットとの間のわずかなコマがカットされているところがいいと思った。たとえば、酒を飲んでいるショットが突然中断されて、煙草を吸っているショットに飛んだりする。

  • 2014/05/28

    原作を読んでから感想を書きたいのだけど、この映画の評価はあまり高くないのは気になっていた。ディーンの純粋さと身勝手さは見ていて苛立たせられるのと可愛く思えるのとで困惑させられる。このままでは終われないだろうなと思って見ていると、やっぱり最期にディーンは捨てられてしまう。長い映画だったけど、見ていて飽きが来ないのは情緒を感じさせる風景や様々な場所で描かれる生活からだろうか。クリステン・スチュワートはいい演技だったし魅力的だった。途中行間の読めないシーンもちらほらあったから、やはり原作を読まないとと思った。

  • 途中で飽きちゃった。
    モーターサイクルダイアリーみたいな感じ?
    有名な映画っぽいので時が来たらもう一度見たい。

    ストーリー
    ジャック・ケルアックの伝説的小説「路上/オン・ザ・ロード」完全映画化!

    ■ウォルター・サレス監督との運命の出会い―巨匠コッポラ約30年の悲願が実現! !
    多くの映画人にも影響を与えた不滅の名作がついに映画化!
    『ゴッドファーザー』『地獄の黙示録』ほか映画史に残る数々の傑作を生み出したフランシス・F・コッポラ。彼が1979年に映画権を取得したのは、ジャック・ケルアックが1957年に発表した「路上/オン・ザ・ロード」だ。ケルアックが全米各地とメキシコを放浪した実体験をベースに書き上げた青春小説は、ジョニー・デップらの映画人やミュージシャンに影響を与え、ボブ・ディランに「僕の人生を変えた本」と言わしめた傑作だ。コッポラは権利取得後、ジャン=リュック・ゴダール、ガス・ヴァン・サントを監督候補に推して映画化を進めるが、完成には至らなかった。その後、サンダンス映画祭で上映された『モーターサイクル・ダイアリーズ』(ウォルター・サレス監督)に感銘を受け、彼こそが監督にふさわしいと確信。コッポラの情熱とサレスの熱意が実を結び、権利取得から約30年、コッポラが夢にまで見た“幻の企画"がついに完成した。

    ■自由を渇望する“終わらない旅"を若手注目株、実力派俳優が熱演!!
    サム・ライリー、ギャレット・ヘドランド、クリステン・スチュワートら勢いのある若手が自由を夢見る青春群像劇を繰り広げる。その一方、エイミー・アダムス、キルスティン・ダンスト、ヴィゴ・モーテンセンら賞レースを盛り上げる俳優陣が若者たちを温かく見守る。原作の情熱を体現するのに最適で最高の顔ぶれが集結した。

  • ロードムービーと
    青春モノのド定番を
    美しく作ってる。
    アメリカ人は、こういうの巧い。
    出ている役者が後でビッグになりそうな気配。。。

  • スティーヴ・ブシェミが出演していたことと、ヒッチハイカーがひとり歌っていた、静かな場面が印象にのこった。映画の世界に入り込めなかった。

  • 自分の青春に大きな影響を与えたビートニク。
    こんな時代だからこそ、あのクソみたいに混沌と輝いていた青春が種火のように必要なんだと実感している。
    使われてる音楽も最高だった。
    ディーンとメリールーのダンスシーンは、ヘタなセックス場面よりも濃厚にエロティックだった。

    もう一回DVD観てからレビュー書く。

全23件中 1 - 23件を表示

オン・ザ・ロード [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

オン・ザ・ロード [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

オン・ザ・ロード [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

オン・ザ・ロード [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする