オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 [DVD]

  • 190人登録
  • 3.43評価
    • (18)
    • (30)
    • (46)
    • (13)
    • (3)
  • 37レビュー
監督 : スティーヴン・ソマーズ 
出演 : アントン・イェルチン、アディソン・ティムリン、ウィレム・デフォー、ググ・バサ=ロー 
  • 東宝 (2014年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104083487

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • B級映画かと思いきや、わりかし良かった。

    ホラー映画?
    コメディ映画?
    恋愛映画?
    全体的に織り混ざってて、意外に面白かった。
    どんでん返しあり。

    理解ある人がそばにいる、
    その喜びが何より幸せだということ。

  • ティーン向け。小説は現在4作品まで出てるらしい。話はふーんという感じで特に驚きもなく進む。主人公は冴えない感じがよかったし、ヒロインはすごく可愛かった!最後、彼女を死なす設定は無理があった。

  • 半分過ぎまで観て、B級テイスト
    失敗したなぁと思ってたら
    後半、ちょっと面白くなってきたような?
    ラストはホロッときました。
    怖くないホラーに軽いサスペンスと
    少しアクション

    原作はディーン・R・クーンツ
    スティーブン・キングと比較されるベストセラー作家さんだそうでオッド・トーマスシリーズ化されてる500ページ超長編1作目で、評価高いが
    映画はいまいちの評価。

    中途半端に、少し面白い不思議映画だったなぁ
    なぜか観てよかった感ある。

  • ストーミーちゃんが、われらが愛しのストーミーちゃんがああああああ。

  • 主人公の心の声が多すぎて、英語の教材のよう。
    ラストは泣いたが、面白かったわけではない…。

  • 予告を見て気になった映画

  • 予告編を観て結構、コミカルな作品なのかと思ってたけど主人公オッドトーマスがアクション、推理となかなか有能!
    オッドの軽口やオッドの能力への理解者なんかも居て面白かった!
    ラストがすこししんみり

  • 死神が見えることを刑事や彼女がどうやって理解したのか、わかってくれてることが斬新。
    軽くて、どうだすごいだろって映像があわず、ながら鑑賞。

    重い事件おころうとしてるのに、無理やり軽さをいれようとするためか、何も入り込めず。主人公含めどんな正確なのかもぴんとこない。
    犯人もそのまま警官だったことに退屈。。

    突然死体隠したりすることに躊躇無くなるのも違和感。
    1
    かと思ったが、ラスト彼女は死んでたという突然の重さにプラス1。

  • 恋人のストーミーがめっちゃ可愛い!!
    重要な役の女の子も可愛い!
    最後の終わり方が衝撃的だったけど、
    それを予想させる主人公やストーミーの動きがあって、納得できた。
    本も読んでみたい!

  • 思ってより悪くなかった。
    ボダッハも良くできてる。

    ストーリーぼんやりしか覚えてなかったからかなぁ。
    原作は三作目まで読んでる。
    二作目までが好きかなぁ。

    ストーミィ可愛かった。
    てゆか、キャストみんないいよね!
    もういっかいみてもいいくらい。
    ラスト、ぼろ泣きした////
    照れた。

  • とぼけた主人公とヒロインがすごくかわいい。
    B級感満載だけど、脚本がいいのかシンプルで分かりやすく無駄がない。
    海ドラにありがちな設定でも最後まで楽しめて、分かってても泣かされた。

  • アントンくんが好きだ

    とぼけた表情、軽い口調。
    飄々と解決してくんだろうと思ってましたが、
    いい意味で裏切られました。
    まさか泣かされるとは思わなかったもんなあ。

    つっこみどころ満載でしたが、
    面白かったです。

  • ディーン・クーンツ作品と知らずに映像を見る。
    なかなかの虐殺傾向あるホラー作品だが、映像がよくできている。そして、クーンツ作品独特の泥臭い感じがちょっと古きよきアメリカを残していて、硬く冷たい感じがなくていい。
    ストーリーは新奇なものではないが、見ていて楽しめる作品。
    下手なホラー作品を見て時間を浪費するよりは、いい時間つぶし作品。

  • ひさびさに頭を使わずにさらりと見れた作品。サブタイトルが「死神と奇妙な救世主」なのでスリラーものかなと思いきやアクションだったりコメディーだったり最後はラブストーリーだったり。結局何が言いたいかっていうとウィレム・デフォーは相変わらず格好良かったっていうこと。

  • 彼女との仲良し振りが良い。

  • ネタバレ!

    ご注意
    .
    どう書いてもネタバレになっちゃいますので未見の人は見ないでくださいね。
    .
    .
    .
    主役の二人はほとんど有名な作品に出ていないんですが、この作品ではめちゃくちゃはまり役。
    .
    .
    普通ならばコミカルすぎて見るに堪えなくなるような演出なんですが、この2人(そしてウィレム・デフォー)がいればこそ、このコミカルな演出もすんなり受け入れられます。
    .
    .
    .

    さて、ここからがいよいよネタバレなんですが、クーンツの原作を知っている私からすると「あれ、原作だとハッピーエンディングにならないんだけど、どうも雰囲気違うよ」という感じがずっとするんですよ。
    なんといっても主役の二人がキュートですからね。

    でも、やっぱり最後は泣かされました。ホラー映画で泣くなんてめったにあることじゃないけれどもね。続編に期待したいです。

  • B級狙いならもっとハデにやったらいいのに。
    中途半端なんだよな。

  • この手の映画を見るのは久々だった。真犯人は誰なのか、もう少しバラさないようにすれば面白かった。。。ってことはないか。ホラーとアクションと少々SF?が混ざったような感じだった、運命と戦うって感じがメッチャ伝わってきたし頑張ってる主人公がカッコよかった。

  • これ、話数をはじめからちゃんと決めて、シーズン重ねていくごとに壮大に、親が敵になったり天使悪魔でてきたり死んだ後に生き返ったりせずに、このままの感じでドラマでやったらもっとおもしろかったんじゃないかな。
    もっと死者助けをしている場面を見たいと思った。
    ラストはこのラストで。
    でもゴーストとかぶっちゃうね。

    グロテスクな中にコミカルなシーンもあって面白かった。

  • クレイアニメの『パラノーマン』同様に、死者が見える少年が主人公のダークヒーローもの。『ダレン・シャン』ぽい雰囲気もあって、こーゆーのが今ウケているんだろーなー、と実感した。その分どうしてもお子ちゃま向けっぽくなっちゃうのは、しょうがないんだろうけど、ストーリーもオチまでよく練られていたし、死神のようなボダッハというクリチャーのアイディアも良かった。でもせっかく「ボタッハの存在に気付いたことが察知されたら消される」っていう設定が面白いんだから、それを生かすためにも、察知されなきゃね。そこもちと不満。☆3

  • 死者や悪霊のたぐいが見えちゃう青年のお話。死者に代わってその恨みを晴らしたり、大量殺害を期待して集まってくる悪霊の動きから大事件を事前に防ごうとしたり、それにしてもどうしてこんなふうな映画ばかり増えてるんだろうね。

  • 今までにない新しい設定は良かった。

    少し涙を誘うクライマックスは予想外だったが、有り得なくはないかな…というレベル。しかし作品としては惹き付ける面白さがあるので、最後まで楽しめると思う。

  • すっごく良かった!!!
    最後は号泣間違いなしです。こんなに二転三転するとは!
    カミサマは、オッドに冷たすぎる!!
    ストーミーがかわいくて、二人が幸せそうで、たまらないです。
    すっごいオススメ!でも、かなーり気持ち悪いシーンも多いので、気をつけて…。
    調べたところ、本国アメリカでは、作品が完成した後にスポンサーが出資を惜しんで、訴訟になったそうで、公開未定なのだそうです!!
    日本でも、たった2館の単館上映で、しかも1週間限定だったそうで、ツタヤに置かれてなかったら、絶対観なかったことを思うと、ツタヤ様様って感じです。
    ストーミー役のアディソン・ティムリンの演技がすごーく良かったなぁと思います。これから注目しよう。

  • 死亡フラグのオンパレードだった。

全37件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする