「意識高い系」という病 ~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー~ (ベスト新書) [Kindle]

  • 16人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 常見陽平
  • ベストセラーズ (2012年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (104ページ)

「意識高い系」という病 ~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー~ (ベスト新書)の感想・レビュー・書評

  • 基本は筆者の考え方に共感するのだけど、タイトルがやや釣り気味。過去のビジネス雑誌の特集をベースに時代の変遷を追っているのだが、読む前に思っていたより深い内容は書かれていないような印象だった。

  •  近年よく耳にする「意識高い系」の人達について紹介した本。
     個人的には、「意識高い系」でも周りを無理やり巻き込んでこなければ別に良いかなと思っていますが。
     内容としては、今の若い世代の行動パターンを色々紹介した感じ。
     

  • ううむ、「意識高い系」の若者にありがちな言動を分析するのはいいが、著者がその分析の結果何を言いたいのかがよく分からなかった。彼らに意識高い(系の)言動を辞めさせたいのか、「系」ではない本当の意識高い言動を目指して欲しいのか、はたまたネタとして笑いたいだけなのか。著者の常見陽平氏には流行りの若手論客とは一線を引く立場でのオピニオンリーダーとして期待しているので、今後の活躍を見守りたい。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

「意識高い系」という病 ~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー~ (ベスト新書)を本棚に登録しているひと

「意識高い系」という病 ~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー~ (ベスト新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「意識高い系」という病 ~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー~ (ベスト新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

「意識高い系」という病 ~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー~ (ベスト新書)はこんな電子書籍です

「意識高い系」という病 ~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー~ (ベスト新書)の新書

ツイートする