ルームメイト [DVD]

  • 258人登録
  • 2.89評価
    • (7)
    • (18)
    • (75)
    • (33)
    • (7)
  • 62レビュー
監督 : 古澤健 
出演 : 北川景子  深田恭子  高良健吾  尾上寛之  大塚千弘 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2014年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101177110

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ルームメイト [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 原作は未読。
    まぁ、普通に観れました。が、途中で展開が読める為退屈で寝落ちしましたw
    また「危険な情事」かよ!というシーンもあり、そんなグロはいらん(怒)
    個人的に気になったのが病室。
    仕切りも何もなくまるで野戦病院のようで、今どきこんな病院ある??と映るたびひきました。
    深田恭子さんの演技は良かったと思います。

  • ハサミ男だったかと似ていなくはないなぁ。他にもあったっけ。解離性同一性障害ってなるのも原因は様々なんやろうけど、そら、なるわなって思う。過酷過ぎ!両美人女優も良い感じ。

  • 実は多重人格でした。っていうのは観ていてすぐに気が付いたのですが、さらにそこから4人目のエリが実在しているとは気が付かなかった。家にも遊びに来ていたのね。そのアイディアはなかなか良かった。

    ただ事故の運転手謙介が下心ありとはいえ、親切すぎるのが不思議。その友達が終始イライラしてるのも謎。その前に病院で知り合った看護婦マリと突然ルームシェアし始めるのも唐突。話の流れがもうちょっと自然だったら世界に入り込めたのにな。

  • ---

    30/Mar/2016 @Netflix

    ---

    なるほど!!!!と本当に思わせてくれる最後のどんでん返し。
    観てる自分も本当に翻弄され続けたし、
    最後に本当に驚かされた。
    ホラー映画と知らずに観ていたんだけれど、
    新手のホラーすぎるよ!!!!
    お化け怖いとかじゃなくて、精神あぶられるけいの怖い…

    でも、この手の映画は嫌いじゃないです…

    End.
    ---

  •  交通事故にあって入院した女性はそこで知り合った看護婦とルームシェアをすることに。しかし、看護婦の様子がおかしく。。。

     当たり前のオチかぁと思わせてそこから数回どんでん返しがある映画。ただ、そこに驚きはあっても面白さを感じないんだよなぁ。。。
     深田恭子と北川景子はよかったんだけど。。。
     

  • 派遣社員として勤務する春海(北川景子)は、ある日交通事故に遭い、しばらくの間入院生活を送ることになる。そんな彼女をいたわり、親切に接してくれた看護師の麗子(深田恭子)と春海はすっかり仲良くなり、二人は退院後にルームシェアを開始する。彼女たちの共同生活はスムーズに見えたが、春海が偶然、麗子の不可解な行動を目にする…。

    原作の設定を変えて二人の女優が活躍する作りになっている点は良かったです。北川景子の美しさ、深田恭子のナース服姿、二人のキスシーンなどWヒロインの魅力は遺憾無く発揮されていると思いました。
    ただ、ストーリーは在り来たりですし、終盤の畳み掛けはバタバタした感じで一つ一つの衝撃度が薄れてしまった印象。最後の展開も蛇足でした。

  • スカパーの放送を録画してました。

    北川景子さんの結婚報道があったので思い出して鑑賞。

    なぜ私は家に一人しかいない日に見てしまったのか…

    とりあえずむちゃくちゃ怖かったです。前情報なにもなく見たんですが、ホラーとかスリラーとかサイコの作品だったとは。夜になって暗い廊下とかがふつうに怖いです。

    北川景子と深田恭子が美しくて見ごたえあり。演技は深田恭子に軍配があがるかな。

    久しぶりにこういう作品もありだなとは思いますが、途中グロいところが2回ほどあるのと、やっぱり見終わったあとの恐怖の余韻があるので見る人は心してみた方がいいです・・・


    ストーリーの始まりは事件現場から。パトカーや救急車が並ぶ現場から運ばれていく主人公・春海(北川景子)、現場には血のあとと無残な死体が・・

    場面は3カ月前にさかのぼり、交通事故にあった春海が入院先の病院で看護師の麗子(深田恭子)と出会う。

    二人はルームシェアすることになり楽しく暮らし始めるが、だんだんとおかしなことが起きるように・・・


    この話は見終わってから考えると、重箱の隅をつついたら意外と穴が多いんじゃないかなぁと思ったけれど、思い返せば思い出すほど、穴を見つけるどころか恐怖が増してきた。

    レストランに二人で食事に行って、なんかこのレストラン感じ悪いねって言ってることとか、終盤のバスの中で春海が「こっち見んな!!」って言わされるとことか……

  • 2013年

    映画の宣伝を見た時に面白そう!と思い、早く放送やらないかな〜と思ってたところ、やっと放送があったので楽しみに観た!
    すごい期待してたとは言え、内容が思ったのと全然違う。
    途中からまさか嫌いなオチじゃないだろうな、と思ったのが的中し…。
    ガッカリ感半端ない。
    深田さんも北川さんも喋り方とか似てるような〜と思い、二人とも大根のイメージだったけど、深田さんの別人格の演技は思いの外良かった。
    北川さんは…コメディにとどめておいたほうが良さそう。

    “派遣社員として働く萩尾春海(北川景子)は、ある日、交通事故で頭を打ち片足を骨折、しばらく入院することになる。そんな春海を気遣い支えてくれたのは、看護師の西村麗子(深田恭子)だった。病院で初めて会った2人だったが、お互いに親近感を覚え意気投合。春海の退院をきっかけに麗子はルームシェアを提案し、一緒に暮らしはじめる。「麗子みたいな人だったら、ずっと一緒にいたい」「私もだよ、春海」と、2人の共同生活は順調にみえた。麗子の奇妙な言動を目にするまでは――。やがて春海の周りで不可解な事件が起きはじめ、ついには殺人事件までもが起きてしまう。そして、春海の前に麗子と見た目がそっくりなマリが現れる。”

  • 最初の方はホラー映画チックで面白かった。
    途中でオチがわかってどんでんのどんでんでもオチが弱かった。
    それでももう一人絡めてくれてたから(伏線がちょっと大振りだったけど(笑))★3つでいいかなー。
    深キョンも北川さんも演技がなんか似てるよね。
    内容が内容だからって言うよりは、元々似てる感じがする。
    あと深キョンがアバズレ(←古)風メイクした時なんかヤヌスの鏡を思い出した。
    杉浦みゆきにも少し似てるのかな??

  • ひいいい怖かったー… サスペンスらしい怖さ。犬の場面が何気に一番トラウマかも……イケメンを拝めることが心の安らぎでした(笑)なんとなーく結末は勘付いたけどもそこまで複雑だとは思ってなくて感心。しっかりみてないと混乱しそう…

  • 2017.7.17(自宅)

    ホラーじゃん…
    深田恭子はいなかったというオチです

  • 深キョンと北川景子が美人で可愛いだけの映画

  • 犬のくだりでもうダメ・・・ってなってしまった

  • □ 1604.
    <観た日>
    2016/2/14

  • おもしろかった・・・好みだw

    深田恭子かわいいなぁ(๑´ㅂ`๑)

  • 思ってたよりも良かった。タイトルから、ルームメイトが自分のまねをし出すやつと思ってたんだけど、途中から、あれ?ちゃうな~と。深キョンが思った以上に良くて、驚き。それに対して、北川景子が今イチだったかなぁ。怖さとか混乱が伝わってこなかった。ラストに近づくにつれ、見えてきたけど、最後に何かどんでん返しがあるんじゃ?という期待は打ち砕かれました。なので、どうしてあそこまで高良君演じた青年が彼女を大事にするのかがよく分からず。無駄な感じだったかな?でも、個人的には好きでした。

  • 外傷理論に基づいた解離性障害の理解を、
    ある側面では丁寧に描き出していたことにより、
    さして期待していなかったからこそ、
    思っていた以上に面白く、
    切なく仕上がった作品である。

    しかし今時、
    有刺鉄線と鉄格子に囲まれた精神病院などあるだろうか。

  • 今邑彩の同名小説は「原作」ではなく「原案」となっているので、大分ストーリーは違う。これはこれで面白い。
    ふかきょん恐すぎ。高良健吾カッコイイ。

  • 前半はありきたりなストーリーかなと思ってたけど、後半で展開が変わる。深田恭子の二面性の演技がよかった。

  • 北川景子と深田恭子。
    くみあわせが、演出力なのかも。

    深田恭子の言動が 恐ろしい。
    ホラー映画 だったのだ。
    チワワをグツグツ煮る。
    ふーむ。中国では 犬を食べるのだが。
    麗子とマリ。
    マリが 悪意に満ちている。

    その原因が トラウマ?
    解離性同一性障害?
    そこに行くか。フィクションへと。
    入れ替わったりする人格。
    被害者的な意識が 自己防衛する。
    少しでも、悪口を言うと、憎悪する。

    高良健吾に すくなくとも 希望が存在する。

  • そんなに捻りのある話ではないけれど、最後まで飽きずに鑑賞。
    北川景子と深田恭子のダブル主演なのが良いところ。

  • 原作も読んでおらず、まったくの予備知識もないまま、ファンではないけれど二人の美貌にひかれて、手に取った。
    内容は解離性同一性障害をベースにしたサスペンスホラーか。
    この道に長けている人は多分冒頭のある時点で、その仕掛けを見抜いて、面白い面白くないと論評するのだろうが、愚鈍なファーマータナカは、何重ものどんでん返しが結構楽しめたし、鑑賞後、あれはこういうことだったんだといろいろ余韻も楽しめた。
    トラウマの根っこのところが、どうしても父権の性暴力というワンパターンな設定と、なくてもいいグロさが個人的には残念。

  • 2人共ゆったり話すし、変な間が多い演出で緊迫感が低い。

    ドラマ見てる気楽さながら飽きることはなかった。

    しかし実はひとりで多重人格ってオチは
    嫌いな夢オチと同じようなものかな。

  • オリジナルに勝つ要素は全くないが、これはこれでありかな。
    主演の二人が美しいから見ただけですが、予想通りのレベルでした。

  • ありがちな展開かと思いきや最後に少し捻ってあってまぁまぁ楽しめた

全62件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ルームメイト [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ルームメイト [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ルームメイト [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする