コールド・ウォー 香港警察 二つの正義 [DVD]

  • 23人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : リョン・ロクマン  サニー・ルク 
出演 : レオン・カーファイ  アーロン・クォック  チャーリー・ヤン  エディ・ポン  アーリフ・リー 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113829168

コールド・ウォー 香港警察 二つの正義 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あまり期待せずに見たんだがこれがおもしろかった。

    爆破テロと警察官5人の誘拐という2つの事件をきっかけとして、救出作戦「コールドウォー」が開始される。しかし、作戦は失敗。その後は「警察内部にいる裏切り者は誰か」という謎を軸に物語が進む。

    主人公は二人の香港警察副長官だが、登場人物が多く、警察署内の出世争いが物語に関係していたり部署間の対立があったりとけっこう物語は複雑。中盤になると香港警察に加えてそれを監視する「ICAC=廉政公署」という汚職捜査機関も登場して、物語はもっと複雑になる。救出作戦、組織の対立、裏切り者の捜査などを102分という短い尺にギュッと詰め込んでいるので、正直ストーリーの全て把握できたとはいえない。ただ、それはストレスにならなかったし、映画のおもしろさがプロットの複雑さを凌駕していたと思う。

    まずはアクションシーンのおもしろさ。とくにクライマックス近くの「花火」を武器に戦うシーンは、今まで見たことがないアクションシーンになっていたと思う。久しぶりにカッコイイ映像表現が見られた。

    次に二人の副長官の関係も良かった。一人は現場から叩き上げのタイプ、もう一人は事務職上がりで長官になれば最年少記録となる秀才タイプ。タイプの違う二人が最初は反発し、お互いに失敗しながらも、徐々に信頼関係を築いていく。そんな王道とも言えるストーリー展開だけど、この二人の関係を追えば映画の大筋は理解できるようになっているので、自分のように細部を追えなくても脱落せずに見ることができた。

    長々と書いてしまったけど、今年見た映画の中でもかなりおもしろかったと思います。あんまり日本では話題にならなかったようだけど、興味が湧いたらぜひ見てみてください。

  • 2012年の香港映画界No.1の大ヒット作にして、第32回香港電影金像奨最優秀作品賞、監督賞ほか主要9部門受賞。

    誘拐や汚職事件に揺れる香港警察の内部事情をリアルに描くサスペンスアクション。

  • でたでたとんでもないキャッチフレーズ!「インファナル・アフェア」以来の傑作誕生って……推理系というか考える系の作品の難しいにはネタバレした状態で奥の深さを楽しめるか、謎のまま物語がつながっていくのですが、その見せ方次第で名作になるか駄作になるかが変わってしまう。

    キャストを観ていると物語が警察内部の犯行のの意志か感じられなくなる。そして犯行に及んでいる人物も特定しやすい。それでいて隠そうとしているのもどうかとww

    「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」
    https://www.youtube.com/watch?v=_CtCk5HFLDU&spfreload=10

    見れる作品ですが、細かすぎる。インファナルアフェアを意識してる部分も多いし、新鮮味に欠ける感もある。派手な銃撃戦で間を持たせようとするのもいいがやはり韓国映画はやりすぎでしょ~それに内部の犯行だというのに次から次へと出てくる泥仕合の連続は警察とはこんなものかと思わせてくれる。

    友情出演で出ていたアンディ・ラウを見ると少ない出番の中でやはり一流のオーラを感じさせる演技でしたね~

  • 続きないの?? めちゃくちゃ観たいです~~

  • 誰が黒幕なのか?最後までなかなかわからないし、思わせぶりなのがいいね。リー副長官がただの叩き上げではない描き方であったのもよかった。思わせぶりにアンディラウが出てくるので、それにも勝手にだまされました。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

コールド・ウォー 香港警察 二つの正義 [DVD]はこんな映画です

ツイートする