ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 40人登録
  • 3.00評価
    • (2)
    • (6)
    • (7)
    • (8)
    • (1)
  • 15レビュー
監督 : マイケル・ベイ 
出演 : マーク・ウォールバーグ  ドウェイン・ジョンソン  エド・ハリス  トニー・シャルーブ  アンソニー・マッキー 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113748650

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  •  筋トレマニアのジムトレーナーが仲間と共に犯罪に手を染めた実話を映画化。
     
     これは何という脳筋映画だ!
     行き当たりばったりといえるくらい穴だらけの計画で犯行に及ぶのはまだ理解できる。理解できないのはこいつら要所要所で筋トレしだすんだよ。その気がなく人を殺してしまったらとりあえずその場で筋トレだ! 
     あまりに突拍子のない犯行ゆえにそんなことないだろうと最初は事件にならなかったり、大金を得ても結局うまくいかず次の犯行をせざるをえなかったりするのは考えさせられる。これ実話なんだよなぁ。

     これは最高の脳筋映画だ。
     確かに筋トレはいい。でも人は筋トレだけではダメなのである。。。

  • 実話らしいけど、ハードな展開が面白かった。でもブラックコメディとして作品を作ったマイケル・ベイのセンスは少ししつこいような気がしたのと、前半はバカバカしくて面白かったけど、後半は軽さと重さのバランスが悪くなっていくのが残念だった。

  • 筋トレバカがアメリカンドリームを達成させようと金持ちの誘拐をする話。嘘のような実話で驚きました。
    救いようのないバカだということが最大の犯罪になるような気がする作品でした。
    B級作品としては意外と秀作。
    おすすめはしませんが、興味のある方は... 。
    ただ女性うけは絶対にしないでしょう。
    トランスフォーマーやアルマゲドンの監督とは思えない作風。

  • 実話って所が最大の強み。笑えるけど笑えない、笑えないけど笑える、が両立してる。というのも単純化象徴化されすぎてて脚色部分がどこなのかが肌でわかってしまうから、適切な所で笑える。本当の所はわからんけれど。特典映像見たら意図せずマイケルベイの凄さに触れてしまってなんか悔しい…。

  • 「破壊王」マイケル・ベイの、真骨頂と言われる(?)映画だったので、観てみました。

    日本では、劇場公開されませんでしたが、内容的には、(日本にもバカ映画はありますが)バカすぎて、女性ウケはしないのではないかと、、、

  • この作品を見て、「ああ、マイケル・ベイって人はこういうバカ映画を撮りたい人なんだな」っていうのがよく分かりました。マイケル・ベイは「大げさだ」「やりすぎ」「むやみにカメラを動かしすぎ」とかいろんな批判をされていますが、でも、バカ映画好きだと思えば、そういう批判は何の意味もないわけですね。ただ、彼の場合、コーエン兄弟とかタランティーノみたいな作家性があんまりない。そこで損をしているんでしょうなぁ。

  • 「トランスフォーマーばかり撮ってないで、いい加減アルマゲドンとかザ・ロックみたいな映画を撮って欲しいなぁ」と思っている私のようなマイケル・ベイ・フリークにとって、本作は久々の「非トランスフォーマー作品」として期待が高かったのです。

    それなのに、評判はぱっとせず、日本公開も見送られ、いやーな予感が…。

    まぁところどころにお得意のスパイラル・ショットが見れますが、別にマイケル・ベイが撮んなくてもよかったんじゃないの?と。クライム・コメディとしては凡庸。犯罪計画がはちゃめちゃにエスカレートしていくというプロットにも目新しさがありません。

  • アルマゲドンの監督とは思えないブラックコメディ。コメディと言いつつもその内容は『凶悪』波の実話で結構笑えないけど笑えるという意外と面白い秀作でした。

  • 筋肉バカによるバカ犯罪話。
    これが実話ベースってんだから恐ろしい。

    主役の筋肉バカはマーク・ウォールバーグ。自称「やり手」。
    フィットネス・トレーナーをやりながらも、もっと成功者になりたいと日々悶々。
    今回の事件の発端かつ中心人物。
    成功者になるためのセミナーとか通っちゃうんだけど、この講師ってのが
    「ハング・オーバー」シリーズのキチガイアジア人、ケン・チョンなんだからたぶん無理。

    続く筋肉バカがマークの友人。演じるはアンソニー・マッキー。
    こいつも同じジムの黒人トレーナーなんだが、ちょっと薬やサプリに頼りがち。
    恐らくステロイドやりすぎのせいでインポになっちゃった。
    この治療に金がかかる、ってんで悪事に参加。
    こいつが次の「キャプテンアメリカ」でファルコン役をやる、ってんだから不安満載。

    最後の筋肉バカは2人じゃぁ計画が遂行できないってんで
    マークに見込まれたドウェイン“ロック様”・ジョンソン。
    敬虔なクリスチャンだが薬中の気があり、刑務所に入っていた。
    中では弱き物を助けるとか言って他の囚人(カート・アングル)をボコったりしていたが
    出所後は仕事もなく、頼ってみを寄せていた教会の神父に胸を嬲られたため、
    とっさにボコボコにしてしまい、行く場所も失って参加。

    そんな3人のバカがアホで杜撰な計画を立てては失敗し、逃げ帰ったりするも
    ついにマークのクライアントの金持ちコロンビア人の誘拐に成功。
    無理やり強請ってお金持ちになろうとする。

    そんな話なので、真面目なクライム物が好きな方にはおすすめできない。
    筋肉バカ達が繰り広げるアホコントと思ってみる分にはめちゃめちゃで面白いよ。
    「全く頼りにならない」ロック様を見るのも珍しい気がするしね。

    品川庄司の庄司の方のギャグが許せる人ならOKかな。

  • 2014/4/12 マーク.ウォールバーグ 最近 色々な映画で観る テッドではない コメディっぽく 犯罪映画にしてるけど…実話と知り 怖くなる

  • 想像を絶するおバカぶりにぐったりした。
    病めるアメリカのリアリティが垣間見える傑作。

  • 筋肉バカの無謀すぎる犯罪。あまりにも馬鹿すぎて最後の最後まで実話だと思えないんだけど、エンディングロールで震えた。こわー。冷たい熱帯魚を能天気にした感じ。

全15件中 1 - 15件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする