そして父になる DVDスタンダード・エディション

  • 1398人登録
  • 3.71評価
    • (131)
    • (305)
    • (237)
    • (37)
    • (10)
  • 249レビュー
監督 : 是枝裕和 
出演 : 福山雅治  尾野真千子  真木よう子  リリー・フランキー 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2014年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427657267

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

そして父になる DVDスタンダード・エディションの感想・レビュー・書評

  • それぞれの親の気持ちが痛いほど。
    福山&尾野真千子夫婦の心情はなかなかリアルに想像できてしまいとても苦しい。

    こないだ辻村深月の「朝が来る」を読んだこともあり、血のつながりより大切なものはいくらでもあると思うけど、足元から根こそぎ覆される感じ、恐ろしい。
    小学1年生といえど子どもの意思を入れずに話を進めていくので、そういうものなのかなー結構子どもはちゃんとわかってると思うなーと思っていました。
    最終的には目に見えないけどあやふやだけど確かにそこにある絆を信じられる親子関係が表現されていてよかったです。

  • 難しいお話ですが、どんなに血が繋がってなくても、親子としてその子と暮らした時間が、本当の親子以上にかけがえのない物になっていると早く福山さん演じる野々宮さんに気付いてほしくて仕方なかったです。
    そしてどちらの親にもですが、本当の事を何故子供達に言わないのか!と何度も思いました。
    6歳だからまだ分からないかもしれないとか、真実を知るには残酷すぎるとか色々あるかもしれないけど、子供は敏感で自分のおかれた状況を一番分かってたりするのに。
    本当の親じゃないって言った上でそれでも離れたくないと子供が言ったなら、私なら血の繋がりがなんぼのもんじゃー!!この子は私の子や!私が産んだ子じゃー!と離さないのにな~とか色々思いました。
    その場合本当の自分の子はもう諦めます。そんな簡単な話ではないのも分かってますが、それぐらいこの6年という月日は短くて長いんだと思いました。
    ラストはどうなったんでしょうね?きっと元通りになったんでは?と勝手に思っています。

    あとリリーさんを観る度「凶悪」の高笑いが浮かび、私の中で結構なトラウマになってるな~と苦笑していたら、ピエール瀧さんまで一瞬ですが出演していて、そのシーンが実は一番印象的だったのも忘れられないです。

  • 2013年 日本
    監督:是枝裕和
    出演:福山雅治/尾野真千子/真木よう子/リリー・フランキー
    http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/

    赤ちゃんの取り違えもの、というと昭和のドラマや映画では結構定番ネタだったと思うのですが、まさかこの時代に、と作中でも当事者たちがもらすように、平成になってからはあまり見かけなくなった題材かも。しかし孕んでいる問題はいつの時代でも普遍的。「産みの親」か「育ての親」か、はたまた「血」か「情」か。経済状態の格差、教育方針の違い、子供にとってはどちらで育つことが最終的に幸福なのか。

    一方の家庭は、一流大学を出て一流企業に勤める有能でカッコいいエリートの父親(福山雅治)と専業主婦の母親(尾野真千子)、当然子供には習い事をさせ、小学校からお受験。もう一方の家庭は古びた電気屋を営む父親(リリー・フランキー)と、子だくさんのためパートで働く母親(真木よう子)、けして裕福ではないけれど子供はヤンチャでのびのび育つ。

    このへんの設定はある意味ステレオタイプで、勝ち組エリートの主人公はあからさまに相手を見下しているし、発言も高慢。しかしだんだん実はそんな彼にも、自身の父の離婚後、血のつながらない後妻に育てられた過去があり、父とも不仲、妻のほうはもともと庶民派で、結婚したもののエリートの夫に対して引け目を感じているらしきこと、それぞれに抱えていた問題が浮き彫りになってきます。

    女性としては(生んでませんが)やはり母親たちのほうに感情移入してしまい、夫はそっちのけで連帯しあう母親同士のほうに共感しました。いちばん泣けたのは、子供を交換することを決めたあと河原で二人が抱き合う場面。自分でお腹を痛めてない男には絶対わからない感覚でしょう。

    福山雅治はシンガーとしても役者としても特別好きも嫌いもない存在でしたが、この映画の彼はとても良かったです。仕事人間で高慢な彼が、だんだん人間味を取り戻してゆく過程がとても自然でした。とりあえず今日本でいちばんカッコイイ45歳なのは間違いない(笑)。兄役で登場した高橋和也は同じ69年生まれだったはずですが、見た目すごいギャップが・・・(いや彼は彼で良い役者ですけどね!アイドル時代から演技派でしたし、橋口監督の『ハッシュ!』は素晴らしかった)。安定の樹木希林、どんな映画にもちょい役で出てきちゃう井浦新など、他の脇役も豪華でした。

    映画の中での彼らは、ひとまずある結論を出しますが、この先子供たちが成長するにつれまた問題は起こってくるだろうし、結局どうすることが正解なのかは誰にもわからない。選択を後悔することもあるかもしれない。けれど、たとえ平凡な家族でも実際にはただ血の繋がりだけに甘えていてはきちんとした関係は築けないし、そもそも夫婦は他人同士が家族になるわけで、結局遺伝子よりも、記憶や時間のほうが人間に与える影響は大きいのだと個人的には思います。良い映画でした。

  • だんなさんも観たいということで、折り合いをつけているうちにかなり時間が経ってしまって、
    ようやくの鑑賞。
    全てを鑑賞しているわけではないが、
    今まで観た是枝監督作品で、子供をテーマにした1本としてはいちばん好きかも。
    いろんな捉え方があると思うけど、ここでのラストは、あれ以上にはならないんじゃないかな、と思った。
    わたしはあのエンディングに希望を見出しました。
    救われたと言うか。

    今回は福山と尾野真千子、リリーと真木ようこが夫婦というのもよかったと思う。
    これで福山と真木ようこが夫婦だったら、龍馬伝になるもんね。
    それにしてもリリーと真木ようこの夫婦がまたうまい。絶妙。

    福山雅治を「父親」として観る日が来るとは。
    それが本当に違和感なくて、役者としての真骨頂を見せてもらった気がします。
    そんでもってラスト、泣けました。
    カメラに残っていた写真の件。
    さすがにあのシーンでは泣かされた。

    悲しいかないろんなことがあってはじめて気づかされること。
    すごく残酷だし、本当に耐え難いことだろうけど、
    それがなければ、もしかしたら一生気づかずに進んだかもしれないこと。
    きれいごとではない現実を通じて、いろんなことを考えさせられる内容でした。

    「父」の話なので、女の私が観たらどうなんだろうと思っていたけど、
    「父」の話は同時に「母」の話でもあり、その複雑な心境を尾野まちがこれまた見事に演じていて、脱帽。
    ほんとに役者揃いで、そう言えば樹木希林も出ていたし、ここでも國村さん!!まさに4本連続登場にこちらも脱帽。
    日本の映画界になくてはならない方ですね。アツいです。

    個人的には、今は亡き夏八木勲さんにも胸熱。

    http://onionmovie.jugem.jp/

  • 是枝監督の作品は自分だったらどうだろうと考えに考えながら観ると最高の映像と間合いなんだと改めて思った。興味がないテーマの時は訳が分からないけど。

    「似てるとか似てないとか、そんなことにこだわっているのは、子どもとつながってるって実感のない男だけよ」っていうのは、すごく共感したけど、なんだか男の人目線で自戒の念を込めて作られた台詞なような気もした。母親はそんなことがないから、思いつきもしないような。

    でもそれって母親になったことのある人しかわからないのかもしれない。それは決して出産をした人ということではなくて、毎日毎日、子どもの幸せを願い続けて生きたことのある人しかわからないと思う。自分に似てるかとか、血がつながってるかとか、そういうことじゃない。女だって子どもを産んだだけで母親になれるわけじゃない。父親と同じ。だけど、出産をすることで、男の人よりもそのスイッチは入りやすいんだろうなぁ。変なしくみだなぁ、親子って。

  • ええ。映画やった。
    福山雅治 の 一流会社の 仕事で がんばっていて
    父親という役目が 十分に果たせない。
    そして、リリーフランキーの 電気屋さんのおやじ。

    好対照な 父親が 演じる。
    やはり、父親って 難し過ぎる。
    フランキーが 『父親は代替えできない』と言っていることが、
    この映画の エッセンス。
    『父親は 時間だよ』という言葉も 突き刺さる。
    日本の父親が 忘れているものに トゲを刺す。

    尾野真千子の陰性的な 母親と
    真木よう子の陽性的な 母親。
    子供に対する 距離感。
    そして 敗北感が色濃く出ている。

    脇役が そろっている。
    風吹ジュン、樹木希林。
    それぞれの おかれた位置。

    6年間は 一体なんだったのか。
    子供とのふれあいの大切さが見えてくる。

  • 2014.05.25

    是枝作品の登場人物は、人間臭くていい。

    父子のストローを噛む癖
    真木よう子のウィンク
    子どもと一緒に遊ぶリリーさん
    いろんな人がやってくる電気屋
    ギョウザとすき焼き
    カメラ越しに眠る父

    細かいディテールが集まって
    登場人物を人間臭くする。

    ふたつの家族を丁寧に描かれていたので
    子ども取り違えという重たいテーマなのに
    見終わったあと、すごくあたたかい気持ちになった。

  • 意外と面白かったな。

  • 「土曜プレミアム」にて。なかなか示唆に富む作品。

    難しい決断を迫られた家族の人間模様にも考えさせられるところがありますが、、対照的に描かれる福山雅治とリリー・フランキーの姿が何より興味深い。ビジネスマインドから抜け出せず子どもの視線に降りてくることができない福山雅治の姿は、反面教師以外の何者でもない。父になれずにいた男が、息子との関係がリセットされることに父になるチャンスを得た。そんな幸福な物語なのかもしれません。

  • セロトニンの研究者・有田秀穂氏は、週末ものすごく悲しい映画を観て、大泣きするよう心掛けている、という。
    大泣きすれば、セロトニンが分泌されて、脳がスッキリするから。

    オレも、悲しいことがあれば、すぐに号泣するように、心がけている。
    たしかに、脳がスッキリする。

    『誰も知らない』を見た時は、ほんとに悲しかった。
    主演の男の子の抜群の存在感と演技がスゴすぎて、「もうこんなに悲しい映画は二度と見たくない」と、思ったほどだ。
    兄弟役の子供たちの演技も、自然で素晴らしかった。ほんとの兄弟にしか見えなかった。

    是枝監督は、子供を使って泣かせるのが上手なんだ。

    だから『そして父になる』も、きっと号泣してしまうに違いないと思って、身構えて見ていた。
    でも、途中で、涙ぐんだりしたけど、泣かなかった。

    ケイタくんはすっごく可愛くて、演技も涙を誘うけど、最後の方で、お父さんから逃げ出して、道を歩きながら、後を追ってきたお父さんと喋るシーンは、がんばって演技してるんだ、ということを意識して見てしまった。

    琉晴くんの演技は、すばらしかった。とくにお父さんから「今日からパパと呼んで」と言われたときに、「いやだ。なんで?」という、当たり前のことを何度も言うところが、良かった。

    どうしてなのか理由は分からないけど、この映画を観てる間中、オレはずっと「この役者はヘタだなあ、もっとカッコ良くなくても別の役者使ったほうが良かったのになあ…」とか、「友だちの弁護士役のこの人は演技が上手だなあ」とか、そんなことばかり考えてた。

    映画を撮った経験も当然ないし、映画のことなんか何も知らないくせに、やたらとキャスティングや、子供たちの演技が、気になった。

    ストーリーや演出は、ほぼ、納得いくことが多かった。
    お受験のシーン、ピアノのレッスンや、お風呂のシーン、お父さんがコレステロール高いからは晩は卵はダメだよと言われたり、AEONのフードコートで家族が食事をしたり、子供を入れ替えた看護師が述べる理由も、群馬県のサビれた電気屋も、どれもリアリティがある。

    でも、主演の福山にはリアリティが感じられなかった。
    福山は、私生活でも、父親なのだろうか?
    それは知らないけど、福山に、お父さんぽさ、が感じられなかった。もっと、私生活でも、お父さんをやってる役者を使ったほうが良かった。

    この作品は、特別な映画ではない。

    この映画を観て、改めて『誰も知らない』という映画は特別な作品だったことを、感じた。

  • 個人的な感情を刺激されて、観ている間、涙が止まらなかった。号泣。
    映画で、こんなに泣いたのは初めてだ。
    特に、尾野真千子演じるエリートサラリーマンの妻の状況や心情が100%理解できて、自分とシンクロした。
    尾野真千子の演技力ももちろんだが、なにより脚本がうまく、セリフや設定など、よくここまでキャラクターを作りこめられたと思う。
    6人の主要な登場人物である取り違えの被害者である二組の親子。
    ホワイトカラーとブルーカラーの対比、父親像の対比など、ステレオタイプなのだが、はっきりと二者を書き分けることで、わかりやすさを与え、普遍的な家族の物語にできたと思う。
    リリー・フランキーもよかった。
    真木よう子は得な役。
    福山雅治はさすがの存在感で、スクリーンにおけるスターの大切さを示した。
    ただラストの、息子に話しかける下り、ちょっと演技力不足は否めないかな。
    あれでちょっとこの作品のグレードが下がった感はある…。

  • 結構よかった。
    私自身、子供の頃に
    もし、産みの母が別に居て迎えに来たらどうするか
    という事を考えたことがあったが、あまり悩むこともなく、やっぱり今の父母の元に居たいと強く思ったことを思い出した。

  • もっと「家族」というものに肉迫するような映画かと思っていたが、案外スタイリッシュなのでガッカリ。うまく描けてはいるけど、家族ってあんなにきれいじゃないよね。
    いくら準備期間があっても、6歳の子があんなにおとなしく「他人」の家にいられるわけがない。それこそ、おねしょに始まって、夜驚症やチックなど心身に影響が出るし、出ない場合はもっと恐ろしい。
    夫婦も祖父母ももっと揉めるし、マスコミに見つかった場合はさらに悲惨だ。
    そういう生々しさは全くない。
    福山雅治や真木よう子が美男美女すぎて現実感がなく、テレビドラマみたいだった。
    ブルクミュラーやバッハなど音楽もこれでもか、というおしゃれさ。バッハなんてグールドのを使ってるからハミングが気になる気になる。いくらでも他のピアニストの演奏があるのに、わざわざグールドを使うあたりが、「わかる人はわかるよね(その程度のインテリジェンスは見る人にもないとね)。これは不気味なノイズではなくて、『グールドのゴルトベルク』だってこと。」というような制作側の姿勢がカンに障るのは私だけ?

  • 子の取り違えというある意味映画ならではの設定により、男親と子の関係を親の視線でリアルな感覚で見せてくれている。
    最後の息子を追いかける2人のアングルや引いていくエンディングのカットは日本映画としてはベタ過ぎに感じる。
    重くすればもっと重く出来るでしょうけど、論点をずらさない良い映画だと思います。

  • 自分には一歳の息子がいる。
    今、この映画に出逢って本当に良かったと思った。

    自分にとっては、産みか育てかっていうことよりも自分がどんな父親になりたいのか、今、どんな父親なのか、って事を考えさせられた映画だった。
    リリーフランキーの台詞にはハッとさせられるものが多くて、特に「時間だよ、時間。子供は一緒にいた時間。」っていう台詞は自分に残った。

    リリーフランキーの父親が正として描かれているけど、子供が大きくなった時に、やっぱり野々宮家の方が幸せだったと思うかもしれなとも思う。色々考えたら、白黒はっきりさせないあの結末で良かったと思うし、何より、自分にとっての問題は、実際の自分の家族とどう接したいか、ということ。

    タイトルは「父になる」だけど、母親目線で観れる所も凄くいい。こちらは、対照になってなくて二人とも生活スタイル(経済力)は違うけど、とっても素敵なお母さんですな!

    出てくる母親はみんな魅力的だったのに、父親は一癖あるというか、なんというか。やはり母は凄し、とも思える作品でした。

  • 2014/12月
    なぜ妻子が帰省中のこのタイミングで見てしまったんでしょうか。めっちゃよかったけど、後悔

  • 看護師には腹がたった

  • 単調な割に凄く集中させる映画だった。
    ちょうどこれを観る前に『八日目の蝉』を見ていて、4年間の別の人に育てられただけでもその後の人生に大きく影響を与えたのをみていると、幼少児の6年が如何に重いかを考えさせられる。

    福山雅治が写真見ながら唇を震わせるシーンがとても良かった。

  • 丁寧に作られた映画だなと思う。
    多くの人が高い評価をするのも理解出来る。
    ただ、私はどうも是枝監督と気が合わないらしい…。
    全体的に綺麗すぎて、物足りなさを感じた。
    扱われているのは痛ましく、実際にあったことなので、物足りないというのは観客の傲慢かも知れないけれど。
    福山雅治も生活感がなさ過ぎて…。
    「俺はケイタの顔を見てリュウセイっていう名前をつけたんだろ どう見てもケイタっていう顔だもんなぁ」
    というのはとても胸に沁みる台詞だったし、写真を見つけるところも良かったのだけど。

  • 福山雅治のような男が、尾野真千子のような女を妻にするだろうか?
    っていう疑念が根強い。
    ねぎぼうず思い出した。

  • 子供を取り違えられる。
    そんな事が今でもあるのかと思ったけど誰かの悪意によるものなら納得と思いました。
    また6歳って微妙な年齢なんだよね。
    小さければ取り換えてもまだやり直しきくし、ある程度大きければ取り換えないっていう選択肢の方が大きい気がする。
    今、中3の子供が実は違う夫婦の子と言われても今更感が強いもの。
    結果最後はどうなったのかな?謎。
    【最高の離婚】の二人が出てるのが懐かしかった。
    あと最近見たばかりのリリーとピエールがしかも裁判所て!・・・と、笑った。
    映画【凶悪】の話ですけどね。
    思ったより泣けなかったので★3つで。

  • ストーリーはよかったんだけど、なんか物足りなかったかな

    福山雅治の家族にもやっぱり真実はあったんだと思うのね
    それを途中からリリーフランキーの家族が 正しいんだ的な見せ方になっていったのは残念だなと思って
    後半から話のまとまり方の予想がついたのがちょっと寂しかった

    お金じゃない、子どもに注ぐ愛の深さだ、みたいなこと
    それはそれでほんとうに真実だと思うんだけど、
    子育てに正解はないんだから
    もうすこし 最後の見通しを 観る人に委ねるようなまとめ方でもよかったんじゃないかな

    せっかくいいテーマを扱っているのだから
    観る人をもっといい意味で戸惑わせるような、問いかけるようなストーリーでもよかったのかなーなんて思う。

  • 映画館で昨年見ましたが、WOWOWで放送されていたので

    見ちゃいました。→【映画2013-27】 そして父になる





    前は福山とリリーさんの父親目線で当然見ていましたが



    今回は、真木さん、尾野さんの母親目線で見ると全く違う映画に感じました。



    夜泣きもあったり、病気もあったり

    ぐずったり、わがままを言ったり、そんな成長を見てきたけど他人の子だった息子と



    全く成長の過程を知らなくても、自分のお腹を痛めたわが子と



    一体どちらを選ぶことができるのか。



    一番印象的だったのは尾野さん演じる福山の奥さんが

    病院で取り違えにあった時に

    その場で自分の子ではないことに気が付かなかったことを

    周りの人が中傷しているのではないかと感じるところ。



    これは男には全くない考えだと思いました。

    赤ちゃんなんて最初に見てなければ

    自分の子なんて分かるはずもないと思ってしまうんですが

    女の人は全く違う考え方なんだ・・・と思いました。



    この映画は「そして父になる」というタイトルだけど

    母親たちの葛藤と苦しみもつまったリアルな映画だと思います。



    今度は子どもの目線でもう一回見たいと思います。

  • リリーフランキーさんが
    子供たちとお風呂に入っているシーンの
    タトゥーは、消してほしかったなぁと思います。

  • 話題作だし結末も気になるし一応みておくか、というくらいの気持ちだったのが。予想以上に、感情移入してしまった。

    子育ての経験はないけれど、やはり一番共感を覚えるのは母親たち。台詞のひとつひとつに、頷いてしまう。
    父親たちは考えの相違から時に対立するが、母親たちは根っこのところで共鳴するのだ。

    そして子どもたちが、ものすごく可愛い。
    慶多君は、面接で堂々と嘘をつくくらいしたたかなのかと思えば、そうではない。大人の言うことを疑うことなくそのまま受け止める、非常に素直で我慢強い子。だから父親に与えられたミッションも、純粋に頑張ろうとする。その健気さが泣ける。
    対照的に、琉晴君は「なんで?」と繰り返す。誰が何と言おうと、納得できないことは納得できない。それでも事情をそれなりに理解し、順応しようとする姿にまた、泣かされる。それぞれの性格は、やはり育った環境によるものが大きいと思う。

    物事は、思い通りにはいかない。
    苦悩しながら親子の絆を再確認したところで「そして父になる」というタイトルが、響いてくる。
    この先、幾度も悩むだろうけれど。折々に、苦しむだろうけれど。2つの家族は助け合いながら、色んなものを分かち合っていくのだろうと思う。

    音楽も、懐かしいピアノ曲がたくさん使われていて、感傷をさらに煽られた感じ。エンディングはグールドか。

全249件中 1 - 25件を表示

そして父になる DVDスタンダード・エディションに関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

そして父になる DVDスタンダード・エディションを本棚に登録しているひと

そして父になる DVDスタンダード・エディションを本棚に「観たい」で登録しているひと

そして父になる DVDスタンダード・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする