魔女の宅急便<魔女の宅急便> (角川文庫) [Kindle]

  • 22人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 角野栄子
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (139ページ)

魔女の宅急便<魔女の宅急便> (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • ジブリ映画で有名な「魔女の宅急便」の原作。

    映画が好きな方ならきっと原作も好きなはず。

    すごくいい。

  • お母さんは魔女、お父さんは普通の人、そのあいだに生まれた一人娘のキキ。魔女の世界には、十三歳になるとひとり立ちをする決まりがありました。満月の夜、黒猫のジジを相棒にほうきで空に飛びたったキキは、不安と期待に胸ふくらませ、コリコという海辺の町で「魔女の宅急便」屋さんを開きます。落ち込んだり励まされたりしながら、町にとけこみ、健やかに成長していく少女の様子を描いた不朽の名作、待望の文庫化。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    新装版が電子書籍でもでたから購入!
    表紙かわいい〜^^
    実は読むのはじめて。
    昔小学生のときに1回読もうとしたんだけどそのときはそんなに読書すきなタイプじゃなかったから途中で挫折…
    今読むと、ああ小学生の私にはあんまり面白さがわからないタイプの本だろうなって気はした。笑

    あと久々に、ですます調の本をよんだ…!
    このとしになってくるとちょっと読みにくいけどでもキャラがみんなほのぼの可愛くてよかったよ!
    ほのぼの日常小説ですな

  • 映画化されるので再読。
    文庫版の表紙も可愛いので布教用にと買ってみたが、やはりハードカバー版の挿絵がないと物足りず☆4つ。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

魔女の宅急便<魔女の宅急便> (角川文庫)はこんな電子書籍です

魔女の宅急便<魔女の宅急便> (角川文庫)の文庫

ツイートする