甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫) [Kindle]

  • 30人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 賀東招二
制作 : なかじま ゆか 
  • KADOKAWA / 富士見書房 (2014年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (209ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ■良かったところ
    短編集のように分けられているので、さくさく読めた。
    毎回こうだとちょっと軽すぎる気がするけど、たまになら楽しめると思う。
    視点が変わっているので感情移入しやすいので、非常に楽しめた。
    特にサクセスストーリーだからだと思うけれど、椎菜が歌で変わって行くというお話はとても面白かった。
    そしてやはりモッフルを筆頭にマスコットが萌える。

    ■悪かったところ
    いすずがちょっと鼻についてしまう。
    男性受けはいいのか気になる。

  • せっかく1巻・2巻といい感じでスピードアップしてきたのに、ここで短編が入ることでぐっと足止めされた感じ。
    これだからライトノベルは長編小説を細切れにして多売しようという魂胆が見え隠れして嫌だ・・・。
    つくづくkindle版で読んで正解だったと思う。

  • いやあ面白かった、というか久々に本読んでてゲラゲラ笑っちゃったい。

    なかでもメインというべき「中城椎菜は逃げ出したい」はベタな展開も含めて実に良く出来ていてあらためてやっぱ上手いよなあと。

    正直どうせアニメ化するならコップクラフトの方にしろよと思ってたんだけどこの分だとかなり楽しめそうだなあとさっくり手のひらを返す今日このごろなのであった。

全3件中 1 - 3件を表示

賀東招二の作品一覧

賀東招二の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫)はこんな電子書籍です

甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫)の文庫

ツイートする