大統領の料理人 [DVD]

  • 564人登録
  • 3.21評価
    • (13)
    • (66)
    • (114)
    • (37)
    • (3)
  • 89レビュー
監督 : クリスチャン・ヴァンサン 
出演 : カトリーヌ・フロ  ジャン・ドルメッソン  イボリット・ジラルド 
  • ポニーキャニオン (2014年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013643260

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

大統領の料理人 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おいしそうな料理がたっくさん出てきて発狂モノ。
    とくに最初のほうに出てきたポルチーニのソテー、タルト…ただ鴨を焼いたやつも美味しそうだったなぁ。トリュフソースとスライスしたトリュフを、フランスパンの上にのせて食べるところも…!!ワインめちゃくちゃ飲みたくなった。

    すごく料理が美味しそうだった反面、実話を元にしてるのか有名なのかもしれないけど、
    オルタンスが大統領料理人になる前は何をしていたのか、どうしてなったのか、南極??はて???って感じで、なかなかピンと来なかった…。
    調べてみたらやはりモデルがいて、ダニエル・デルプシュさんという方だそう。
    終わり方も少し唐突だけど、オルタンスが船の後方から先頭にいくところがよかったな。
    あーそれにしても美味しい料理、食べたいなぁ。
    http://dacapo.magazineworld.jp/cinema/119956/

  • 料理はおいしそう。ノンフィクションだからかしら?色々ふわっとしてる。
    そもそもの選ばれた理由もふわっとだし…名刺交換しただけの相手を大統領に推薦する?まあ現実問題そうだったんだから突っ込めないけど。
    「官邸の体制も変えていく」という触れ込みだったので、周りの人も変わってくのかと思ったけど、調理場の人達とは最後まで和解しなかったのなーと。事実があるからここも正直突っ込めない。
    ずっと見たかった映画だったのだけれど、思っていた様なヒューマンドラマではなかったので残念。

  • 芯の強い女性が、大統領の料理人として抜擢され、男社会の政治的なしがらみの中爽快に良い仕事をしていく話。かっこいいのひとこと。

  • 主人公が魅力的。
    素敵な女性でした。
    料理も美味しそうだった〜。

    ストーリーは色々掘り下げてのエピソードが無いので疑問が沢山でしたが…。

    南極基地を去る時の、サプライズの送別会みたいなの…ちょっと感動。

  • 人生って、そういうものなんだろうな。
    誰しもが誉れ高く順風満帆なわけでなし、嫉妬や失意のなかでも、とりあえず生きていかないといけない。

    グレーな南極だって、彼女のなかには、いろんな葛藤や挫折があったのかもしんないけど、けっして悪くない。むしろ、みんなに喜んでもらえて、最高やん。

    暗闇に小さな灯りが見えて、たまには疲れてみてもいいのかも…なんて思った。それが人生の醍醐味というものなんだろう。
    大きな…、小さな…、たぶんそんなことの繰り返し。

    栄光の過去も、苦い思い出も、吹っ飛ばしてただただ、一歩ずつ歩けばいいって、お料理マムが言ってる気がした。

  • 爽快なサクセスものかと思いきや、やはりそこはフランス。ハリウッド的な流れにはならないのですね。主人公の複雑な心の深い部分がセリフではないところ(本で言えば行間)に溢れていて、そこにグッときました。料理という人を幸福にするものと反比例するかのように立ち現れる孤独のようなもの。そう感じてしまうのは自分がトシ食ったからに違いありません。でも同時に勇気もでました。

  • 大統領の望む自分の料理を作るために周囲と戦っていく戦闘モードの大統領の料理人時代
    そして、美味しい料理でお母さんのように愛されている南極での料理人時代
    ふたつの時代を行き来するストーリーはハートウォーミングと切なさのサンドウィッチだった

  • 良い映画観たぞって感じの良い映画。
    可も不可も無し。
    あのジャーナリストの女の子と自分のこれまでを重ねているところもあったのかな。ともかくも、前を向いていること、信じているものを貫くこと。貫けなければ場所は問題じゃない、変えたっていい。自分を信じるだけの時間を重ねられればこうやって生きていけるのだろうか…羨ましい。料理人メインの映画であって、料理がメインではないです。自由な魂の作品。

  • せっかくの料理映画なのに旨味が足りてないような…?
    肝心の料理を映すシーンもなんとなく演出に物足りなさを感じるし、脚色してでもいいから、もっと周りの人間がオルタンスの料理に舌鼓を打つところを沢山見せてほしかったです。
    過去と現在を行き気する構図も、シーンの切り替えがぶつ切りで邪魔だなあ…と思ってしまいました。

  • 田舎のレストランを営む女性オルタンス・ラボリに文化省の料理人の仕事が入る。
    しかし、オルタンスが連れて行かれたのはパリのエリゼ宮殿。
    実はオルタンスはミッテラン大統領の専属料理人として指名されたのだった。
    オルタンスは大統領の料理の好みを知りたいと思うが、
    大統領から直接声がかからないと話をすることはできないという。

    フランスで初めて女性の官邸料理人となったダニエル・デルプエシュの実話を基にした作品。
    ミッテラン大統領は素材をいかしたシンプルな料理が好みだったみたいで、
    劇中に出てくる料理はこってりフレンチのイメージとは違ってどれも美味しそうだった。

全89件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

大統領の料理人 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

大統領の料理人 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

大統領の料理人 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする