ITビジネスの原理 [Kindle]

  • 191人登録
  • 3.49評価
    • (11)
    • (21)
    • (28)
    • (6)
    • (2)
  • 28レビュー
著者 : 尾原和啓
  • NHK出版 (2014年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (63ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

ITビジネスの原理の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔の社会とインターネット社会の前提条件の違い、インターネット社会の強みや背景をわかりやすく伝えてくれる本書。
    当たり前のように過ごしている今の世の中の仕組みを説明してくれているのので、うん、そうだよね。うんうん。で?みたいなところも少なからずあるけど、軽く読めるしおすすめ。

    売ろうとする商品×仕入れ地(その商品の価値が低いところ)×消費地(その商品の価値が高いところ)の3つのマッチングがビジネスのキーだが、インターネットにより地理的&時間的な制約がなくなり、ルール自体が変わった。
    インターネットが得意なのは「点在する情報を一か所に集める」ことで、商品が物からユーザーに代わっている。

    純粋想起(これといえばこれ!)&収穫逓増(強いものがさらに強くなる)の2つの法則でgoogleが強くなってる。

    TAC(Traffic Acquisition Cost)=ユーザーを獲得するために払っているコスト。
    企業を評価する際は売り上げからこのTACという財務指標を引く。

    インターネットでユーザーがお金払うには3つのコストを合わせて見合うか。情報そのもののコスト、探索コスト、情報を手に入れるためのコスト。

  • IT、ICTはどこへ向かうのか?

  • 長年IT業界にかかわってきた筆者がITビジネスの本質に迫る。インターネットが生まれてからこれまでの分析と今後に向けた提言を一貫した哲学で語っている。ゲーム理論・行動経済学等、多角的な視点から分析が行われていて、それらの学問とインターネットがマッピングできたのがよかった。

  • CGM(カスタマー・ジェネレーション・メディア。アメリカではUGM)、代表例はタベログ。
    TAC(トラフィックアクイジションコスト)

  • 書かれていることがあまり『原理』という気がしなかった。
    この本のタイトルに有るようなことを知りたければ、
    他にいくらでもいい本があると思う。

    特に、amazonより楽天のほうが人間味があるとか、
    Googleグラスだとご飯が覚める前に写真が取れて世界が変わるとか、
    単なる筆者の好みを聞かされているだけと感じた。

  • かなりサクサク読めた。割とエッセンスはシンプルなのだが、実ビジネスに役に立つ示唆にとむと思う。

  • 純粋想起とwebサービスの2つのパターンを覚えれば買わなくてもおk
    そうゆうのわかってる人は読まなくておk
    webはwiner takes allって事 まあ完全競争市場だとそうなるよっていうお話

  • 後半、イマイチ
    Googleのビジネスモデルは同意できるが、
    楽天の下りは納得できない。

  • 今人気のITビジネスの仕組みが分かります(小林俊一先生)

  • 面白い発見はあんまりなかったかな

全28件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ITビジネスの原理を本棚に登録しているひと

ITビジネスの原理を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ITビジネスの原理を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ITビジネスの原理の単行本(ソフトカバー)

ツイートする