夏の終り [DVD]

  • 291人登録
  • 2.86評価
    • (6)
    • (24)
    • (57)
    • (24)
    • (15)
  • 59レビュー
監督 : 熊切和嘉 
出演 : 満島ひかり  綾野剛  小林薫 
  • バップ (2014年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021138710

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夏の終り [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 満島ひかりが、気ままに不倫しているだけの話。

    共感できないし、揺れ動く気持ちも理解できなかった。

  • 御し難い業を抱えた女、優柔不断な年上の男、一途で繊細な年下の男。絶妙のキャスティングで3人の関係が良く表されている。表現しがたい思いや、思うに任せない現実に行き詰まり、苦しみながら美しく歳を重ねる知子を演ずる満島ひかりが特に印象的。時系列をシャッフルした構成だが、彼女の佇まいでいつ頃のエピソードか察せられるのは見事。

  • -満島ひかりがひたすらにわがままで、だらしなく、美人な映画。
    -切り絵がすごく綺麗。そしてその時に見える細い手がもっと綺麗。
    -ただやっぱり内容としては物足りなく、雰囲気映画だった。

  • 満島ひかりさんを悪人で初めて知って度肝抜かれて彼女を追ってこの映画見たのですが 昔の言葉遣いがかなり浮いてて内容よりもそれが気になってしまった

  • 話が現在と過去に行ったり来たりして分かりにくい。満島ひかり、綾野剛、小林薫の演技と雰囲気を楽しむ映画。

  • 満島ひかりが素晴らしい
    煙草を喫む仕草が色っぽい

  • 満島演じるヒロインは妻子持ちのくたびれた中年男と8年越しの不倫中。泥沼で先が見えないストレスを年下の男との情事で発散する。小林薫さん煮え切らない二股男を好演。満島はどうだろう?頑張っているけど清潔感が優っています。気に入らないのは、時系列を崩してわざと分かりにくく意味ありげに見せる日本映画の手法。必然性を感じません。レトロな風景はgoodです。

  • 原作の瀬戸内晴美さんの小説を読んでいないと、
    話の筋が飛びすぎると感じるかもしれない。
    その点は乱暴な映画だけれど、
    満島ひかりさんの素晴らしさで帳消しになっている。
    彼女の存在感が本当にこの映画にぴったりで、
    ただそこにいるだけなのに台詞以上に雄弁だ。
    以前、ドラマで宮沢りえさん主演の夏の終わりを見たけれど、
    そのときよりも空気が濃厚で退廃的に感じた。
    慎吾と知子がひさしぶりに会った瞬間に
    場面がスローモーションになるところや、
    慎吾の自宅にあるサボテンが知子の家のものより立派な場面など、
    細かなところの演出もよかった。
    そして、こういう煮え切らない男性役といえば小林薫さん。とにかくぴったり。

  • 画面が細切れで時間軸がわかりづらかったのが残念。ぶつ切りになってしまうので浸れる時間も少ない。
    女性の気の移り方に賛否両論ある気がするが、個人的には生々しい感情に振り回される自分勝手さが、却って好きだった。
    着流しの小林薫に日本家屋と猫、最高です。

全59件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

夏の終り [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

夏の終り [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする