[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術 (中経出版) [Kindle]

  • 59人登録
  • 3.90評価
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 永田豊志
  • KADOKAWA / 中経出版 (2014年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術 (中経出版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メモを取るときに図を使いましょうといった話で、会議などでできている人は改めて読む内容は無い。

    内容としては読みやすくまとまっているため、★3の普通ぐらい。
    ただし
    「会議などのメモも図で取ろう」と言っているのに、
    その手順が具体的では無いため、-1で★2。

  •  物事を図解にすると理解がしやすくなるという内容。分かりやすい例がついている。参考にできるものも多い。ただ、そもそも頭がよくないと全体を俯瞰するような図解は書けない気もした。

  • ”頭の中の整理を助け、「図で考える」”図解思考、図解翻訳を勧める本。私にとって「これこれ、これがやりたかった!」な本です。
    (「理解する力の向上」「伝える力の向上」両方を狙って)
    しかし、本を読み終わる前から(半分読み終えたくらいから)図解メモしようと思って試みているけど、なかなか思うように描けない!箇条書きに矢印追加したくらいのものになってしまいます(「基本は四角形と矢印だけでOK」とのことなので、まずはそれでいいのかもだけど)。この本でも紹介されているけど、フレームワークを頭に入れておいて→話を聞きながら「どのフレームワークに当てはめようかな」と考えて→完成形を頭に置きながら描くのがいいのかも。
    打ち合わせ中にそこまでやるのはまだハードル高いかもしれないので、まずは読書メモなどを図解で描いていこうと思います。
    【応用演習】のところにあった「時間管理」の図解(「重要だが緊急でない」タスクを細分化して日々の予定に組み入れる)も自分なりにやってみたい。
    今回、図解通訳用にMDノートとフリクション0.5mm(ブルーブラック)を導入してみたけど、使い倒すことを考えると、本書で紹介されているコクヨのノートが安価だしいいかも。

  • 四角と矢印だけで図解はできるという基本を知ってから資料作成が楽しい。他人に伝えやすくもなるので、スキルとしても重宝しそう。

  • 会議・プレゼン・打ち合わせの知的生産性がアップし、企画書・提案書・報告書づくりにも効果抜群。情報を整理・分析し、構造化する「図解思考」の技術を説く

全5件中 1 - 5件を表示

永田豊志の作品

[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術 (中経出版)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術 (中経出版)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術 (中経出版)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術 (中経出版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術 (中経出版)の単行本(ソフトカバー)

[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術 (中経出版)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする