現代の金融入門 [新版] (ちくま新書) [Kindle]

  • 49人登録
  • 3.69評価
    • (3)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 池尾和人
  • 筑摩書房 (2010年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カイザー・ ファ...
鈴木大介
ダニエル カーネ...
岸見 一郎
ルイス・V・ガー...
有効な右矢印 無効な右矢印

現代の金融入門 [新版] (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  下記の目次のようにいかにも教科書然とした内容だが、平易な表現で読みやすい。経済全体ではなく「金融」について解説したもので、内容のレベルは恐らくタイトル通り「入門」だと思われるが、初心者が勉強するにはとても良い教科書になっていると感じた。

    第1章 金融取引
     1 金融取引の意義
     2 審査と履行確保
     3 金融取引の様式
    第2章 銀行システム
     1 決済機構と貨幣
     2 信用創造のメカニズム
     3 銀行危機の可能性
    第3章 金融政策と中央銀行
     1 金融政策の目標
     2 金融政策の実態
     3 金融政策の効果
    第4章 資産価格とそのバブル
     1 資産価格の決定
     2 バブルの生成と崩壊
     3 ミス・プライスの持続
    第5章 日本の企業統治
     1 企業統治と株主の権利
     2 持ち合いとメインバンク
     3 企業統治の変質と再生
    第6章 金融機能の分解と高度化
     1 金融革新の進展
     2 デリバティブ
     3 証券化の光と影
    第7章 金融規制監督
     1 事前帰省とセーフティネット
     2 資本市場とルール
     3 金融危機後の規制監督

     登場するのは日本銀行(および各国の中央銀行)、一般銀行、投資家、証券会社、ノンバンク、企業、預金者、等々。主にシステムと各プレイヤーの活動内容を紹介するもので、一般人による投資テクニックなどを扱った経済書とは一線を画している。

     いわば専門家たちが何をやっているかを説明しているものなので、私のような市井の民が読んだところで何かの役に立つというものではない。しかし日々なんとなく接する金融や経済に関するニュースや政策に対する理解は深められるだろう。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

現代の金融入門 [新版] (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

現代の金融入門 [新版] (ちくま新書)はこんな電子書籍です

現代の金融入門 [新版] (ちくま新書)の新書

現代の金融入門 [新版] (ちくま新書)の新書

ツイートする