モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語

  • 301人登録
  • 4.47評価
    • (50)
    • (18)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 28レビュー
制作 : 大島 かおり 
  • 岩波書店 (1976年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主題も、描写も、たくさん素敵なところはあるけれど、私は湖の真ん中に咲く花の描写が忘れられない。

    湖の真ん中に、今までに一度も見たことがないほど美しい花が咲いている。
    見とれていると、すぐにその花は枯れてしまう。
    しかし、次の瞬間、さっきよりももっと美しい花が水の中から生まれる。
    またその花は枯れてしまう。
    そして再び、さっきの花よりもその前の花よりも美しい花が現れる。
    それがいつまでも繰り返される。

    この部分を初めて読んだとき、幼いながらに怖かった。無限に触れた気がした。無限なんてありえない。なのに、目の前にこうして見せられて、薄ら寒くなった。

    ところで、この花は恋愛に似ている。以前好きだった人よりも、もっと好きな人が現れる。そしてまた恋をする。短い人生の中での無限。それは絶望であり、希望でもある。

    そんな風に読み換えてみて、少し悲しくなった。そのままで十分美しいものを、自分の人生という有限な枠の中に閉じ込めることで、ばらばらに壊してしまったような気がした。

    恋愛にたとえることで、この無限をどれほど理解できただろう?初めてモモを読んでから今この瞬間まで生きてきて、その無限にどれほど近付けただろう?

    無限とは、恐れおののきながらも遠くから見とれるしかないもの。理解することはできないかもしれない。だけど、感じることはできる。感じさせることはできる。エンデのように。言葉には、無限さえも表現できる力がある。

    今までに一度も見たことがないほど魅力的な表現。繰り返される無限。それを探して、今日も本を読んでいます。

  • 2015年のクリスマスはモモを読んで過ごす。
    実は初見だったりします。なぜこれを読んでいなかったのか。そもそも小学生あたりで読んでおくべきだったのではないか、いろいろ考えました。

    時間どろぼうに時間を盗まれる人々。
    彼らは能率を求めて、時間を切り詰め、余裕をなくしていく。これはでも完全に悪いことなのだろうかと、少し思います。

    今の時代、ただ自分のペースでのんびりと仕事している事がいい事かというと、それで周りに迷惑をかけることもある。

    …とおもうのだけれどもなぁ。

    でも心の余裕は確かに必要だと思いますよ。忙しすぎて子供を放っておくなんていけませんしね。

    なんとなく、いろんな角度から物事が見れる本でした。

  • 幻想的な世界観に引き込まれる。著者による挿絵も印象的。大人でも十分に楽しめる作品。また、本の装丁が美しいので、本棚に置いておきたいデザイン。

  •  小学生の頃、どういった経緯だったか覚えていないけれど、同じクラスのMちゃんからモモを借りた。借りるまではワクワクしていたはずなのに、いざ貸してもらったモモの本はそれまで私が読んできた本に比べて厚いし、字も小さかった。それで結局モモを読み切ることは無く、Mちゃんに返すことになった。
     モモにまつわる記憶といえば最後まで読めなかったということと、Mちゃんの家に行って返すときにひっかかったクモの巣だけである。

     モモのことを忘れて早何10年。
     春に2時間だけ話す機会があった人が、図書館の司書さんだった。「おすすめの本は何ですか?」という何度も聞かれてきたであろう質問をしたところ、「モモです」と彼女は答えてくれた。読もうとして挫折した思い出と、超有名な本だし教養として読んでおこうという思惑もあって、ついにモモを借りることにした。ただし、借りたのは半年後の秋だった…。

    ------

     モモは3部構成になっている。第1部は、円形劇場に住み始めたモモという女の子と、モモと交流することで好転していく近くの住人たち、子供たち、とりわけ親友である道路掃除夫ベッポと観光ガイドのジジのエピソード、そして次章から起こる出来事の不穏な予兆。
     第2部は、街に現れた灰色の男たち、時間銀行、彼らに影響をうけて自分の時間を節約し時間銀行に「貯蓄」している人々、そしてそれによりせわしなく、楽しみもなく生きる人々ばかりの街。モモと子供たち、ベッポとジジは灰色の男たちに立ち向かうものの失敗してしまう。マイスター・ホラと「どこでもない家」で知った時間のこと。
     第3部は、1年後の変わってしまった子供たち、ベッポ、成功したのに幸せではないジジ。時間をとりもどす1回きりのチャンスに賭けるマイスター・ホラと、1人でみんなを救うために奔走するモモ。そして、エンディングへ。

    -----

     私にモモの存在を思い出させてくれた司書の女性は、「モモはどこの図書館にもあります!」と話していたが、モモを読む前、私はなんでそんなに人気があるのか不思議だった。ただ、読み終わったあと、その理由が少しわかった気がする。

     小さい頃の私だったら、たぶん時間についてのくだりは理解できなかったと思う。ただ単に時間が盗まれて、みんなも変わってしまって、もとのみんなに戻ってほしくてモモは頑張った!という、ちょっぴり怖いけどわくわくするファンタジー+冒険譚の楽しいお話で楽しんだはずだ。
     
     一方、大人になって読んだ私がこの本を読んでいる間、ずっと頭の中にあったのは、自分も灰色の男たちが暗躍する灰色になった街で暮らしている人間だよね、ということだった。最近の私が本屋に行き、思わず目にとめてしまう本のタイトルは「●●歳までに××しなさい」やら「時間節約術」やら「効率化」やらを挟んだうえでの「○○で1億円稼ぐ(しかも楽に)」みたいなタイトルである。文字にして並べてみると非常に恥ずかしくて驚いた(照)
     
     モモに出てくる人々も灰色の男たちの暗躍によって、時間の節約の名のもとに余裕を失い、効率優先で生きるようになる。私が一番分かるなぁ、と思ったのが、スピードを売りにしてからのニノのレストランの様子だ。モモがニノにみんなの様子を尋ねようとするのだが、レジで話そうとすると後に並ぶ客がとにかく殺気立った様子で文句を言うのだ。座る席を見つけるのに苦労するほどの混雑に、苛立った会計待ちの客。よくある日本の光景である。そして私も苛立つ会計待ちの客の一人である。

     正直、読んでいて説教臭い雰囲気をなんとなく感じる部分もあったのだけれど、現代を見ていると説教臭いくらいでちょうどいいくらい、みんないかに効率よく生きるかに躍起になっているように思える。
     びっくりしたのが、出版年(ドイツ)が1973年ということだ。40年以上前なのにこんな話を書けるということは、そんな前からみんな時間の節約をし始めていたのだろうか。

     読み終わったあとにモモを読んだことをFBで投稿したところ、ある人から反応があった。以前とてもお世話になっていた、子供を抱えながら忙しく働くキャリアウーマンのYさんだ。彼女は仕事・家事・育児をしながらも、本をたくさん読み、食事に行き、趣味をいくつも持っている。Yさんは今海外に暮らしていて、子供の頃に読んで好きになったモモを持って渡航したそうだ。
     最近目にするのは、ただの「時間節約」から一歩進んで、「時間節約をして色々活動して充実した生活をするのがかっこいい生活だよ!」みたいなものだけれど、後者もモモの世界でいる時間銀行に時間を貯蓄している人と変わらないように私には感じられる。けれど、Yさんを見ていると、少なくとも私が知ることができる範囲内では、彼女は忙しくても時間を貯蓄しているようには見えない。それは、海外に持って行くほどの存在であるモモのおかげなのかなと勝手に想像している。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN03301042

  • 小さい頃から家にあった本。何度も読もうとしたけど途中で眠くなってしまった本。大学生になってはじめて読めました。子ども向けにみえるけど、本当はおとなに向けた物語なのではないでしょうか。この本を読んで、今まで自分が未来にばかり目を向けていて、今を十分に楽しんでいないのではないかと思いました。未来も大事だけど、今は今しかない。「いま」という時間を隅々まで味わい尽くそうと思いました。

  • 2017.8.17
    読んでみてびっくり‼️
    さすが、ベストセラーなだけある。
    発想が違う❗️
    風刺は身につまされる。
    私は灰色の男になっていた。
    モモになって、聞き上手になりたい。

    でも扉を開けること、灰色の男があっというまに6人になっていくことはちょっと❓だつた。

    時間の観念がむずかしい。映画にしてその世界観を表現してほしい。

  • 借りたが読めずに、返却。

  • 現代人は既に灰色の男達に時間を盗まれているのではないのか?
    せかせかと働き回る大人たちや将来のためになる遊びを強いられる子どもたちを見ると、そう思わざるを得ない。
    しかも灰色の男たちの葉巻の煙によって、致死的退屈症(何をするにも無気力になり、何も愛することができなくなる)になるという…陥ってしまっている人もいるのではないか?

    この本は、子どもの時に読んだが、時間を節約する大人のことなんて他人事だった。でも、今ではなんとなく、いや、かなり具体的にわかるところがある。
    子ども向けの本ではあるが、内容は大人に読んでもらいたい、考えることがたくさん含まれている本だ。

    マイスター・ホラのなぞなぞ
    三人のきょうだいが、ひとつの家に住んでいる。
    ほんとはまるでちがうきょうだいなのに、
    おまえが三人を見分けようとすると、
    それぞれがたがいにうりふたつ。
    一番うえはいまいない、これからあっとあらわれる。
    二番目もいないが、こっちはもう家から出かけたあと。
    三番目のちびさんだけがここにいる、
    それというのも、三番目がここにいないと、
    あとのふたりは、なくなってしまうから。
    でもそのだいじな三番目がいられるのは、
    一番目が二番目のきょうだいに変身してくれるため。
    おまえが三番目をよくながめようとしても、
    そこに見えるのはいつもほかのきょうだいだけ!


    答えは、このお話のテーマ。
    なぞなぞになるほどと思うと同時に、モモが答えにたどり着くまでの考え方が、しっかりしているな。これがモモなんだな。という印象を受けた。


    作者のみじかいあとがきより
    (モモは作者が長い旅の途中に、奇妙な汽車の乗客に聞いた物語という設定だが、その乗客は)
    「わたしはいまの話を、
     過去に起こったことのように話しましたね。でもそれを将来起こることとしてお話ししてもよかったんですよ。わたしにとっては、どちらでもそう大きなちがいはありません。」

    過去にも確かにこのようなことが起こった。それが文明だったり、産業革命だったり、文明開化だったりするのかな。
    そして、今(モモの執筆からすると未来)も同じように、更に技術が発展して益々ゆとりがなくなっていく。
    ただ、もしかすると今後は働く必要がないような世界になるかもしれない。
    それはそれで恐ろしい気もするけど…。


    ちなみに、「モモ」は宮沢雪乃の偽愛読書であり、東大生が読んだ本に名を連ねていた本でもある。

  •  時間どろぼうから時間をとりもどしてくれた女の子モモのお話。時間の意味を問うファンタジー。
    (カウンター担当/アメリ)

全28件中 1 - 10件を表示

ミヒャエル・エンデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
宮下 奈都
三島 由紀夫
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語に関連する談話室の質問

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語に関連するまとめ

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語はこんな本です

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする