君主論〈新訳〉 (中公文庫BIBLIO) [Kindle]

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 池田廉 
  • 中央公論新社 (1995年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (151ページ)

君主論〈新訳〉 (中公文庫BIBLIO)の感想・レビュー・書評

  •  フィレンツェ共和国の外交官であったニッコロ・マキアヴェリ(1469~1527)により,ロレンツォ・デ・メディチ(ウルビーノ公ロレンツォ,1492~1519)に献上するために1513年~1514年に書かれた親書。マキアヴェリの死語に出版されている。表題の通り君主が領民を治めるにあたって留意すべき事柄などを,歴史上の君主達の行動を批評しながら軽快に説いてゆき,最後には今こそがイタリアを新君主が治める最高の機会であり領民はそれを待ち望んでいると,イタリア詩人ペトラルカの言葉を引用し締めくくっている。
     前君主の血筋を根絶やしにすれば簡単に統治できるとか領民を殲滅してしまえば良いとか,現代の常識からすると凄いことがサラリと書かれていたりするが,文章は軽快で読みやすく,著者の人間と社会を観察する生き生きとした視点を垣間見ながら大変面白く読めた。ヨーロッパの歴史と地理に明るければ,もっと面白かっただろう。要するに人を治め使うために上に立つものはどうあるべきかということが説かれているので,普遍的な人間の心理などは現代の社会にも通じ参考になるだろうと思う。

  • 人は 、慎重であるよりは 、むしろ果断に進むほうがよい 。なぜなら 、運命は女神だから 、彼女を征服しようとすれば 、打ちのめし 、突きとばす必要がある 。運命は 、冷静な行き方をする人より 、こんな人の言いなりになってくれる 。

    モーセの力量をうかがい知るには 、イスラエルの民が奴隷としてエジプトにある状況が必要だった 。キュロスがどんなに偉大な心の王かを知るためには 、ペルシア人が 、メディアの民に抑圧されていなくてはならなかった 。

    アルチュセールのマキャベリの孤独が読みたくなる。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

君主論〈新訳〉 (中公文庫BIBLIO)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

君主論〈新訳〉 (中公文庫BIBLIO)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

君主論〈新訳〉 (中公文庫BIBLIO)を本棚に「積読」で登録しているひと

君主論〈新訳〉 (中公文庫BIBLIO)の文庫

君主論〈新訳〉 (中公文庫BIBLIO)の単行本

ツイートする