痴人の愛 (中公文庫) [Kindle]

  • 18人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 谷崎潤一郎
  • 中央公論新社 (2010年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (201ページ)

痴人の愛 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 痴人(広辞苑より)
    ばかなひと。おろかもの。たわけもの。

    明治大正昭和の雰囲気と
    一途すぎて変態な譲治さん

    おもしろかった

  • 主人公とナオミの関係性が変わっていくのが印象的。
    最初は主人公のほうが立場が上であり、教育者としての振る舞いが目につくが、徐々にナオミ可愛さに翻弄され、恋人のように、保護者のようになっていき、最終的には浮気を繰り返すナオミの奴隷と化す。
    ナオミがいてくれるならどうでもよい、とまで主人公に感じさせるナオミの振る舞い、話し方に強い魅力を感じた。
    一度だけでよいから、「君のためならなんでもしてあげる、給料すべてをすべてあげたってよい」といわれる女になってみたいものである。

    読みやすく、引き込まれるテンポに感動。
    谷崎が足フェチだというのに妙に納得した。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

痴人の愛 (中公文庫)はこんな電子書籍です

痴人の愛 (中公文庫)の-

痴人の愛 (中公文庫)の文庫

痴人の愛 (中公文庫)の文庫

ツイートする