New York 結婚狂騒曲 [DVD]

  • 28人登録
  • 2.69評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
  • 8レビュー
監督 : グリフィン・ダン 
出演 : ユマ・サーマン  コリン・ファース  ジェフリー・ディーン・モーガン  サム・シェパード  イザベラ・ロッセリーニ 
  • ビクターエンタテインメント (2014年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988002664221

New York 結婚狂騒曲 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (The Accidental Husband; 2008/米、90min.)

    舞台はニューヨークのラブコメ。恋愛相談を請け負うDJ(ユマ・サーマン)が、リスナーにある忠告をしたがためにそのカップルの婚約が破談となってしまうところから物語が始まる。

    豪華キャストなんだけど脚本がお粗末.. ストーリー展開をもっと丁寧にえがけば面白くなりそうなのに、と感じた。コリン・ファースは適役だ。

  • おもしろそうなロマコメ!、と思ってレンタルショップで見かけて。公開されてたの知らなかったー。
    主演は、あんまりロマコメって感じしないけどウマ・サーマン。相手役の人、わたしずーーとロバート・ダウニー・Jrと思い込んでいたんだけど(なぜ?似てない?
    )違った(ロバート・ダウニー・Jrってこんなにかっこよかったっけ?!!、って最初書いてた)、ジェフリー・ディーン・モーガンって人だった! 知らない人だったけどでもすっごくかっこよくて、あとコリン・ファース、サム・シェパード、って男性陣がすごく豪華じゃないですか!、コリン・ファース、損な役回りだけど(こんな役でよく出るなあ)、なに着ても似合うし、やっぱり素敵ー、サム・シェパードひさびさに見たけどあいかわらずかっこいいー、と男性陣を見てるだけで楽しかった。ストーリーは、まあなんだかどうでもいいかなあこれじゃあ話題にならないかもなあという感じだったけど。

  • 良質のラブコメに出会う難しさを痛感させてくれた作品。

    ユマ・サーマンがキャリアウーマン、彼女の婚約者がコリン・ファース、というたったそれだけで賭けに出てみましたが、見事に敗北しました。
    面白いと思った瞬間がほとんどなかったです。

    強いて言うなら、朝日の入るベッドルームに新聞を片手に入ってくるウエストコート姿のコリンは最強に格好良かったし、口いっぱいにハムスターよろしくお菓子だかなんだかを詰め込んで喋るコリンも、体張ってるなー!という可愛さがありましたが、本当にそれだけ。

    ユマ・サーマンの美しさを全然有効活用できていない気がします。ドタバタしているからというのは理解できますが、せっかくのブロンドが半数以上のシーンで汚く見えてて、どこがキャリアウーマンなのだ…と白目を剥きそうになりました。

    ユマ・サーマンの相手役になる男性と恋に落ちる経緯もきっかけもわざとらしいし、不自然だし、何がしたいのかよくわかりません。そもそも、相手役の俳優さんを格好良いと思えませんでした…。

    ユマ・サーマンのお父さんのエピソードもよくわからない。人は見た目じゃわからないのよ、といったメッセージ性があるのかもしれませんが、だからなんなのだ、と言いたい。コリンが愛らしすぎて、「あいつは安全パイだからな」とか皮肉を言われても、見ているこちら側は「安全パイのなにがいけないんだ!」と思ってしまう。キャスティングミスですね。コリンの好感度を見誤っていると思います。

    エンディングで妊娠しているユマ・サーマンの描写も、いったいどういう意図があるのかがわかりません。というか、なんであの男は、ユマが仕事をしている最中にそばにいるのだ。自分も仕事をしていてくれたまえ。

    コリンが出ているラブコメ作品でも、すべてを好きになれるわけではないということを学んだだけの作品でした。

  • なんか「こんなもん??」って内容。
    豪華メンツなのになぁ~~。
    この豪華な俳優達だからこのような「まだ見られるドタバタラブコメ」になったんだろうな。すごいなハリウッド
    ユマサーマンの普通の役(アウトローじゃないって意味)をはじめて見た。
    コリンはこーゆーの上手いよな~~

  • まあ、どこに運命の(だと感じる)相手と出会うかは分からないもんだし、結婚式が迫ってる時に「本当にこの人でいいの?」と考えてしまう人もいるのだろうけど、それはそれ。この人たちにとってはソレで良かったのでしょう。観てる側としては無理やり流されてる感がアリアリでしたが、個人的に英国コリンと消防士ジェフリーが観れたので良かったです(笑)関係ないけど、インドの曲ってどうして首を左右に振りたくなるんだろうね。

  • New York 結婚狂騒曲の原題はThe Accidental Husbandだって。なるほど~。
    バカバカしいけど軽いノリで気軽に見れた。
    ユアマーサン、ベラミではギスギスして変な人と思った。この映画の時はまだ若いユアさんだけど決して美人だとは思わない。でもスタイル抜群で雰囲気がいい。彼女はゲイリー・オールドマンとかイーサン・ホークの前妻だそうだ。驚き。
    男性の主役はコリンファースだと思って観たら違ってた。メインはジェフリー・ディーン・モーガンでコリンはわき役だった。コリンがほとんど出る幕なしとは信じられない!
    確かにコリンは英国紳士で魅力的だが今回は型破りな人が結婚相手になる話なんだから仕方がない。
    スパナチュにも出てるジェフリー・ディーン・モーガン魅力的だった。どっちかと言うと赤井英和的な雰囲気だ。


    ユマ・サーマン
    コリン・ファース
    ジェフリー・ディーン・モーガン

  • ジェフリー・ディーン・モーガンがハビエル・バルデムに似すぎている。しかしユーモラスでかわいい作品ではあった。

  • んーーあんまり記憶に残らない内容。
    キャストが勿体無い。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする