グリフィン家のウェディングノート [DVD]

  • 106人登録
  • 3.13評価
    • (3)
    • (11)
    • (30)
    • (6)
    • (2)
  • 20レビュー
監督 : ジャスティン・ザッカム 
出演 : ロバート・デ・ニーロ  キャサリン・ハイグル  ダイアン・キートン  アマンダ・セイフライド  トファー・グレイス 
  • ポニーキャニオン (2014年6月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013665460

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

グリフィン家のウェディングノート [DVD]の感想・レビュー・書評

  • まずは、ロビン・ウイリアムスの笑顔が見られるだけで嬉しいんだけど。
    こんな大女優の二人が楽しそうに下ネタ演ってることに、感心。
    アマンダの花嫁姿は相変わらず可愛いなあ。ボートに乗った時に「マンマミーア」が始まっちゃうかと思ったよ。
    そして、池の畔のウエディング会場が夢のように美しい!

  • 公開時に見たかったのに見逃したので、レンタルで。
    普通に、コメディで笑えて(でも下ネタ多い?)、かつ、心温まる楽しい映画だった。まあ、平凡といえば平凡かも。
    とにかく出演者がゴージャス。ロバート・デニーロ、ダイアン・キートン、スーザン・サランドン、ロビン・ウィリアムス。まあ、もったいないといえばもったいないかも。
    ダイアン・キートンのファッションや、いかにもお金持ちな家を見てるだけで楽しい。

  • ロビン・ウィリアムズ目当てで鑑賞。
    彼の登場シーンは多くはないけれど、神父姿が
    様になっている。
    あの笑顔だもの。
    お話は、とあるカップルの結婚にまつわる家族の
    どたばたコメディで、軽く楽しむにはいい感じ。
    豪華キャストがなんともぜいたく(笑)

  • 養子である末っ子が結婚することになり、父と離婚した母がやってきた。母と現在の父の妻は親友で、かつて自分の夫を取られたという因縁がある。
    そして旦那と離婚寸前の姉や未だ童貞の兄、そこに実母が姉とやってくるという。
    敬虔なクリスチャンの彼女には離婚のことは伝えておらず、元夫婦が夫婦として結婚式に出席する羽目になり、現在の奥さんは拗ねてしまう。

    バタバタしながらも幸せでおかしな家族が愛おしい。

  • ハチャメチャなのは想像していたけれど、この映画最高!
    全員がハチャメチャ。でも、愛がいっぱいで
    笑顔で見られる映画でした。

  • 実際にこんな家族だったら洒落にならないけど(笑)ハチャメチャで。でもハッピーな気分になれて良かった。

  • 大好きな俳優さんたちが出ているので借りました。が、しかしなんて云うかやりたい放題のハチャメチャ。いろんな夫婦同士が入り乱れまくり…デニーロのまあいいじゃないか!みたいなキャラには呆然。しかも最後の砦だと思っていたダイアンキートンまで…コメディにあったのでこういう面白さもあるのかな…。

  • デニーロがお父さん役だと大抵なんとか面白い。大きな盛り上がりはない印象。もっとブッ飛んだキャラクターがいたら楽しめたかもしれない。こんなに豪華な俳優がそろっているのだから。

  • 字幕: 現在不明

    何も考えずに観るには丁度いいかな。
    よくある話で展開も読めるけど、よくまとまっている。

    しっかし、贅沢なキャストだ。

  • いきなり下品な上、途中まで見ても面白くなく、ただただ下品である為に断念。

  • 90分映画としてまとまってるし、楽しめた。べたべたな恋愛ものでもないのに、見終わって、あー結婚っていいなってなんだか思ってしまう。

    愛のかたちは様々、っていうセリフが最後にあるけれど、紆余曲折それぞれ抱えるものや秘密をこえたあとにこのありきたりな言葉がしみる。

    スピーディーな展開と、自分勝手なキャラクターたちの姿に笑えた。

  • 面白かったぁ。
    ロビン・ウィリアムスがいた!笑顔の似合う神父さま。
    キャストが豪華!でぇ。
    ロバート・デ・ニーロ。 ダイアン・キートン。

    アタシは正直だと思いましたぁ。みな!

    養子として向かい入れた次男の結婚式に集う面々…
    別れた妻、その後の彼女。親友⁉︎
    えっ。妻と新婦のお父さまが…
    えー。その奥様は実は…
    次男の実母、妹。次男の姉、兄。
    みんな、いろいろ。いろいろあって、楽しい、じゃん!

  • 養子の息子の結婚を機に起こる、家族のドタバタなお話。

    離婚した元妻と現在の彼女が、あんなにサッパリいられるのがすごい。

  • うーん…。
    物語が破綻している等ではないので星2つは辛いかも知れないけれど、これだけ名優が揃っていてこれか、というがっかり感が…。
    設定は悪くなかったんだけどなー。
    いい話に持っていきたいのか下ネタコメディに持っていきたいのか、どっちにも振り切れずに中途半端だった。
    残念。

  • えー……。なんか誰にも感情移入できず。
    なんでわかれた妻とまた寝るわけ??んでもって次の日、なんでもないよーに新しい奥さんと別れた妻が話せるわけ…???
    なぞです。

    気づけば2本連続でロバートデニーロだった。
    新しい奥さん役が、「天使にラブソングを」で修道院長だったマギー・スミスに見えてしかたなかった。なんか似てない…?年齢的にありえないんだけど。笑

  • キャストが豪華で
    話はいたって普通。

  • とにかくキャストが豪華!
    ロバート・デ・ニーロ
    キャサリン・ハイグル
    ダイアン・キートン
    アマンダ・セイフライド
    スーザン・サランドン
    ロビン・ウィリアムズ
    と言う錚々たるメンバー!

    でも内容は何だか最近観た作品とダブるような…それが何だったかは思い出せないんですけどね。
    何故こんなに豪華なキャストにしたのか?!って言うくらい、地味なキャスティングがしっくり来る作品と言うか、外国映画にありそうなストーリーと内容。

    まあ確かにこのキャスティングでなきゃ観なかったとは思いますが、それにしても勿体無いような気にさせる配役。もうちょっと面白くできたような。

    名前も知らない演者たちなら逆に“思ったより面白かった”と言う評価になりそう。本作もシンプルで面白いことは面白いんですけど、やっぱり勿体無い感が。

    よくある量産型コメディにこのキャスティング…有名になり過ぎてこう言う作品に飢えてるのかしら。悪い作品ではないんですよ!私は好きですけど!

    最初血縁関係ちょっとこんがらがりましたが、すぐ慣れます。長男と養子の外見が似てるんだよなあ。

    プールの飛び込み台のシーンと、教会の懺悔室のシーンが特に好きです。

  • ドロドロぐっちゃぐちゃ。で、ハッピーエンドという何てことない映画。
    デ・ニーロ、ダイアン・キートン、スーザン・サランドン、アマンダ・セイフライド、ロビン・ウィリアムズと豪華過ぎる面々がそれぞれちゃんと演じてるけど、結局ごちゃごちゃ。

全20件中 1 - 20件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

グリフィン家のウェディングノート [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

グリフィン家のウェディングノート [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

グリフィン家のウェディングノート [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする