リオの男 [DVD]

  • 17人登録
  • 3.71評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : フィリップ・ド・ブロカ 
出演 : ジャン=ポール・ベルモンド  フランソワーズ・ドルレアック  ジャン・セルヴェ  シモーヌ・ルナン  アドルフォ・チェリ 
  • ポニーキャニオン (2014年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013664067

リオの男 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 1964年、フランス映画。監督はフィリップ・ド・ブロカ。
    主演はジャン=ポール・ベルモンド、共演のヒロインにはフランソワーズ・ドルレアック。

    パリの美術館から古代ブラジルの石像が盗まれた。その石像を管理していたカタラン教授(ジャン・セルヴェ)とカタラン教授の友人の娘であるアニェス(フランソワーズ・ドルレアック)は早速に美術館に駆けつける。そこで何とカタラン教授も誘拐されてしまう。折しも軍の休暇で恋人アニェスのもとにやってきたアドリアン(ジャン=ポール・ベルモンド)であったが、さらに目の前でアニェスを誘拐されてしまう。
    アニェスを追うアドリアン。ついにはアドリアンは空路リオ・デ・ジャネイロにやってくることに・・・。

    ドタバタ活劇のアドベンチャー・コメディ映画です。DVDジャケット裏の解説には『ルパン三世』や『レイダース 失われたアーク』の元ネタとも言われると記載されています。
    確かにどちらかというと『レイダース』に近い物語展開の映画だったかもしれません。これにドタバタ活劇が加わるといった感じかな。
    全体を通しての基本線が宝探しというところも似ているのですが、ただ『レイダース』と比べてドタバタの方に重点が置かれていたせいか物語的にはダレ気味で発散傾向にあって、ただただ冒険ネタが繰り返されているといった趣がありました。
    主人公のジャン=ポール・ベルモンドが最弱で軽いノリといった人物設計も影響していたかもしれません。もっともジャン=ポール・ベルモンドというと、なぜだかこういう役回りがピッタリ!と思ってしまうのですが。(笑)
    そういう意味では、ジャン=ポール・ベルモンドがこのノリで、アクションにつぐアクションを行いながら息をもつがせずずっと冒険している映画だったので、ジャン=ポール・ベルモンドのファンの方には堪らない一作だったことでしょうね。

    まっ、個人的には何と言ってもフランソワーズ・ドルレアックです!美人ですね~!いいわ~。いいわ~。(笑)
    下着姿にもなってくれたし、いうことはありません。♪
    いや一つだけ、あのデカパンだけはやめろ~!60年代の若い女性の下着ってそうだったのか・・・?(笑)
    フランソワーズ・ドルレアックはこの年に人気が爆発したとのことですが、さもありなんですね。ずっと見惚れていたい女優さんですね。(^o^)v

    せっかくの面白いネタと美男?美女のヒーロー・ヒロインだったのに映画の構成で残念な作品になってしまっていると思いましたが、この映画はシリーズになっているようなので、やはりジャン=ポール・ベルモンド恐るべし!(笑)
    数々の体当たりな冒険シーンとフランソワーズ・ドルレアックの美貌に敬意を表して、星4つにしときまひょ。

  • ジャン=ポール・ベルモンドが、パリ、リオ、ブラジリア、アマゾンへと大活躍の一週間。
    軽妙でコミカル、でも、アクション満載(スタントなし!)、それでいてスタイリッシュな感じが良いですね。
    彼女役のフランソワーズ・ドルレアックさんは、カトリーヌ・ドヌーヴのお姉さんなのね。
    少しすっとんでいる(クスリを盛られたせいもあるのだけど)美人さんっぷりな演技が秀逸です。夭逝が悔やまれます。

    現在、サッカーのワールドカップ中、そして、オリンピックも行われるブラジルの50年前の姿が見られます。
    けど、絶賛建築中な感じ、ファヴェーラ、アマゾンとブルドーザーな感じは変わらんのだろうなと思いながら見てました。

  • 1964年のフランス映画。ジャンポール・ベルモントが主演。
    どうやら「ルパン三世」の基になっているそうで。
    とにかくアクションが多い映画。
    走って逃げて、真っ白なジャケットが埃まみれになるし
    フィアンセは連れ去られるし、飛行機の場面とか
    木から降りるとこもそうだけど
    とにかくドキドキハラハラするシーンが多い。
    この時代にそれ?!大丈夫か?!みたいな。
    その割りにはコメディの要素もしっかりあって、現代の映画にはない見応えとかもあると思う。
    BGMの使い方も素晴らしい。
    フィアンセ役のフランソワーズ・ドルレアックとっても可愛いし。
    最後のオチももちろん、ストーリーの流れも申し分ない。
    とにかく満点。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

リオの男 [DVD]はこんな映画です

ツイートする