破門 (角川書店単行本) [Kindle]

  • 54人登録
  • 3.64評価
    • (4)
    • (8)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 黒川博行
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (368ページ)

破門 (角川書店単行本)の感想・レビュー・書評

  • その筋の方々の活躍される(笑)ストーリーで最初はなかなかついていけなかったのですが、後半は一気に読み切りました。結果的には面白かったですね。

  • 【144冊目】直木賞受賞作。「疫病神」シリーズ第5作目。ヤクザ・桑原と、いい加減男・二宮の冒険譚。裏社会とかヤクザとかのことが勉強になるかと思って読んだけれど、さほどでもなかった。さらっと読める便所用小説。

    二人の小気味の良い会話が楽しい、というぐらいのもんか。シリーズを読破している人にはクライマックスも意外な展開なのかもしれないけれど、僕にとってはまぁ「ふーん」って感じ。

    ただ、「テラ銭」とか、バカラ・ブラックジャックのやり方は勉強になりました笑

  • 「破門」(黒川博行)電子書籍版を読んだ。あー面白かった。このシリーズは続けてほしいなあ。桑原と二宮の会話の面白さは関西弁だからこそなんだろうな。

  • 疫病神シリーズ
    会話文のテンポの良さが相変わらずよい
    ただ、ギャンブルについてダラダラと記述が続いたり、ちょっと弛みがちでマンネリ化しつつあるか。
    旅行などの時に読む分には手軽でよいかも

  • 直木賞のど本命、疫病神シリーズの第五弾。3作目から少しマンネリ化したようにも感じていたが、今回は本領発揮と云う感じだ。特に、桑原の破天荒ながらもしたたかな、何ともいえない微妙な雰囲気がにじみ出ていて良かったと思う。
    ラストは少し哀れな気もしたが、次回では何事もなかったかのように登場してくるのではないかという予感がする。

  • 面白いんだが後半疲れた。暴力過多。

  • テンポ良い関西弁の掛け合いで、殆どの物語が進む。 ので、読むと言うより、耳で聞いてたような感じ。 嶋田さんが白竜のイメージだった。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

破門 (角川書店単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

破門 (角川書店単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

破門 (角川書店単行本)はこんな電子書籍です

破門 (角川書店単行本)の単行本

ツイートする