V/H/Sネクストレベル [DVD]

  • 36人登録
  • 2.87評価
    • (1)
    • (4)
    • (9)
    • (9)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : サイモン・バレット  アダム・ウィンガード  エドゥアルド・サンチェス、グレッグ・ヘイル  ギャレス・エヴァンス  ジェイソン・アイズナー 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2014年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427657212

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

V/H/Sネクストレベル [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 1のが個人的に好き。
    ありきたりがおおかったからいまいち好きではない

  • 非常に凝った作りで面白かった。オムニバス作品なんですね。トレイラーを観た時、この物語はどうやって繋がって行くんだろうって考えちゃいました...どうしても断片的ですしね(笑)幽霊、ゾンビ、悪魔、宇宙人ってどうやって絡めるの?収集付くのか?って…(笑)
    GoProを上手く使って物凄い臨場感を生み出しているのがこの作品の凄い所で、実際に起っている出来事を追体験したみたいなこの感触と云えばいいのか、何とも奇妙な肌触りの悪い感触が残っているのが素晴らしい。してやったり!ってトコでしょうね。面白かったです。

  • オムニバス短編ホラーの続編?。実は私はこちらを先に観てしまいました。悪魔崇拝カルトあり、ゾンビあり、宇宙人ありと何でもござれの短編集で楽しめました。このくらいの短さの方が作り手の才能を発揮しやすいのかなと感じてしまうほど感心しました。オムニバスといえばトワイライトゾーンやアメージングストーリー、クリープショーをリアルタイムで観て来た世代ですが、POVの安っぽさを差し引けば(むしろそれが良い効果をもたらしているのかもしれない)十分に楽しめ、ホラーで私が求めるドキドキし興奮できる内容でした。

  • 新進気鋭のクリエイターが集結し、ファウンドフッテージ形式で描かれたホラーオムニバス「V/H/S」シリーズ第二作目。

    今回の監督は「サプライズ」のアダム・ウィンガード、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のエドゥアルド・サチェス、「ホーボー・ウィズ・ショットガン」のジェイソン・アイズナー、「ザ・レイド」のギャレス・エバンスなど。見事に観たことある、しかもそこそこ面白い映画の監督が集ったわけだけど、これがまた前作以上に面白い仕上がりになってた。

    それぞれの作品のあらすじは割愛。アダム・ウィンガードは義眼POVという新たな試み。義眼にカメラを埋め込まれた男の視線の映像は斬新だった。エドゥアルド・サチェスはブレアウィッチを彷彿とさせる怪しげな森から始まったと思ったら、まさかのゾンビPOV(笑)これはなかなか面白く、映像的にもグロくて凄い。この短さだから許せる部分もあるがストーリーも面白かった。

    ギャレス・エヴァンスは「ザ・レイド」で見せた独特のテンポがPOVになっても健在。新興宗教の取材という設定でドキュメンタリータッチに描いていくんだけど、物語は思わぬ方向へ・・。これが一番面白かったと思う。CGも多用しているので、もっとお金かけて1本の映画にしてほしいと思うほどおぞましい映像とストーリーだった。ジェイソン・アイズナーは前作でもあったSFホラーPOV。犬視点は斬新だったけど、オオトリにするにはイマイチな内容。自身のトラウマを題材にしているからか、なんか全体的にぼんやりしてるw

    前作と比べ物にならない出来。是非ともシリーズ続けて欲しいけど、正直もうVHSって部分こだわる必要ないのかなーと。なんでGoproとかで撮られた鮮明な映像をVHSに録画してんの?っていう不自然さはどうしても気になるし。トータルで、非常に面白い作品でした。

  • ○日本語字幕
    ×日本語吹き替え
    *
    *
    *
    前作との繋がりなし。
    一瞬ちらっと前作が映るけど、知らなくても問題ないレベル。
    よく出来てはいるけど、一本が長かった。
    前作の方がコンスタントに進んで面白かった。

  •  ホラーオムニバス映画第二弾。
     行方不明になった青年を探す探偵は青年の家に大量のビデオテープを発見するが、その中身は驚愕の内容だった。。。

     あれ?前作に比べて明らかに単調でつまらない。あまりにひねりがなく、ただただ過ぎていく感じ。
     一応、各話は全てGo2Proなどの高性能なカメラがあったから撮れたものばかりで、それが何故かビデオテープに入っているという面白い設定なのだが、でもそれだけ。。。

     頑張る方向を間違えてしまった残念な作品。

  • 制作年:2013年
    監 督:サイモン・バレット
    主 演:
    時 間:96分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch


    〈TAPE49〉
    失踪した青年の捜索依頼を受けた私立探偵のラリーと助手のアイーシャは、青年が滞在していた古い一軒家に忍び込み、大量のビデオテープと血痕を発見する。
    手がかりを求めてアイーシャはテープを再生し始めるが、そこに映っていたのは想像を絶する恐るべき映像だった。
    やがて彼女は1本また1本と、取り憑かれたようにテープを再生していく……。
    〈PHASE I CLINICAL TRIALS〉
    ヘルマンは事故で左目を失い、視覚野に人口器官を取り付ける手術をするが、無料手術の代償としてその目にデータ収集のための録画チップを埋め込まれてしまう。
    家に戻った彼が夜目を覚ますといつもとどこか様子が違う。
    ベッドに人が寝ているような膨らみを見つけ、血まみれの男性や見たこともない少女が目の前に現れる。
    混乱しバスルームに逃げ込み一夜を過ごすヘルマンだったが、翌朝、病院で見かけた少女クラリッサが家を訪ねてくる。
    実は彼女も人口内耳を入れられ、普通の人には聞こえないものが聞こえるのだという……。
    〈A RIDE IN THE PARK〉
    マイクが早朝、公園で自転車を走らせていると、突然怪我をした女性がマイクに助けを求めてくる。
    さらにその後方からは怪しい追っ手が。彼女を助けようと近づいた途端、マイクは咬まれ、必死に逃げるがその場で倒れ気絶してしまう。
    偶然通りかかったカップルがマイクを見つけ、助けようとするが、今度は逆にマイクが彼らに咬みつく。
    公園内では、咬まれた人々が蘇り、さらに別の人を襲うという悪夢のような光景が繰り広げられていた……。
    〈SAFE HAVEN〉
    マリク、レナ、アダム、ジョニの4人は、“天国の門”を信仰する宗教団体を取材することになり、森の奥にある施設を訪れる。
    そこでは子どもたちや信者が一緒に生活をしていた。
    父と呼ばれる司祭を取材していると突然「時間だ」と言い出し自身の腹を刺す。
    信者や子どもたちも次々とお互い殺し合い、地獄と化す中、4人は必死で逃げ出そうとするが……。
    〈SLUMBER PARTY ALIEN ABDUCTION〉
    両親が出かけ、子どもたちだけで過ごすことになったランディとゲイリー。
    悪友を呼び、家の前の湖で泳いだり、愛犬にカメラを付けたり、姉のジェンがセックスしているところに乱入したりといたずらをして楽しんでいた。
    だがその夜、居間で雑魚寝をしていた彼らに突然強烈な音と謎の光が襲いかかる……。

  • オムニバス風のPOV続編。前作より完成度ははるかに高い。ただしエイリアンの着ぐるみは除く。

  • やりすぎて、もはやギャグの域に達している。…まあ嫌いではないです。しかしすべてのお話の展開があまりにも脈絡なさすぎるw(そういうテーマなら別にいいのですが)
    取り敢えず作れるまでは何本でも続編作りそうですが、まあ暇潰し程度になら見続けてもいいかなー。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

V/H/Sネクストレベル [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

V/H/Sネクストレベル [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする