ファインド・アウト [DVD]

  • 67人登録
  • 2.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (9)
    • (13)
    • (1)
  • 7レビュー
監督 : エイトール・ダリア 
出演 : アマンダ・セイフライド  ジェニファー・カーペンター  キャサリン・メーニッヒ  エミリー・ウィッカーシャム 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2014年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967075656

ファインド・アウト [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 統合失調症の話かとおもったらどんでん返し。酷い日本映画を2本観た後だけに、しっかりした物語を描くハリウッドの映画力を感じてしまつた。

  • 誘拐された女性のその後。
    なんとなく想定外。悪い意味で。

  • [鑑賞方法:レンタルDVDにて]

    ■感想
    行方不明になったモリーを姉であるジル(アマンダ・セイフライド)以外誰も探そうとしないのには呆れた。いくら虚言癖があるからと言っても彼女自身、一度誘拐され殺されかけたトラウマと自分の身を守るため。それを知っていて相手にしない警察のマヌケさに興ざめ。

    誰もかれもがジルを妄想扱いなのは酷過ぎる。モリーの恋人でさえ「行方不明のままだ 何かあったんだ」と言っているのに、それでもジルを捕まえることを優先している警察の無能さ。フード刑事が動いてくれれば少しは様になったのに、雰囲気だけを醸し出して、後は何もせず。これだからストーリーとしての面白さが発展せず。

    ただ単にサスペンスと言うより、ジルの「妄想か?」それとも「事実か?」を最後まで引っ張ることで観客、視聴者をハラハラさせたかったんだろうけど、ストーリーの運び方と見せ方を完全に失敗している。

    恐怖心も謎解きの要素の楽しみもない。調味料で言えば、スパイスが足りないんだよ。メリハリもない。

    最後の最後で警察たちがギャフンとするところを見せてくれれば、少しはスカッとしたんだろうけど、それすらなかったので消化不良。脚本と演出が悪いのか? 監督が悪いのか?

    ……ところで、レイ・ボーズマン警部補役がマイケル・パレだったとは! しばらく見ていない間に年をとってルックスがだいぶ変わっていたので気づかなかったよ。私が高校生の頃はファンだったのにぃ。

  • ジルは何者かに誘拐されたが自力で逃げ出し、警察に助けを求めた。しかし、誘拐があったという証拠はどこにも見つからず、彼女の妄言ということで片付けられてしまうのだった。
    それから一年後、今度は彼女の妹が姿を消してしまう。自分を誘拐した犯人によるものだと考えたジルは、一人で犯人を追うことを決意する。

    現実か?妄想か?で引っ張る展開は引き込まれますが、結局犯人は「誰?」という感じですし、思わせぶりな伏線も転がせたまま。警察は無能で、唯一味方だった新人警官の存在意義もなく、拙劣に感じる脚本で残念です。

  •  「マンマ・ミーア!」「レ・ミゼラブル」のアマンダ・セイフライドが、周囲に信じてもらえず孤立無援のまま掠われた妹を必死に捜すヒロインを演じるサスペンス・ミステリー。共演にウェス・ベントリー、ジェニファー・カーペンター、ダニエル・サンジャタ。監督はこれがハリウッド・デビューとなるブラジル出身のエイトール・ダリア。
     ある日、妹が失踪し、何者かに拉致されたと訴えるジル。彼女には1年前、自らが拉致監禁されたと訴えた過去があった。その時の捜査では何も証拠が見つからず、彼女の妄言として事件は処理された。そのため今回ジルが、妹は自分を拉致した犯人に掠われたに違いないと必死に訴えても、警察はまったく取り合おうとしないのだった。もはや一刻を争う状況に、ジルはたった一人で妹の捜索に乗り出すのだったが…。

  • アマンダ主演のサスペンス。可憐なイメージ固定を脱却したいのかな。大きな美しい瞳、輝くブロンド…どんなに汚しても魅力は変わらない。マンマミーアのような笑顔のアマンダが好きだけどな。
    最後までけっこう惹きつけられた割には犯人弱すぎて…わけわかんない。

  • アマンダがフードかぶって隠れてる所が本当に可愛かった。内容はありがちですが、彼女が可愛いので良し。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ファインド・アウト [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ファインド・アウト [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ファインド・アウト [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする