すべては君に逢えたから(初回限定生産) [DVD]

  • 110人登録
  • 3.35評価
    • (9)
    • (15)
    • (18)
    • (10)
    • (2)
  • 22レビュー
監督 : 本木克英 
出演 : 玉木宏  高梨臨  木村文乃  東出昌大  本田翼 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2014年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967077643

すべては君に逢えたから(初回限定生産) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クリスマス直線の東京駅を舞台に、世代も境遇
    も異なる10人の男女が織り成す6つの愛の形を
    綴る群像劇です。
    東京と仙台で遠距離恋愛中のカップル、憧れの
    先輩への告白を決意する女子大生、不治の病を
    患い退職した新幹線の運転手。
    彼らのストーリーがクリスマスに向けて絶妙に
    絡み合う展開は「ラブアクチュアリー」を思い
    出しました。
    6つの恋愛オムニバスストーリーという面白い
    形式から、最後にすべてつながるという展開に
    驚かせされました。
    2012年に復原工事を終えたら東京丸の内駅舎
    のライトアップされた赤レンガや美しい北ドー
    ムがストーリーを盛り上げていてテーマソング
    も印象に残りました。
    東出昌大さんと木村文乃さんの演技も素敵だと
    思いました。

  • 本木克英監督、橋部敦子脚本、2013年作。玉木宏、高梨臨。木村文乃、東出昌大。市川実和子、甲斐恵美利。時任三郎、大塚寧々、山崎竜太郎。本田翼、倍賞千恵子、小林稔侍出演。

    <コメント>
    •東京駅の夜景がとても綺麗に撮れている映画。この点は☆5
    •5話同時並行のオムニバス。「イヴの恋人」が意表をつく展開で面白い。玉木宏は演技はもちろん付録のインタビューなどで見るとしゃべりもうまい(他にうまいのは、さすがの倍賞さん)。「二分の一成人式」は病気告白のシーンに我が子を当てはめてグッときた。
    •「遠距離恋愛」はあまりにありきたり、「クリスマスプレゼント」は起伏がないストーリー。
    •東出、木村、インタビューされたときのプレゼン能力を訓練したほうがいい。本田さんの演技だとピンはきびしい。

    <あらすじ(ネタバレ)>
    同時並行タイプのオムニバス。
    「遠距離恋愛」…東京で服飾に勤める雪奈(木村)と仙台で建設会社勤めの拓実(東出)が、上手くいかなくなった遠距離恋愛を、東京駅で待ち合わせをして乗り切る話。
    「イヴの恋人」…孤独が好きなウェブデザイン会社社長の黒田和樹(玉木)が、演劇に打ち込む玲子(高梨臨)と偶然出会い、途中お互いの行き違いはあるが、最終の演劇発表の後に、高知に帰る深夜バスが出る東京駅のバス停で再開して結ばれる話。
    「クリスマスの勇気」…クリスマスイブにカラオケで好きな先輩に告白することを友達から提案された菜摘(本田)だが、バイトを理由に断る。バイト先のケーキ屋の店主、琴子(倍賞)は、昔の恋人が、その家族の反対にあって駆け落ちしようと東京駅で待ち合わせたが来なかったと菜摘に話す。イブの夜、その恋人の兄(小林)が現れ、待ち合わせを止めたのは自分であること、彼はもう亡くなったことを話し、形見に死ぬまで持っていた新幹線の切符を渡す。駆け落ちに使うはずのものだった。菜摘はカラオケに行って先輩に「アタック」することにする話。
    「クリスマスプレゼント」…孤児を預かる教会であかねはいつかお母さんが迎えに来ると信じている。クリスマスカードをもらったあかねは、それが日本語で書かれているから、サンタではなくお母さんからの手紙だと喜ぶ話。
    「二分の一成人式」…新幹線運転手の正行(時任)は余命3ヶ月で運転手を辞め、家族と過ごすことにする。仕事に行かず口うるさい正行に息子の幸治(山崎)はウンザリするが、妻の沙織(大塚)と行った「二分の一成人式」で、幸治は父への尊敬を示す発表をする。イブの夜、死期が近いことを幸治に伝えた正行は、二十歳の幸治に宛てて手紙を書く話。

  • かるーく、冬の時間のあるときに見るにはちょうどいいかな。
    内容は薄いです。
    この映画は、あちこち行ったり来たりせず、一つ一つオムニバスで組んだ方が好みだった。それぞれのストーリーにあまり重要な繋がりはない。
    小説作品のたまに他のシリーズに主役がエキストラで登場するくらいの関係。

  • うーん…オムニバスものはやっぱり洋画に負けるか…同じクリスマスが舞台のLOVE ACTUALLYに比べると…。本田翼の演技と、木村文乃の役が苦手すぎて観ていられなかった。。

  • イブの恋人、遠距離恋愛、クリスマスの勇気、クリスマスプレゼント、二分の一成人式、遅れてきたプレゼント。クリスマスイブはたった1年に1日。その1日に生きてる人たちには、さまざまな驚くことが起こる。あっという1日だけど、いろんなステージと共存していて、精いっぱい前に歩いてる。普段は見れるはずのない人間模様が一気に見れた愛にあふれた贅沢な1本。涙が止まらなくて平日に見たことを後悔する。赤レンガの東京駅ってほんと趣があるから、ずっとあのままであって欲しい。2015.3.10.

  • 一期一会☆誰かのために生きるっていいですね(>.<)

  • 飛行機の中でみたんだかが,泣いてしまった。。

  • うーんやっぱ、恋愛って3つのingですな。3つのingというのは、大学2年の時に大学4年のサークルの先輩(男)が熱心に教えてくれたものだ。3つのing=ハプニング、フィーリング、タイミング、らしい。今もこの言葉が胸に残っているんだから、相当先輩の言葉が強烈だったんだな。あとは思い切りの良さとか、素直さが大事だと思うなあ。

  • オムニバス形式で「大停電の夜に」と同様にほっこりする作品。老若男女、各年代の心に響くシーンあり。
    家族みんなで仲良くクリスマスを過ごせる幸せを改めてかみしめたい。

  • イギリス映画のLOVE ACTUALLYを彷彿とさせる映画だった。
    本田翼ちゃんのストーリーも完結して欲しかったなぁ〜

全22件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

すべては君に逢えたから(初回限定生産) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

すべては君に逢えたから(初回限定生産) [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

すべては君に逢えたから(初回限定生産) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

すべては君に逢えたから(初回限定生産) [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

すべては君に逢えたから(初回限定生産) [DVD]はこんな映画です

ツイートする