ペコロスの母に会いに行く 通常版 [DVD]

  • 154人登録
  • 3.63評価
    • (17)
    • (26)
    • (34)
    • (2)
    • (3)
  • 38レビュー
監督 : 森﨑東 
出演 : 岩松 了  赤木春恵  原田貴和子  加瀬 亮  竹中直人 
  • TCエンタテインメント (2014年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571390736740

ペコロスの母に会いに行く 通常版 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 離婚して子連れで長崎に戻ってきた売れない漫画家の
    ゆういち。
    母のみつえは、夫に先立たれて以来認知症が進行して
    いた。そんな男やもめで認知症の母を世話するのは簡
    単なことではなかった。
    ケアマネージャーの勧めもありゆういちは悩んだ末に
    みつえを介護施設に預けることにする。
    個性的豊かな面々とグループホームで暮らし始めたみ
    つえにせっせと会いに行くゆういち。
    みつえは次第に若かかりし過去の時代に記憶をさかの
    ぼっていく。
    長崎在住の漫画家岡野雄一のとエッセイを映画化した
    心温まる日常をばかりでしたがフルに描いています。
    切ない場面もありましたが色々考えさせられた作品で
    した。

  • 2013年 日本
    監督:森﨑東
    原作:岡野雄一『ペコロスの母に会いに行く』
    出演:岩松了/赤木春恵/原田貴和子/原田知世/加瀬亮/竹中直人
    http://pecoross.jp/

    昨年キネ旬1位の話題作をギンレイホールで。親の老い、認知症という深刻なテーマを、あえて深刻にしすぎず、悲喜こもごもに描き出してあって、笑って泣ける感動作でした。

    個人的に良いなと思ったのは、そういう介護の現実部分だけではなく、母の過去の記憶、母の生きた人生がそこにちりばめられていたこと。息子の顔すら思い出せなくなっても、幼い頃死んだ妹、酒乱だけど愛していた夫、戦争(長崎が舞台なので原爆のことも)で離れ離れになった親友、それらの記憶は、彼女の中から失われることはない。

    若かりし日の母親役を演じた原田貴和子がとても良かったです。その親友役が妹の原田知世でしたが、原田姉妹は長崎出身なんですね、方言が自然。娘時代の彼女たちの友情が、個人的にはかなりの号泣ポイントでした。小学生のときに白血病で他界した親友からの手紙を、私も今でも大切にしまってあります。その手紙を読み返すたびに「生きなくては」と思わされる。いつか自分が老いて他のことは忘れても、きっとそういう部分は残るのだろうな。

    死とか老いとか忘却とか、いずれ自分にも訪れるものであり、その前にまず親に訪れてしまう恐れはあるのだけれど、この映画を見たら、そんなに肩に力を入れて怯えなくてもいいか、と少し気が楽になります。

  • ぼけて初めて息子にお母さんとしてでなく、一人の女というより人間として見つめ直してもらえるんだったら、ぼけるのも悪くないなぁとか思いました。ペコロスが歌う歌が好きだった。

  • 家族で観たら、いろいろ考えた。ひどい認知症すぎてヒヤヒヤしたり、笑えたり。年を重ねるほどまた赤ちゃんに戻るっていうの本当なのかな。ほんと、ボケるとも、悪かことじゃなかかもしれん!笑
    原作がエッセイ漫画を描く岡野優一さんの「ペコロスの母に会いに行く」ということ。九州長崎の話でランタン祭りも映像が綺麗で、とてもよかった。愛でいっぱいだった♡
    2015.1.2.

  •  認知症の進行していく母に向き合うことを余儀なくされるペコロス。その日常の断片を切り取った4コマ漫画は、ジグソーパズルのピースに過ぎないのに、笑いとペーソスに溢れていて、一気に読まされてしまったのだった。
     長崎出身の森崎東監督は、映画化に際し、その一つ一つのピースをうまくつなげ、終末を間近にした一人の女の半生をひとつの物語に仕立て上げている。
     この映画は、2013年のキネマ旬報日本映画ベストテンで1位となるなど高く評価された。それは、森崎監督が、原作の漫画に通奏低音のように流れていたメッセージを、ラストシーンで象徴的に映像化することに成功しているからに違いない。
     眼鏡橋の欄干に佇み亡き夫や幼友達を思い出しているペコロスの母。認知症がかくも美しい映像として昇華・結晶化された例を私は知らない。
     「ぼける」とは、追憶の中に生きるということなのだろう。ここに至って初めて、題名の『母に会いに行く』には、二つの意味が隠されていることに気付かされる。「施設に入っている母に面会に行くことと、追憶に浸る母と思い出を共有すること」である。

  • 笑って泣けて、最高の映画だと思う。
    何より、身近に認知症の人がいる方は是非観てほしい。

    長崎出身の私にとって、長崎弁や長崎の街の風景がものすごく心にしみました。

  • 映画そのものはスルーする。
    後半の眼鏡橋のシーンだけは良かった。

    監督がフーテンの寅の森崎東

    赤木春江が映画初主演(ギネス認定)したのがトリビア
    ※出演ではない。主演である。

    絵はまぁまぁだが、「これでどうだ!泣けるでしょ」と言わんばかりの音のうるささだけは勘弁してほしい。
    ※この映画に限らず、ここしばらくの日本映画の特徴だが…

  • 地味な映画ですが、男やもめで、82歳の母と同居生活の私にとっては、人ごとではない切迫感がありました。それから、今ではスクリーンやテレビ画面でお見かけすることの少なくなった名優たちを見れたことには感慨を覚えました。白川和子さん、穂積隆信さん、正司照枝さん、もちろん赤木春恵さん。名前が出て来ませんが、もっともっといらっしゃいました。懐かしいかったです。

  •  16/3/15 BSプレミアムで放送。2013年、日本映画。監督:森崎東、脚本:阿久根知昭、主演:赤木春恵。

    男やもめの雄一(岩松了)は、息子(大和田健介)と母・みつえ(赤木春恵)の3人暮らし。しかし最近のみつえには認知症の症状が顕著で、若い頃に亡くした夫(加瀬亮)のために酒を買いにフラフラ家を出てしまったり、駐車場でぼんやり1日を過ごしていたりと心配になることが多く、グループホームへ入所させることを決める。

     漫画エッセイも読んだことがあるが、それと同じく、普通なら暗く重くなりがちな介護や認知症について、あったかくユーモアたっぷりに表現されている。だからといって綺麗ごとばかりではなくて、親が次第に自分のことを忘れてしまってショックを受けたり、みつえの過去の記憶として、長崎の原爆や夫の酒乱に悩んで心中を考える姿など、シリアスで真面目な部分もちゃんとあって、その配分が絶妙。特に大きな事件が起こるわけでもなく、お涙ちょうだいな感じではないのに、自然とほっこりしたり、鼻の奥がつんとする感じがしたり。人の生死があやふやになっているけれど、死んだ人とまた約束して会えるから「(忘れることは)悪いことばかりじゃない」、というのはなるほどなぁと。親友と愛する旦那と再会して撮った写真はいい笑顔だったね。一青窈さんの主題歌の歌詞がまた泣けてくる。赤木春恵さんと岩松了さんの空気感というか、やりとりの間が好き。いい映画だったなぁ。

  • おかあさんを思い出してせつなくなった。
    赤木春江、古くは”水漏れこうすけ”のおかあさん。
    息子のハゲ頭を見て”ゆういち~”と思い出す。
    原田貴和子、知世姉妹が出ていた。
    だんなさん役、加瀬亮だったんだ。わからなかった。
    エンディングの実際の写真、親子で(母と息子)おでこをくっつけてる穏やかな表情のふたり。少し泣けた。

    2013年 113分 BSプレミアム
    監督 : 森﨑東
    出演 : 岩松 了 赤木春恵 原田貴和子 加瀬 亮 竹中直人
       温水洋一 佐々木すみ江 原田知世 根岸季衣

    認知症の母みつえと
    バツイチ・ハゲちゃびんの僕
    愛おしくて、
    ホロリ切ない
    僕らの毎日

  • 長崎が舞台

    認知症の母との日常を描いた映画

    であり、戦中生まれの母が昔の思い出を邂逅していき、長崎で戦中戦後を生きた人の哀しみも描かれていく

    思い出の中とはいえ戦中戦後の長崎の話はどうしてもデリケートな扱いになってしまうのか

    なんとなく触れる程度でも描きたい気持ちはわからなくはないけれど

    もっと、かわいくボケたり、めんどくさくボケたりする、かーちゃんとの日常の話をメインにするべきだったのではないかなと思ってしまった

    それでもやっぱり、ランタン祭の眼鏡橋のシーンには涙だった

  • 自分のことを忘れてしまって母が寝ている病室で泣いている場面グッときました。
    生きてきた人生に思いを寄せながら、老いを受け入れながら、一緒に生きていくこと、きっと本当はもっと大変なことなんだろうと思います。素敵な映画でした。

  • 切ない。切ないけど感動する。
    私のような、平和で豊かで物も情報もすぐに手に入る時代に生まれた人間にとって、戦争を体験し、身近な人の死がすぐそこにあって、戦後の貧しさの中で強く生きてきた世代の方々の思いや記憶に、本当の意味で近づくことはできないけれど、この映画で描かれるペコロスの母の生きざまと認知症になった現在の姿を見て、果てしない敬意と、一抹の哀しみを覚える。
    戦中・戦後の生活や認知症の悲惨な側面ばかりにスポットを当てるのではなく、ユーモアや優しさでとても温かい仕上がりになっている。良い映画である。

  • NHK BSプレミアム録画>原作(4コマ漫画)既読。う~~~ん……。ペコロス岡野さん役,岩松さんは良かったと思う。

  • 岡野雄一によるエッセイコミックを実写化。

  • 名のある役者が盛りだくさん。
    グループホームにかわいい人が、と思ったら松本若菜。
    映画としては微妙。

  • やさしい映画でした。
    そしてとっても他人事ではなくて、誰しもに起こることで、このひとたちのように優しくあれるかとても怖くなりました。

  • 制作年:2013年
    監 督:森崎東
    主 演:岩松了、赤木春恵、原田貴和子、加瀬亮、竹中直人
    時 間:113分
    音 声:日:ドルビーデジタル5.1ch、日(視覚障害者用):ドルビーデジタルステレオ


    長崎生まれの団塊世代、岡野ゆういちは、漫画を描いたり音楽活動をしたりと趣味にうつつを抜かし、仕事に身が入らないダメサラリーマン。
    小さいたまねぎ“ペコロス”に似たハゲ頭のゆういちは、今日もライヴハウスでオリジナルソングを歌い上げて悦に入っている。
    そんなゆういちの母・みつえの認知症が始まったのは、夫のさとるが亡くなった頃からだった。
    それから10年、ある時はさとるのために酒を買いに出たところを孫のまさきに見つけられて連れ戻され、またある時はゆういちが帰ってくるのを駐車場で待ち続けて危うく轢かれそうになった。
    さらに、箪笥の引き出しから汚れた下着が大量に出てきたこともある。
    ケアマネージャーに勧められたゆういちは、悩みながらも、みつえを介護施設に預けることにする。
    そこは老人たちが皆で歌を合唱するような明るい雰囲気のグループホームだった。
    女学生時代に戻って恋をしているらしいまつ、誰にでもアメをねだるユリ、隙あらば美人介護士の胸を揉む洋次郎など、個性豊かな面々がみつえを歓迎する。
    しかし、みつえは「“ふせ”(当て布をして繕うこと)ばせんといかん」と部屋にこもり、他の人の目には見えない縫い物をし続けるのだった。
    みつえは10人きょうだいの長女として育った。
    畑仕事でボロボロになった弟や妹たちの服を毎日縫うのがみつえの仕事。
    結婚後もさとるが給料の全てを酒に使ってしまい、さとるの背広やゆういちたち子供の服は“ふせ”だらけとなっていた。
    そんな中、みつえの記憶は少しずつ過去へ遡っていく。ある日、みつえは、さとるや幼なじみのちえこ、8歳で亡くなった妹のたかよが会いに来たとゆういちに語る。
    ゆういちは「ボケるとも悪かことばかりじゃなかかもな」と思い始めるのだった…。

  • 話の流れはほのぼのという感じで少し飽きが来そうなペースではあるけれど、リアルで本当に感動する内容だった。

  • 2015/12/19
    良い、ばあちゃんの化粧が気になる。

  • 感動するかな(-"-)と思った観たのだがそうでもなかった。

    認知症の母が忘れられない過去を息子が手助け?するみたいな感動ストーリーなのだが何故か感動もなく
    印象の残っているのは母が禿げた頭を見ないと息子を認識せず「ハゲ」と嬉しそうに呼ぶシーン
    ちょっとステキだと思いました。

  • 観たい!と思っていたのですが、やっと観られました。ペコロスさんの一緒にいたいけど、それが難しく葛藤するところとか、じーんときました。お母さんは少しずついろんなことを忘れていくけど、思い出の中ではそのときの自分で、生き生きしているのが、とても良かったです。歳をとって少しずつ弱っていっても、感情は残っていて、周りがそれをどれくらい理解できるか、いろいろ考えさせられました。岩松さんも良かったけど、やっぱり竹中直人は、出てくるだけで存在感がすごい。

  • こんだけ可愛いボケだと、まだいいよな〜というのが率直な感想。

  • 認知症の人に接してると「あーもう、大変だ…」ってなることがいっぱいある。
    いろんな事が分からなくなって、いろんな事ができなくなって。
    大変、大変、大変。

    でも、その人らしさとか、言葉遣い、その人の歴史とか大切な人とか、ちゃーんと残ってるのを感じる。

    認知症の人って、頭の中で、いろーんな時代の友達や家族、自分に会いに行ってて、頭の中が忙しいのかなって、ちょっと思ってしまった。

    出てくる俳優さん、みーんなすごく良かったんだけど、その中でも、赤木春恵さんは本当に本当に良かったなー。幸楽のイメージだったけど、印象がガラリと変わってしまった。

  •  大ヒット漫画エッセイの映画化。長崎の街で認知症の母との息子の日々を描く。

     これはかなり力を入れた書籍の映画化だと思う。
     赤木春恵の母ちゃんは完璧。この時88歳で主演の最年長ギネス記録なんだから当然といえば当然か。岩松了のペコロスも本当に漫画の中から抜けだしてきたみたい。
     話の展開も認知症は過去を回想できる意味もあるのではないかという原作のテーマを忠実に謎っている。欲をいえば本のペコロスはもうちょっと笑いがあったかな。
     主題歌は一青窈の書きおろし。原田知世は愛情出演と、とにかく豪華。

     大ヒット書籍の映画化の正しいあり方。

全38件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ペコロスの母に会いに行く 通常版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ペコロスの母に会いに行く 通常版 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする