ウォールフラワー [DVD]

  • 533人登録
  • 3.72評価
    • (46)
    • (94)
    • (68)
    • (15)
    • (4)
  • 72レビュー
監督 : スティーブン・チョボスキー 
出演 : ローガン・ラーマン  エマ・ワトソン  エズラ・ミラー 
  • Happinet(SB)(D) (2014年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953043985

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ウォールフラワー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • すごくよかった!!
    いわゆるはみだし者、友達がいない15歳の男の子が高校に入学して、そこで自分と似たようなはみだし者の仲間を見つけて仲よくなっていって、って話なんだけど、ほろ苦い青春モノで。
    過去のトラウマとかドラッグとか自殺とか、暗い部分もたくさんあるんだけど、いかにも青春って感じの楽しい場面がたくさんあって、楽しくて美しくて悲しい、みたいな。
    舞台が1999年なので、懐かしい感じもあり、流れる曲もみんなよくて。
    「ロッキーホラーショー」を上演するっていうんで、舞台の一場面が見られたのがなんかうれしかった。
    エマ・ワトソンがすごくかわいいし、国語の先生役のポール・ラッドもかっこいいし、ジョーン・キューザックまで出てきたし。
    原作の小説では、もっと文学や映画の話も出てくるというし、いつか原作も読んでみたい。

  • この映画についてやたらと青春映画とか、キラキラした輝かしいものとして宣伝されてる感じがするけど、実際観ると違う印象だった。

    観る前はただ単に内気なからかわれやすい男の子が友達ができて青春を謳歌していくだけかと思っていたが、違った。結構、重たいのだ。それは後半でわかってくる。
    (後半部分に描かれている内容を理解してない人もいる…そこがわからないと、映画の色が全く異なってしまう)

    周囲と離れて、自分たちは自分という世界をもち受け入れてくれる友達って貴重だ。特にパトリックのようなタイプは。

  •  まさに青春映画と聞いてイメージする映画という感じでした。
     エズラ・ミラーとエマ・ワトソンの美しさに惚れ惚れします。
     主演のローガン・ラーマンは知らなかったんだけど、いい役者さんだなあと思ったので、覚えておこう。
     そして先生役がサイダーハウス・ルールのウォリーだったなんて気付かなかった……(こっちのほうを先に見たから)

     チャーリー君が好きでもない女の子と付き合って後悔するときの自分勝手な感じがめちゃくちゃリアルでよかったです。

  • なんかいいな~この映画。
    決して派手ではないのに、甘酸っぱくて、なんだか心地良くて。
    これぞ青春!というような作品です。

    ウォールフラワー(壁の花)のように目立たない主人公。
    一人ぼっちだと思っていた高校で、あるはみだし者の兄妹と出会い、
    徐々に自分の居場所と存在意義を見つけていく物語。

    兄パトリック役のエズラ・ミラーの魅力に惚れ惚れ…
    妹サム役のエマ・ワトソンは相変わらず美人でうっとり。
    こんな兄妹いたら、絶対ストーカーしちゃう(笑)

    内向的な主人公チャーリーが、兄妹の奔放さ、大らかさによって、
    だんだんと表情が生き生きしてくるのが印象的でした。
    これは原作も読んでみたいかも^^

  • THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER
    2012年 アメリカ
    監督:スティーブン・チョボスキー
    原作:スティーブン・チョボスキー「ウォールフラワー」
    出演:ローガン・ラーマン/エマ・ワトソン/エズラ・ミラー
    http://wallflower.gaga.ne.jp/

    エズラ・ミラーで目の保養をしようと思ってスクリーンで観たのですが、思いがけず良作でした。ちょいちょい、エズラ・ミラーの顔ばっかり見てたら字幕読みそびれたりしましたが(笑)。原作が現代版「ライ麦畑~」云々という評判をどこかで見て、ふうん、青春ものね、とあまり期待せずたかをくくっていたのに、単なる友情ものやアメリカン青春グラフィティ的なもので終わらない、一癖も二癖もある捻られたイビツな物語でした。

    主人公チャーリー(ローガン・ラーマン)は内気で目立たない地味な生徒。ひそかに作文が得意で作家を志しているのだけれど、授業中に挙手して意見を言う勇気もない。実は彼が精神を病んで休学していたらしきこと、親友を自殺で失ったことが匂わされ、同時に彼の「叔母さん」にまつわる記憶が断片的にフラッシュバックする。友達も作れない不器用なチャーリーが、勇気を出して声をかけたのが、パトリック(エズラ・ミラー)とサム(エマ・ワトソン)の美しく自由な兄妹(しかし親同士の再婚なので血縁はない)。彼らに受け入れられ、新しい仲間と少しづつ打ち解けてゆくチャーリーは、ようやく居場所をみつけ変わり始めるが・・・

    舞台はおそらく1980年代後半~1990年代初頭で、流れている音楽も当時のもの。スミス、ニューオーダー、ソニック・ユースにコクトー・ツインズ、そして劇中で重要な役割を果たし、エンディングでも流れたデヴィッド・ボウイ。一見平和な学園ライフにそこはかとなく不安定な主人公の精神状態、そういった設定と音楽がエコバニの「キリング・ムーン」で幕を開けた同じく80~90年代舞台の思春期ダークファンタジー『ドニー・ダーコ』を彷彿とさせるせいか、いつかすべて「夢オチ」だったとか怖い結末が待っていそうな予感で、勝手にヒヤヒヤ、ドキドキしました。

    心は通じ合っているのに届かないサムに片思いを続けるも、別の女の子とつきあうチャーリー、ゲイの恋人と喧嘩して荒れるパトリック、表面的には青春群像もののようで、それはそれとしてとても良くできているのだけれど、結局そうして一見ふつうのリア充生活を送っているかに見えるチャーリーの深層が実はまだ癒されておらず、彼らが卒業・進学によって去ったあと、再び幻覚に悩まされ精神病院に入院することになるチャーリーの、ようやく明かされたトラウマなど、簡単には消えないダークサイドの余韻のほうが個人的には強く残りました。

    エズラ・ミラーも美しかったけど、エマ・ワトソンも可愛かった!ハーマイオニーじゃない彼女を見るのは初めてだったけど、大人になっても通用する女優さんになりましたね。メインの3人はいずれも繊細なキャラクターを個性的に演じていてそれぞれ良かったです。

  • エマ・ワトソンいかつい。過去については大々的に明かしてはないけど、想像できる最低限の情報は詰め込んでるから問題ないし、断続的なフラッシュバックはトラウマ的な演出として効果的。

  • パトリックとサムのような人に出会いたかった
    自分の価値をわかってほしい

  • 良作だと思う。
    エズラ・ミラーの雰囲気が独特で、とても興味を惹かれた。

  • 一歩通行の恋愛、ドラッグ、性的アイデンティティの揺らぎ、幼少時のトラウマなど、ありがちなテーマをさらーっとなぞっただけという印象の青春映画。

    高校登校初日の孤独、居場所のなさの描写には、すごくヒリヒリするものがありました。でも共感できたのはここまでで、いまひとつ主人公の心の揺れに共感できなかったですね。案外すぐ友だちもできちゃうし。

    ザ・スミスが青春時代の鬱屈の象徴になっているところは安直で、これがきっかけに男女が意気投合するとか、「(500日の)サマー」と一緒じゃんと思ったり。

  • これも弟に借りた。
    エマ・ワトソン、かわいい。
    エズラ・ミラー、初めて知ったけどかっこいい。

    原作を本で読んでみたい。
    その方が作品自体は理解できそう。

    いやーしかし高校生だったのが
    もうかれこれ10年以上前になるとは…。
    青春、とか、切ない、って感覚は
    最早わからなくなりつつあるね。

  • 孤独なチャーリーの友達になってくれた兄妹。
    ベリーショートなエマワトソン。

  • まずまず。
    繊細な映画ですが、惜しい感じでした。
    国が違えば高校生活はこんなにも変わるのかな?
    留学してみたくなりました。

  • 若いってええな

    無限の可能性や(^-^)/

  • ウォールフラワー、なんっっっでもないストーリーだけど、パーティーのダンスシーンだけで100点!
    エマワトソンかわいい。

  • 17歳はモヤっとしてたなー

  • パーティの壁の花だった少年と姉弟が出会い、卒業までの一時を描いたお話。
    デヴィッド・ボウイのHEROがいい感じに花を添える。

  • 「君はいつも壁際から物事を見極めてる。壁の花(ウォールフラワー)だ」「はみ出し者の島へようこそ」
    いつも教室の隅っこにいるチャーリーは、恋多き奔放なサムとその兄で同性愛者である明るく自由人なパトリックに出逢うことで、つまらない日々から刺激的な毎日を過ごすことに…。爽やかでキラキラした青春映画のような予告に惹かれました。

    ですが予告とは大きく印象が違い、正直戸惑いました。思ったよりも、扱ってるテーマは重かったです。親友の自殺、好きでもないのに付き合っちゃったり浮気されたり、公には出来ない秘密の関係。ちっとも甘酸っぱくなくごたついてドロドロした恋愛。周りからの迫害、今まで仲良くバカやってた友人たちからいきなり見捨てられたり。青春時代の明るくきらびやかな思い出、というよりは思春期独特の、もやもやとした痛々しいものの寄せ集めのようでした。しかし予告をもう一度見てみると、「『ライ麦畑でつかまえて』の再来!」とうたわれていたのを見て、妙に納得してしまいました。あの「ライ麦畑」を読んだことある人なら、よーく分かると思います。

    周りも自分も傷つけてしまう痛々しい出来事も、確かに青春時代独特の思い出ですよね。
    「切なさに胸を焼いた、あの日々が甦る。」この予告は間違ってはなかったんだなぁ、と実感しました。

    個人的にパトリック役のエズラ・ミラーが前から好きだったんですが、この映画を見て更にファンになりました。この役者さんって、妙にセクシーなんだよね…。ただ喋ったり座ってたりするだけで、特に何もしてなくてもセクシーっていう不思議な魅力溢れる役者さん。役としてのパトリックもそんな感じですよね。周りを気にせず自分の好きなように生きてる、明るく自由な人。周りに何と言われようとも、自分を貫いて正々堂々と楽しんで生きてる姿は凄くカッコいい。しかも周りに対する気遣いもさりげなくて素敵でした。こういう人が先輩にいたら、人生楽しめそうですよね。

  • チャーリーの内気なところに共感する。特に断りきれずに異性と付き合って、傷ついてるところ。
    ホモの兄がかっこよかった。エマ・ワトソンは美しい。

  • エマワトソンがヒロイン
    舞台は1990年くらいアメリカの高校
    はみだしものでいいじゃない。
    精神の不安定、同性愛、進学、、せつない青春。

  • 請求記号:14D188(館内視聴のみ)

  • チャーリーはいい子で、パトリックがかっこよくていい奴で最高。エマ・ワトソンに見とれる。

  • 親友を亡くして孤独だったチャーリーがパトリックとサムの兄妹と出会って変わっていく話。ちゃらんぽらんに見えて真面目な兄妹とか、それぞれに背負った過去があったり切ない作りで引き込まれました。でも、チャーリーと叔母さんの間にあったトラウマがなんだったのかわかりづらかった。劇中劇のロッキー・ホラー・ショーってどんな話なんだろう。Gleeにも出てたけどよく知らないのですよね。エマ・ワトソン目当てだけど観て良かった。

  • エマ・ワトソンの目当てで見た映画。

    高校生活だけど、やたら楽しんでるし、アメリカってみんなこんな感じなの?って思いながら見てた。笑

    日本とずいぶん違うんだね。車と運転しないし。


    この瞬間、僕達は無限だ。

  • 良かったけど、十代に観た方が色々思うことがあったのじゃないかな・・・と思った。
    主役のローガンマーランがバタフライエフェクトの子役の子だったなんて、おっきくなったよ〜
    エマワトソンもハリポタ1・2と比べたらおっきくなったよ〜
    あと、パトリック役のエズラ・ミラーかっこよかった。
    ユダヤ系みたいだけど、なんかアジアっぽさもあるなと。
    短かったし、テンポもよく、観れた。
    エマワトソンがトンネルの曲!トンネルの曲!ってなってて、もう一度聞いたら、あれ?こんなに盛り上がらない。。。ってなるのかな、って思ったけど、そうじゃなかったですね。
    未来は無限に広がってると感じるのはすてきなことだ。

全72件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ウォールフラワー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ウォールフラワー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする