甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 101人登録
  • 4.03評価
    • (9)
    • (12)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 雨隠ギド
  • 講談社 (2014年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1巻読み終わって、即2巻へ。Kindleって便利で怖いw

    小鳥が犬塚とつぐみとの時間を大切にしている、大切にしたい気持ちが伝ってくる。幸せな巻だったな〜。

    子どもと一緒に料理をして、一緒に食べて、一緒に「おいしいね!」と笑い合える時間と場所の共有にとても憧れた。

    小鳥は犬塚とつぐみとの関係をどのように捉えていくのかな。
    父性?異性?、妹?娘?
    幸せな結末になってほしい。

    小鳥の親友・しのぶと犬塚と親友・八木との関係も楽しみです。

    早く次巻が読みたいです!

  • 私はピーマン苦いって感じないまま好きになっちゃったからなあ…。あれが美味しいのになあ。
    でも、嫌いと感じる人にそれを言っても、嫌味と変わらないのよね。

    手際なんて良くなくてもいい、ゆっくりじっくりひとつずつ、みんなでやるから楽しい、美味しい。

  • 子供の好き嫌いは親には克服したい欠点なのかね。自分が親になった時ってどんなになるんやろ。は、さておき。つむぎももれなく苦手な野菜があるようで。それをどうにかしたい先生。小鳥ちゃんはそんな先生に「なぜ?」という問いかけをする。その発想はなかったなー。「僕は僕が、おいしいって感じた嬉しさをつむぎにも味わってほしかったのかもしれないですねぇ…」先生の人柄がにじみ出る返答。こんな父さんに育てられてるつむぎはラッキーだよ。

  • 登場人物は優しい人たちばかりで、いらっとしない物語。
    八木ちゃんが「蟲師のギンコ」っぽい。
    小さい子の全身を固くして泣くところがリアル。

    餃子とイカの煮物。

  • 夜中に読むものではない

  • この、父と娘系?うさドロ系?
    いろいろ出版されたけれど、どうなんだろね。
    次は買わないかな。。。と思ってしまった。

    絵は好きなんだけどなぁ。
    やさしいお話なんだけどね、うん。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス)のコミック

ツイートする