inFAMOUS Second Son 【CEROレーティング「Z」】

  • 48人登録
  • 3.83評価
    • (3)
    • (10)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014年5月22日発売)
  • PlayStation 4
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4948872320023

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

inFAMOUS Second Son 【CEROレーティング「Z」】の感想・レビュー・書評

  • 悪人プレイでクリア
    良かったところはビジュアル面でのゲームの進化が見れた所 スモークパワーやネオンパワーの表現がとても綺麗でかっこ良かった
    一方ストーリーはあまり深みがなくあっさりしていた印象 全体を通して軽いノリであまり移入出来なかった

  • 初インファマスシリーズ。1、2と評判が良かっただけに、過度に期待し過ぎていたのかも知れない。善ルートクリア後の感想としては「まあこんなもんか」と言った所。

    ストーリーは短め。サイドミッションも基本的には同じ事の繰り返し(この手のゲームはだいたいそうだが)

    グラフィックに関しては素晴らしいの一言で、特に光の表現が美しい。街の造り込みも素晴らしく、移動もサクサクなのでビルからビルへ飛び移るのが楽しい。

  • ちょっとストーリーが短くてペラいけどプレイ感はとても爽快。単純に動かしていて楽しいゲームだった。

    ビルからビルへ自在に飛び移る。凄いスピードで空を飛ぶ。壁をすり抜ける。姿を消す、などの超人アクションが、比較的簡単な操作で自由自在。主人公の能力も変化に富んでおり、モードによって様々な戦い方ができる。

    アクションゲームにありがちな面倒臭い敵、イライラする敵なども存在せず、プレイヤーに純粋な爽快感を楽しんで貰おうというコンセプトが明確。主人公のデルシンもひたすらノリの良いヤンチャ坊主で、うじうじしないのも良かった。

    半面、シチュエーションの淡泊さ、広がりのなさを感じることも多かった。
    ボスのような強敵とのイレギュラーな戦闘は少なく、基本的にはマップを探索して、敵が配置された拠点を落としていくという単調なものが続く。敵の種類も3種類+ヘリや装甲車といった兵器くらいのもので、変化は少ない。

    登場する能力者の数が少ないこともやや残念だった。他の能力者の存在はストーリー上で言葉としては語られるのだが、実際に敵や味方として目の前に現れるキャラクターは5人ほどしかいない。もっと色んな能力者との変化に富んだバトルをしてみたかった。(デルシンが他の能力を吸収できるという設定があるのでほいほい色んなキャラを出すわけにはいかなかったのかもしれないけれど)

    ところどころで淡泊さは目に付くものの、6000円台というソフトの価格を考えると十分及第点だと感じた。特にプレイしている時の単純な爽快感は希有。買って損はなかった。

  • PS3時代はすこしB級ゲーム風だったのにここに来てAAAタイトル級に進化!
    グラフィックもめちゃくちゃ綺麗で洗練されてるしアクションもストーリーもいい感じ
    なにより操作性が格段に気持ち良く進化してる
    PS4最初の一本にしてほしい一作

    クリアした!
    やることが単調でそこらへんがわりとウィークポイントかも
    サブミッションと制圧は楽しいけど同じことの繰り返し感
    でもハマってクリアまでやりこんだ

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

inFAMOUS Second Son 【CEROレーティング「Z」】を本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

inFAMOUS Second Son 【CEROレーティング「Z」】を本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

inFAMOUS Second Son 【CEROレーティング「Z」】はこんなゲームです

ツイートする