ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫) [Kindle]

  • 179人登録
  • 4.01評価
    • (28)
    • (35)
    • (18)
    • (3)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 講談社 (2014年3月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (440ページ)

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 池井戸潤さんの小説は展開が速いし感動します。一気に読破
    ドラマも観ればよかった

  • 池井戸潤は爽快感がいいですね。

  • ドラマ版のキャストをイメージして読んでしまいました。

    逆境から立ち直る展開、勧善懲悪、
    池井戸潤さんらしい展開で一気読み。

    企業としての一体感を産むこと、
    それが社会人野球をキーにしていることは、
    昨今の企業運動会などの行事にも通ずるとこがあり、
    池井戸さんの先見の明があるなと感じました。

    テンポ良く、各パートが描かれ、
    かつ、読みやすい文章も一気読みさせる要因かもしれません。

  • 面白いですけど、最後の展開が読めちゃいますね… あと、なんだか悪役の描かれ方が、ちょっとなあ、と。期待しすぎでしょうか。

  • 2回目。

  • 会社の厳しさと経営者の姿勢がいかにに大事が思い知らされた。

  • 今が旬の作家の本(ドラマ原作)
    ラストが気が利いていますね

  • 普通に面白かった。

  • 中堅企業の野球部に焦点を当てつつ、企業同士の戦いまで描いた作品。池井戸さんらしい一冊です。またしてもドラマ化決定だそうですが、まぁ…ドラマ化したくなりますよね、これは。水戸黄門的勧善懲悪ではないですが、いい人と悪い人が分かりやすく、最後にはハッピーエンドだよね、というのが何となく見えているから、安心してテンポよく読めます。不景気をどう乗り越えるかとか、企業の経営とはとか、企業におけるスポーツ部の存在意義とか、色々盛り込まれてはいると思うのですが、なんというかあまり深みはなく…、だからこそ逆に純粋に楽しく読める作品かなと思います。

  • 野球あり、総会あり、M&A話題ありで、ど真ん中な小説だった。タイトルがタイトルだから、円満に終わることは分かっていても先行きの展開にワクワクしました。もう少しボリュームを設けて詳しく書いてくれても良かったかな。

全22件中 1 - 10件を表示

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
池井戸 潤
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)のハードカバー

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)の文庫

ツイートする