空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫) [Kindle]

  • 168人登録
  • 4.59評価
    • (46)
    • (19)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 講談社 (2009年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (249ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
三浦 しをん
池井戸 潤
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 勧善懲悪娯楽小説の傑作で、タイヤ脱落事故と大手自動車メーカーのリコール隠しをテーマにした作品。三菱自動車のリコール隠しを下敷きにしているが、登場人物が絵に描いたようなステレオタイプで面白い。
    事故を起こした中小運送会社の社長は、根性あふれる熱血漢で、気が短いが人が良い。事故隠しに奔走する大手自動車メーカーの常務取締役は時代劇に出てくるような悪人。登場人物をステレオタイプにしたことで、登場人物への感情移入が容易になった。重いテーマを扱った小説ではあるが、読みやすい、良質の娯楽本となっている。

    作者は「半沢直樹」シリーズの池井戸潤。作者は元銀行員。「コンプライアンス」をひとつの武器にする行員の顛末が、作中に描かれるが、行き過ぎたコンプライアンスに対する作者のメッセージが読み取れ、すこしスカッとした。
    これ一冊で、ハラハラ、ドキドキ、しんみり、すっきりできるお得な小説。未読の人は幸せの★5つ。

  • 例え勝ち目のない戦いでも、自らの正義を信じて立ち向かう姿に心が震えた。

  • 結局涙を流して胸をなでおろすのは最後の最後、数ページだけ…ぎりぎりまで、次から次へとこれだけ多くの逆境によくもまあ耐えられたものだと…それでも、この最後の逆転を見たくて、池井戸作品を手に取るんだから、結局のところ大満足。

    新任中学教師の息子。今新聞やネットでもちょくちょく見かける中学校の部活。まさにその渦中に放り込まれて、毎日もみくちゃにされている様子。放課後の数時間の部活のことで頭がいっぱい状態。。。クラス担任や担当教科のほうが本来の業務のはず。頭の中のスイッチを切り替え気分転換をするのに是非にと、池井戸作品数冊を手渡しておいた。

  • めっちゃ面白かった!下町ロケットと一緒で最後の読み終わりスッキリ!
    赤松社長が仕事でのトラブルに加えてPTAとか柚木さんたちとのトラブルも全部ちゃんとキレイに解決するあたりは小説って感じやけど、小説やからこそハッピーエンドであってほしいし期待通りのエンディングに星5つ!

  • 途中から読む手が止まりませんでした。
    よくある勧善懲悪ストーリーですが、
    途中の危機的状況を繰り出す展開が面白い。

  • 一気に読んでしまった。
    後半、解決に向かう際に、目頭が熱くなるときもあった。
    悪役が憎たらしい分、最後スカッとさせられるのが池井戸小説ですね。(^^)

  • 最後まで非常におもしろかった。

    大企業の不正隠しのために、事実を曲げてまで責任を押し付けられる中小企業。

    巨大企業という大きな一枚岩に、何度も押しつぶされそうになりながらも挑み続ける中小の社長赤松の熱い人柄は読んでいて気持ちがいい。

    度重なる苦境を受け入れる器量と、社員や家族、大切なものを最後まで守り抜こうとする強さには涙する場面が多く、応援せずにはいられない。

  • 初めての池井戸潤作品。正義にあふれる熱血漢と大企業の極悪人との対決、わかりやすくていいです。最後までおもしろかった。有名な他の作品も、同じような構図なんでしょうね。しかし、大企業ってこんな嫌なヤツばっかりなんだろうか。。。よかったよ。中小企業で。

  • 半沢直樹のドラマを見て以来、池井戸潤の作品を読んでみたいと思っていて、ようやく初めて読んだ作品。

    最初の方は暗くて読んでいてドンヨリした気分になったが、読み進めるにつれて、半沢直樹のようなハラハラドキドキ感が出て来て、あっという間に読んでしまった。

    他の作品も色々読んでみたい。

  • 何のために働くのか。人間とは。人生とは

全12件中 1 - 12件を表示

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)はこんな電子書籍です

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)の文庫

ツイートする