スターバックスのライバルは、リッツ・カールトンである。 本当のホスピタリティの話をしよう (角川書店単行本) [Kindle]

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (130ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

スターバックスのライバルは、リッツ・カールトンである。 本当のホスピタリティの話をしよう (角川書店単行本)の感想・レビュー・書評

  • ホスピタリティというより、ブランドがブランドたる所以みたいなものを知る内容だった。

    サービス業の一形態からひとつ飛び抜けようとする姿勢から「第五次産業」を標榜する。ちなみに第四次産業はIT業界ということらしい。サービス業がお客様の期待に応えることだとしたら、第五次産業は感動、良い意味での裏切りをもたらすことのできる企業が担うとのこと。

    人のために働くことがどういうことなのか、これから先の人口減少社会に向けて、サービス業は何を目指すべきか、考えるきっかけに良い本。

    一度、リッツ・カールトンにも泊まってみたいし改めてスターバックスにも行きたいと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

岩田松雄の作品一覧

岩田松雄の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

スターバックスのライバルは、リッツ・カールトンである。 本当のホスピタリティの話をしよう (角川書店単行本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スターバックスのライバルは、リッツ・カールトンである。 本当のホスピタリティの話をしよう (角川書店単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スターバックスのライバルは、リッツ・カールトンである。 本当のホスピタリティの話をしよう (角川書店単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

スターバックスのライバルは、リッツ・カールトンである。 本当のホスピタリティの話をしよう (角川書店単行本)の単行本

ツイートする