清須会議 スタンダード・エディション [DVD]

  • 1048人登録
  • 3.07評価
    • (34)
    • (131)
    • (288)
    • (97)
    • (32)
  • 232レビュー
監督 : 三谷幸喜 
出演 : 役所広司  大泉洋  剛力彩芽  小日向文世  佐藤浩市 
  • 東宝 (2014年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104084279

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

清須会議 スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もちろん中谷美紀目当てに劇場に足を運んで、もちろん彼女の演技はいつものごとく素敵だったのですが(そしていつものごとく、少しだけこちらを驚かしてくれる)、それよりもなによりも、あそこまで豪華なキャスティングの中で輝ける大泉洋おそるべし!あんな頭(というかカツラ)で、あんなキンキラキンな成金趣味丸出しの衣装を着せられているのに格好良く見えるとはどういうことだ!
    ひとりひとり、愛着を持って描かれているので微笑ましいです。終始コミカルかと思いきや、人生の厳しさや哀しさもちょっと盛り込んだりして。「そうか」と微笑む役所広司の格好良いこと!ああいうのは、経験値を積んだ役者さんでないとだめですね。かと思えば、寺島進が不気味可愛い演技で笑わせてくれて、松山ケンイチが爽やかなストレート演技で風を吹き込み、妻夫木聡が劇場を笑わせてくれたかと思えば、佐藤浩市が情けないほどに小狡い演技で目を引いて。鈴木京香もお歯黒が堂に入り、嫌な女かと思いきや、実は繊細なのかもねと思わせたり、逆にゴーリキーのにやり笑いは人を見た目(や経歴)で判断してはダメなのだと思い出させてくれる。
    と、観るところいっぱいの映画ですが、やっぱり中谷美紀・大泉洋夫婦が8割持って行った感は否めません。まさか、あの美しく気高い中谷美紀のあのダンスが拝めるとは。眉毛の太さやおてもやん一歩手前のチークをものともせず、美しくもださい、ださくも美しい寧々を演じた彼女は、やっぱり良い女優さんですね。

  • 織田信長の後継者を決める清州会議の舞台裏を描いたコメディだが、斬新な丹羽長秀像に唸る。そして、役者としての当たり役を見つけたのは羽柴秀吉役の大泉洋。竹中直人の秀吉が近年のイメージになりつつあるが、いずれ大泉洋の秀吉が時代と共に取って代わるだろう。それぐらい、この中での彼は人懐っこく、胡散臭く、腹黒い。歴史的に解釈を残しつつコメディとして見事に完成された作品。

  • 三河言葉?丸出しの秀吉とか、お歯黒な女性陣とか、いろいろ新鮮な映画だった

  • 劇場公開している時からちょっと気になっていた映画。三谷幸喜はその作風が題材にとってもハマるものとどうもピンと来ないものがあると思っていて、この作品ではどうも・・・ つい最近も大河で見たばかりだし、秀吉はともかくとしてその他の武将も全部コメディーになってしまっているところがなんかしっくりこなかった。夫はコメディーとして楽しんだようだったけれど。たぶん題材をきちんとわかってコメディーとしてみれば楽しいのかも。見ることで歴史としてそうだったのか、と理解しようとするから(大河ではそういう風に見ること多いから)、イメージ違っちゃったんだろうな。

  • 安心してみてられます。家族でみるのはいいですね。
    クスっと笑えて。でも、有名な人がたくさんでてるわりに活かしきれてないきがしてちょっともったいない

  • テレビ放映されてたのを録画して観たのでカットされてたのかもだけど
    三谷作品にしてはビックリするくらいつまんなかった。

  • あれれ…あんまり面白くなかったな。
    三谷幸喜の映画、好きだし(あ、でもラヂオの時間とマジックアワー位かな、本当に好きなのは)、今回は期待が過ぎたという事もないのに。
    映画館で観てたら、ちょっとガッカリ過ぎたかもしれない。

  • 歴史の勉強をし直したくなる!

  • おもしろさがわからなかった。

  • 三谷幸喜作品として見ると期待したほどのコメディでなく、時代劇として見ると軽すぎてどっち付かずな印象を受けました。

全232件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

清須会議 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に登録しているひと

清須会議 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

清須会議 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

清須会議 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする