武士の献立 [DVD]

  • 358人登録
  • 3.47評価
    • (17)
    • (53)
    • (83)
    • (10)
    • (0)
  • 70レビュー
監督 : 朝原雄三 
出演 : 上戸彩  高良健吾  西田敏行  余貴美子 
  • 松竹 (2014年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105068544

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

武士の献立 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 戦国時代ではないんで、武士にも色んな役割があるんやろうな。ペンは剣よりではないが、包丁でお家を支える。上戸彩さんを古狸と言ってもね~可愛い過ぎる!

  • こんなに、キュンとする映画だとは思わなかった。

  • 「武士の家計簿」は今一つ面白くなかったのですが、本作はまぁまぁ面白かった。賄いを担当する武士なんて初めてで、そのテーマの新鮮さはありました。内助の功で料理の腕を上げていく武士(高良健吾)の姿はなかなか頼もしい。ただ、江戸グルメの話だけを期待したら、彼が政治的陰謀に巻き込まれるパートは余分に感じるかもしれません。

    上戸彩は良かったですね。大河ドラマや「あずみ」を見たときも思ったのですが、上戸彩ってなぜか時代劇が似合う。

  • 思ってたイメージと違ったけど真面目に見ることができる映画でした。史実に基づくもの。
    息子の語りで進むお話だが、算盤侍が嫌いだったけどお父さんに叩き込まれた算盤のおかげで時代の波に揉まれながら変貌し行く組織のなかで一家として生き残った。
    刀で攻撃するのも必要だがこれからの時代そなたのような人間が必要なのだと言われるシーンが良かったなあ。
    明るい映画ではない。最後はしんみり。

  • 女中・はるは料理の腕前を見込まれ、御料理人をつとめる舟木家に嫁ぐお話。

    過去に嫁ぎ先から離縁されるほど気が強いはるは、血気盛んで料理人をバカにしていた夫の安信とはじめは衝突するが、料理を介して少しずつ打ち解けてゆく。

  • 殿様のお台所を預かる侍
    夫婦愛の話

    自分の仕事に誇りを持てない主人公を上戸彩演じる妻が支える

  •  実在する加賀藩の料理担当の武士、包丁侍を描く。

     ただ、こういう仕事があるというだけでなく、平和な江戸時代でありながら加賀藩のお家騒動を描くことによって、武勇だけが武士でないことを描いていく。
     この頃の上戸彩いいなぁ。強くないけど魂のある武士をやらせたら西田敏行の右に出る人はいない。
     最後のとこでちゃんと料理が映るのもいい。

  • GYAOにて。正直、もっと料理に焦点を当てて欲しかった。ラストで取ってつけたように土佐守にしゃべらせて「料理には人を変える力だってあるのだ!」みたいなことを匂わせたり、「夢が叶わなくても別の道で一流になれる!」みたいな雰囲気を出してみたり、いささか説教臭いなぁ、と思いながら観てた。ひねくれてるのかな?

  • 大好きな料理がテーマだっただけに期待してたより面白かったです。
    お料理がどれもすごくおいしそう。普段面倒くさくて顆粒だしを使っている私ですが、こういう映画を見るとちゃんとひと手間かけて料理を作りたいな、と思います。
    奥さんの内助の功がすごく素敵。

  • 包丁侍のはなしだけあって、料理のシーンがきれい。映像に映るものがすべて日本の景色に馴染んでて、なまあたたかい時代ではないものの、いいなー、と。台所の空間、料理に使う竹ザル、おくどさん、着物の生活、着物を着ての作法、などなど、、

  • タイトルに興味を惹かれ、前知識無しでGyaO視聴。
    暗すぎず明るすぎず、気軽に観られた。
    EDテーマは監督の趣味かと思うほど乖離がひどい。

    男が殿のお膳を任されるとは、なんだかドラマ『天皇の料理番』を思い出す舞台設定だ。
    出てくる料理や背景にわくわくしたが、それも一瞬。
    期待したようなお仕事ドラマではなく、上戸彩主演の恋愛ドラマだった。NHKほど媚びてはいないけど、朝やってそうな感じ。

    そして武家に似合わず優しい世界だったので驚き。ハルは周りの人に恵まれているな。
    暗い部分もあるが、ラブシーンや小難しいことがないので、その点は安心して観られると思う。

    やる気のない若い夫が、今時っぽくて面白かった。
    話し方はわざとなのか演技下手なのか知らないが、それも相まってヘタレ度が増していた。

    内助の功という妻としての支えより、なんだろう…夫育成ゲームを延々見せられているこの感じ。
    夫は一応成長はするが、それでも考え方が青すぎるし、歳の違い子供を持った気分になる。
    ハルができすぎた人間だから、差がより顕著だ。
    最後まで見ても、夫はバブバブしたいだけじゃん?と思った。もっと甲斐性見せて欲しかった。

    成海璃子は顔のインパクトはあるのに演技が全然駄目。

    画面は終始薄暗い。
    テレビで放送している時代劇の夜は照明過多でおかしいと言われており、もっともだと思うが、こちらは台所に立つシーンもほどんど暗いので、手元が心配になってしまう。当時、実際はどうだったんだろう。

  • 面白かったー。上戸彩は安定の演技力だね!

  •  加賀藩の包丁侍の家に嫁ぐ出戻りの上戸彩が可愛い。古狸と呼ばれても言いたいことは言う、映画前半は江戸時代の料理人のコメディ映画かと思いきや、いつの間にか加賀藩のお家騒動に巻き込まれて行くというストーリー。100万石の底力は最後の饗応料理に込められている。ロケ地の金沢城も美しい。良い映画でした。

  • 加賀のゆべしは干し柚子?食べてみたい。

  • 料理の腕前を見込まれた女中・春が、加賀藩の御料理人をつとめる舟木家に嫁ぐお話。
    過去に一度嫁ぎ先から離縁を言い渡されるほど気が強いはるは、若さもあいまって血気盛んな夫の安信と最初は衝突するも、料理を介して少しずつ打ち解けてゆく。
    「包丁侍など」と御料理人の仕事をあざけっていた若旦那の安信も春の影響で次第に仕事への意識を改めるが、そんな折りにいわゆる「加賀騒動」が起こり…

    「武士の家計簿」と同じく加賀藩を縁の下で支えた下級武士の話…ですがどういうわけか家計簿より先にこっちの献立を見ました。そろばんよりごはんが好きで。
    姉さん女房の上戸彩ちゃんとやんちゃな旦那様の高良さん夫婦がとてもかわいい・着ているお着物がとてもきれい・出てくる料理がおいしそう、と目の保養映画でした。
    安信は他に好きな女がいたにもかかわらずお家のために望まぬ結婚をしたという経緯からもう既に萌え、それを妻の春が知ってしまうという展開にも萌え、一見性格のあわない二人が徐々に惹かれていくという王道ラブストーリーに萌え(しかもごはんがおいしそう)、よい映画でした。
    地元なのもあって大変楽しめました。じぶ煮食べたい。

    近いうちに家計簿の方も見てみたいです。

  • 刀をもって武士としての誇りをとるか包丁をもって人間としての誇りを守るか。

  • 映画自体はとても良かった。
    残念なのはエンディングの歌だけ。残念。ホントに全く合っていない……。

  • 江戸時代の加賀藩を舞台に、その台所を切り盛りする包丁侍の家に嫁入りした娘と、料理が苦手な跡継ぎが、ぶつかりながら、絆を深めていく姿を描く家族ドラマ。

  • 刀を包丁に持ち替えた包丁侍。
    料理も美味しそうだし、食材も新鮮で、そういう新鮮な食材でわくわくしているハルを見て、きゅんとした。ほんとに料理が好きなんだなあと。

    美味しいだけじゃなくって、見た目や香りを大切にしている様子や、郷土料理にも真心を込めている様子を丁寧に描いていてよかった。

    登場人物たちの心情を丁寧に描いていたと思う。素敵な映画だった。

  • 包丁侍!
    なかなか昔は昔で色々あったんだろうなぁ・・・
    とても勉強になるし、料理って置くが深いなぁ・・・と感心します。

  • 字幕あり
    思っていたより面白かった。深かった。
    もっと料理だけしてんのかと思ったら違った。
    終盤の料理の絢爛豪華っぷりは素晴らしい。
    あの時代であれだけ作れるなんてすごい。

  • 加賀藩 上戸彩=春=古狸 高良健吾 西田敏行=舟木伝内 愛着と揶揄を込めて包丁侍 柄本祐 成海璃子 ややこの死去 加賀百万石 能登の海女 緒形直人 鹿賀丈史 一網打尽 鯛 鰹のお造り 雉 武家に相応しい嫁 Chara「恋文」

  • 時代が変われば、世の中の価値観も変わる。
    旦那を支える妻の覚悟がすごい。今の時代、中々見ない夫婦のあり方。
    本題の料理については印象が薄い、かも。
    受け継がれてきた料理にこんな背景があるとは知らなかった。

全70件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

武士の献立 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

武士の献立 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする