ゴジラvsデストロイア 【60周年記念版】 [Blu-ray]

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : 大河原孝夫 
出演 : 辰巳琢郎  石野陽子  林泰文  大沢さやか  小高恵美 
  • 東宝 (2014年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104850096

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ゴジラvsデストロイア 【60周年記念版】 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • ゴジラの最期が感動的

  • 初代へのリスペクトは感じる。デストロイアの扱いが微妙。

  • 平成ゴジラvsシリーズの最終作。
    バース島の地層に含まれていた高純度の天然ウランが熱水の噴出により核分裂をおこし、その影響でゴジラの心臓部、原子炉にあたる部分が冷却機能のバランスを崩し、核エネルギーが暴走。
    そんな中、41年前に初代ゴジラを消滅させたオキシジェンデストロイヤーを吐くデストロイアが姿を現し…
    ストーリーの入り口はこんな感じです。

    今作で最も話題となったのが「ゴジラ死す」というインパクトの残るキャッチコピーでした。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • 採点:8.0点
    約20年ぶりにみた。当時はわからなかったけどデストロイアがオキシジェン・デストロイヤーから取られてるとは知らなかった。ゴジラの原子炉がメルトダウンして死ぬとか今なら実現しない企画なんだろうなぁ。それにしてもラストカットがよい。「放射能のレベルが急激に下がっている
    …」→ジュニアの咆哮(終幕)。かっこいい!

  • NHK BSでこの夏めちゃくちゃ放送されてるので、全部見てみようと思っての第五弾。

    新たな怪獣デストロイアと戦います。

    このデストロイア、初代ゴジラに出てきたオキシジェン・デストロイヤーの力を持った生き物。また、こちらも初代ゴジラに登場した山根博士の子孫にあたる人たちも活躍する。

    唐突にゴジラジュニアが出てきたりして、1993年のゴジラ対メカゴジラを観てないとわかりにくいところもあります。

    しかし、全体的に見ると、初代ゴジラへのリスペクトが感じられてとても良い映画だったと思います。

  • NHKBS放送を視聴。

    1作目「ゴジラ」へのオマージュをこめた続編なのかな。
    オキシジェンデストロイヤーを使ったことでデストロイヤーが誕生してしまい、というお話し。
    だがしかし、二体を戦わせる必要は特になかったような??最終的には人類の武器でどうにかできたっぽいし。
    健気なジュニアがかわいそうやん! 人間のエゴで戦わせんなやと思わざるを得ない。
    結局放射能の力でジュニアもゴジラ化。
    これは「ゴジラは滅びない」と思えばいいの? それとも「人間てほんと駄目ね」と思えばいいの?

    科学者の葛藤、新吉君の孫達、1作目ヒロイン再登場、エスパーさんの思いと盛りだくさんで密度は濃い。
    1作目を見てると、1作目リスペクトぽい描写があるだけでも嬉しい。
    身体の一部が紅く輝くゴジラの造形はとにかくかっこよくて絵になる。香港との相性もばっちり。
    しかし、身体の中で核融合起こしてるとかとんでもない状態になってて、それでも唯一の同一種を求めて移動していくとか、なんとも悲痛です。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ゴジラvsデストロイア 【60周年記念版】 [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする