完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯 [Kindle]

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 佐藤耕士 
  • 文藝春秋 (2013年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (196ページ)

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯の感想・レビュー・書評

  • 将棋の棋士の羽生善治氏といえば、多くの方が彼を天才と評するだろう。彼はまた日本のチェス王者でもある。その羽生氏が次元が違う天才だと評指定るのが、本書の主人公ボビー・フィッシャーである。

    貧しい暮らしの中でチェスと出会い、旧ソ連以外で初のチェス世界チャンピオンとなったボビー・フィッシャー。若くして冷戦の真っ只中、アメリカを、資本主義陣営を背負い、チェス王国であった旧ソ連に立ち向かう。

    世界チャンピオンになるまでは、神から遣わされたチェスの申し子、自分の愛するチェスを冒涜する者は許さないとの思いがあったのだろうか?ストイックなまでのチェスへの姿勢は、凡人には理解できない彼の行動をも、彼の魅力の1つとして描かれている。

    しかし、若くしてチェス世界チャンピオンの地位に就いた後、歯車がことごとく狂いだす。晩年のフィッシャーは、過去の栄光に自分自身が溺れてしまい、周囲から人が一人また一人と去っていく。その姿は痛ましく、それでも尚フィッシャー自身が強気な事は、彼の姿を一層哀れにしたのではないかと思える。

    チェスに翻弄され、フィッシャーが味わった人生の天国と地獄。膨大な資料の裏付けを基に、彼の一生を描いた作品である。

  • チェス至上最強と言われる天才の伝記。



    俺はチェスをやったことないが、なんとなく買った。



    チェスは先手が有利で、後手が勝てるシーンは限られており、引き分けが量産されるものらしい。将棋とは違うんだな。将棋は引き分けとかあんまりないもんな。



    フィッシャーは攻撃的な手を打つプレイヤーで、グランドマスターと呼ばれる世界最強の打ち手相手に何連勝もしており、上記のような特性を持つゲームにおいて稀有な存在と認識されている。



    この伝記は、フィッシャーのチェスプレイヤーとしての側面とそれ以外の人間としての側面の両方をフェアに描いている。個人的には、何かに優れているからといって、すべてに優れている必要も必然性も義務もないと思うが、世の人はそうでもないのであろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯を本棚に登録しているひと

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯を本棚に「読みたい」で登録しているひと

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯を本棚に「積読」で登録しているひと

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯はこんな電子書籍です

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯の文庫

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯の単行本

ツイートする