養鶏場の殺人/火口箱 (創元推理文庫) [Kindle]

  • 22人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 成川 裕子 
  • 東京創元社 (2014年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (177ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンドレアス・グ...
ジェフリー ディ...
フェルディナント...
高野 和明
ロバート A ハ...
ベン H ウィン...
有効な右矢印 無効な右矢印

養鶏場の殺人/火口箱 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • 英国でミステリーの女王と呼ばれているミネット・ウォルターズの中編2作。正月に読んで「遮断」がメチャクチャ面白かったのと、Kindleでセールをやっていたので、購入。ちょっと、物足りなさも感じたが、面白かった。

    1作目の「養鶏場の殺人」は、純朴な青年が、結婚を迫る偏執狂的な女性を切り刻んだという1920年代に実際に起きた事件。ワイドショー的な事件であるが、登場人物の心理描写が徹底的になされていて、非常に怖い小説になっている。

    2作目の「火口箱」は、1990年代を舞台にしたフィクション。こちらは、「養鶏場の殺人」とは違い、本格的なミステリー。小さなコミュニティーにおける偏見や思い込みが、いかに悲惨な結果を導くかに焦点を当てている。

    序文で著者が紹介している通り、「この二編は異なるふたつの団体から 、あいだに七年の間隔をおいて執筆を依頼されたものだが 、依頼の目的はひとつ 、人々を読書に誘うことである 」。したがい、特に「養鶏場の殺人」はミネット・ウォルターズにしては、読みやすい作品となっている。

    どちらも、面白かったが、寝食を忘れて読み耽るというほどではなかった。でも、どちらも1時間程度は楽しめる。

  • ふだん本を読まない人向けに読書の楽しみを知ってもらうという企画で書かれた中編2つ。
    著者の作品の中では短いし読みやすい。逆に言えばいつもよりちょっと物足りない気もする。
    「養豚場の殺人」は英国で実際に起きた事件をもとに書かれた話で、どのような経緯で悲劇が起こったかを執拗に描いたルース・レンデル風のある意味ホラー。
    「火口箱」は小さな村で起こった事件を巡ってイギリス人とアイリッシュの軋轢が高まっていくミステリ。偏見の色眼鏡を取り除いたあとで物事の見え方が反転するラストはお見事。
    地味な作風だが、やはりウォルターズは面白い。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

養鶏場の殺人/火口箱 (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

養鶏場の殺人/火口箱 (創元推理文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

養鶏場の殺人/火口箱 (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

養鶏場の殺人/火口箱 (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

養鶏場の殺人/火口箱 (創元推理文庫)はこんな電子書籍です

養鶏場の殺人/火口箱 (創元推理文庫)の文庫

ツイートする