ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセット(初回限定DVD特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]

  • 454人登録
  • 3.40評価
    • (32)
    • (84)
    • (92)
    • (31)
    • (9)
  • 81レビュー
監督 : マーティン・スコセッシ 
出演 : レオナルド・ディカプリオ  ジョナ・ヒル  マーゴット・ロビー  マシュー・マコノヒー  ジョン・ファヴロー 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113748766

ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセット(初回限定DVD特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • とにかく最初から最後までファッキューファッキューゆうてる。なにかにつけてファッキンなんとか、ファックファック。
    放送禁止用語え。
    台詞の通り、出落ちでレオ@ジョーダンがフェラーリの中で奥さんにフェラーリされてたり、とにかくセックスドラッグバイオレンスの乱痴気騒ぎ。下品で賑やかなこと極まりなし。
    あれ、これ現代版ギャツビーじゃねーの。
    レオは、どうしようもないクズだけど魅力的な男やらせたら天下一品だね!
    野心だけを持った青年が、ウォールストリートで、詐欺まがいというか、詐欺して億万長者になっていく話。
    社内でセックスしまくりドラックやりまくりで、ちょちょっ!と思うけど、これ実話ですって・・・。
    どうせこの後は転落人生だよね~と思いながら見てたら、いっちゃんラストは、あれ?
    結局頭のいい人間は、最後まで生き残るって言う話???
    まぁ原作自体が、自分の半生書いて、本もバカ売れ映画化にっていうやつだからなぁ。
    ギャッツビーのようなどうしようもないラストではなく、転落もあったけど、いまはそこそこっていうw
    アメリカ版ホリエモンとは言いえて妙。
    レオのぶっとんだ演技が見ごたえあります。すんごい変顔連発。タイタニックから遠くへきたね・・・レオ。
    今のほうが好きですが。
    かなり鍛えたみたいで久しぶりにレオさんの割れた腹筋を見ました。ぶらぼー。
    映画の出来としては、長い割にテンポよくて飽きなかった(でも3時間は正直長すぎる)けど、これでアカデミー賞狙うのは無理でしょwwwゴールデングローブだけでもとれて良かったね。

  • このディカプリオが過去最高プリオだった

  • R-18と知らずに鑑賞。レオ様イカれてて素敵。
    昔割とハードワークな職場にいたが、やはり女と金遣いは乱れ、お祭り騒ぎなイベントが好きな会社だった。プレッシャーに勝つために他とは違う、という意識やストレス発散のためにアナーキーな行為に走るもんなのか。

    映像はキレイ。ドラッグでラリってる時でさえあっけらかんと楽しく美しく明るい。何度も命拾いして、狼をやめようとして、それでも社員の前に立って話していたら地獄まで、と考え直してしまうハイプレッシャーの中での高揚。デカイ仕事って稼げるってたのしいよね。(違うか

    2人目の嫁について、一緒に観てた夫は金の切れ目が縁の切れ目とのたまったが、わたしはそうは思わない。子を持つ母になったことで、レオ様に父親になってほしかったのよね。それを何度も裏切られて失望した。略奪婚でも、1人目の嫁より傷が大きい気がするな。

  • まぁまぁ。ディカプリオ作品てなんとなく見る気がしないのだけど、見てみた。

  • ディカプリオが凶器じみた演技をすると本当にハマる。
    タイタニックのパロディー場面には思わず笑ってしまった。

  • いやめちゃくちゃ面白い
    グレートギャツビーの時も思ったけど、レオナルド・ディカプリオはイケイケの金持ちやらせると本当にカッコいい
    のし上がっていく姿はとても魅力的だった
    ヒルフェ!!!

  • ま〜、メチャクチャだし、
    他に興味や面白いことがないというか、
    人間性をこういう感じで出すと
    エンターテイメントとして成立させるんだろうけど、
    共感できないし、嫌な感じでしか写らない。
    ホントはもっと友達思いだったりするんだろうなぁ〜。
    ちょっとハマって観れないんだよなぁ。

  • 2013年公開
    監督 : マーティン・スコセッシ
    ==
    かつてのウォールストリートで「伝説の株屋」として成り上がった実在の男の栄枯盛衰のお話し。

    スコセッシ×レオ様×実話っていう、『アビエイター』と同じフォーメーションの3時間モノの作品。何回f-wordが出てきたんだって感じのむちゃくちゃな映画(506回だそうです)。それだけ、まあ、欲望マシマシのわかりやすい行動原理の人物だったので、アビエイターよりは格段に見やすく、飽きなかった。登場人物ほぼ全員、ねじが飛んじまってるし…

    まじめに生きよう、って反面教師的に思わされた作品でした。ちーん。

  • フェラーリに乗ったジョーダンが美女にフェラーリされながら登場!
    あとは全編カネ・オンナ・ドラッグのみ。

    22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は学歴もコネも経験もなかったが、誰も思いつかない斬新なアイディアと巧みな話術で、瞬く間になり上がっていく。貯金ゼロから26歳で証券会社を設立したジョーダンは、年収4900万ドルを稼ぐようになるが、常識はずれな金遣いの粗さで世間を驚かせる。すべてを手に入れ、“ウォール街のウルフ”と呼ばれるようになった彼の行く末には、成功以上にセンセーショナルな破滅が待っていた……。

    というあらすじから逃れ去ることのない、ただただ馬鹿騒ぎなのだけれど、
    何よりもディカプリオの演技が突き抜けすぎてギャグの域。

  • 早い系すぎてやばい。

  • 時間が長すぎる。途中で失速。

  • やっぱりスコセッシだな。テンション上がるお。

  • ★★★★☆
    狂喜乱舞のディカプリオから目が離せない
    【内容】
    一攫千金を夢見るジョーダン・ベルフォート(ディカプリオ)は、ウォール街の証券会社に就職する。その後、株式会社を設立、1ドルにも満たない“ペニー(クズ)株"を巧みな話術で金持ちに売りつける商法で巨額の富を手にする。

    【感想】
    なぜかR指定ですがグロシーンとかは無いのでご安心下さい。かわりに3時間という超長編です。

    とにかくディカプリオがイイです!これでアカデミー賞取れないだなんて信じられません。
    ドラッグにおぼれている時とか、ウルフモード、果てはダンスまでとにかくGoodです。

    wikiによると....
    「映画では「fuck」が506回使われており、非ドキュメンタリー作品としては史上最多となっている。」ww

  • ラリってから、階段を転げ落ちてカウンタックに乗る(ちゃんと夢落ちがある)シーンは良かった。階段が何倍にもなって、「こういう感覚なんだろうなあ」と思える演出である。

    セリフ回しを含むシナリオは秀逸。

    何も考えず、上映時間を過ごせるという意味では貴重だが、見なくても良い作品だと思った。

    【ストーリー】
    22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は学歴もコネも経験もなかったが、誰も思いつかない斬新なアイディアと巧みな話術で、瞬く間になり上がっていく。
    貯金ゼロから26歳で証券会社を設立したジョーダンは、年収4900万ドルを稼ぐようになるが、常識はずれな金遣いの粗さで世間を驚かせる。すべてを手に入れ、“ウォール街のウルフ”と呼ばれるようになった彼の行く末には、成功以上にセンセーショナルな破滅が待っていた。
    実業家ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』を映画化。貯金ゼロから年収4900万ドルまで成り上がった男の成功と破滅を描く。監督は、「ヒューゴの不思議な発明」のマーティン・スコセッシ。出演は、「華麗なるギャツビー」のレオナルド・ディカプリオ。

  • レオ様っぷりが多いに出ていて、3時間と長かったけども飽きずに見れました。

    どうやら実話らしい。ドラックの詳しい解説などもあり、昔のウォールストリートのいかれっぷりが分かった。

    最後のペンを売るシーンが印象的。

  • 滅茶苦茶でお下品な映画。
    でもすっごくおもしろかった。

    ディカプリオ演じる主人公が、
    証券会社で上り詰め、そして破滅していくお話。

    薬でキマってるときの演技がみんなすごかった。

    何か得るものがあるかといわれると、あまりない。
    雲の上の人々の話で、観終わってどっと疲れたけれど
    それでもおもしろかった。

  • ディカプリオ演じる主人公は頭の良い人のはずなのに、ただのアホにしか見えないところがよい。

    前半での若くて善良な主人公が可愛い。やっぱり悪人に転落していくストーリーって面白い。でもこの話は悪人に転落してるのにシリアスで暗い話になってなくて、笑うしか無いところばかり。明るい。
    悪人のコメディをやり尽せるとこまでやりました、という感じ。

  • ちょっと実家のリビングでは見れないかな〜って感じ

  • マーティンスコセッシ監督
    ディカプリオ主演

    神映画
    金、ドラッグ、金、金、酒、女、金、金、ファック、ファック、ファック‼︎
    ヒューゴの反発からか、すんげぇ尖った作品に仕上がってる

    このペンを私に売ってみろ!
    お前の年収が俺のポケットに入ってたぞ貧乏人!

    拝金主義でクズでゲスでどうしようもないくらいに最低人間だけど、そこにしびれる憧れるぅぅぅ

  • 狂乱の3時間。なんちゅう世界や。

  • L.ディカプリオ。
    最近作品選びがマンネリ化している気がします。

    原作なし/伝記ではない作品でも勝負できると思うので、頑張ってほしい・・・。

  • グッドフェローズと同じ話。だから良い

  • 長かったけど、見応えあり。ジェットコースター的な繋ぎと結構長い会話シーンがスコセッシっぽい。レオ様すごい。レボリューショナリーロードと華麗なるギャツビーを足した感じ(あとウォールストリートも)。やっぱりディカプリオすごいいい役者だと思うのになぜにアカデミー賞取れないんだろう。

  • おっぱいがいっぱい。男のロマンを見た。

全81件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセット(初回限定DVD特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセット(初回限定DVD特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセット(初回限定DVD特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセット(初回限定DVD特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする