ホワイトハウス・ダウン [DVD]

  • 152人登録
  • 3.58評価
    • (9)
    • (28)
    • (27)
    • (4)
    • (1)
  • 27レビュー
監督 : ローランド・エメリッヒ 
出演 : チャニング・テイタム  ジェイミー・フォックス  マギー・ギレンホール  ジェイソン・クラーク 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2014年6月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462088482

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ホワイトハウス・ダウン [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレットサービスを目指すも、不採用となってしまった議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)。不採用だったことで幼い娘を悲しませたくないと、気晴らしも兼ねて彼女を連れてホワイトハウスの見学ツアーに参加する。だが、そこへ謎の武装グループが乗り込み、瞬く間にホワイトハウスを制圧した上に大統領とケイルの娘らを人質にして籠城。未曽有の事態に全世界が混乱する中、ケイルは武装グループに挑む。 (シネマトゥデイ)

    チャニング・テイタムという俳優さんは初めてでしたが、男らしさの中にチャーミングな面もあってステキでした。ストーリーは単純そうに見えてそうでもなかったり、ちょっと無理はあったけど、娯楽映画としてはとても面白かったです。これはないでしょ・・と思えるとこでも、いや、あるかも!?って思ってしまうとこがすごい。

  • 映画を観る際はネタバレを恐れてあまり下調べはしないタチなのだが、そのせいでまったく勘違いをしていた。順番を間違えて先に鑑賞していた『エンド・オブ・キングダム』の前編になるのが本作だと思い込んでいたけど、それは『エンド・オブ・ホワイトハウス』の方。後から調べて分かったのだが、両作ともほぼ同時期に製作され、公開されたライバル映画。…にも関わらず、まったく違和感なく観れてしまった。それ位テンプレ化された似たり寄ったり映画が増産されているってことだろうけど、テロの規模からすると『キングダム』に及ばずとも、物語としてはこっちの方が上だったかな。☆3.5

  • 娘が賢すぎて、そしてお父さんは強すぎて、ありえない感が半端無いけど、スピード感がある展開だったのとホワイトハウスが壊れていく映像が面白かったので評価は高めに。子どもが旗を振るシーンではウルウルしました。分かってはいたけど正義は勝つし勝利を掴んだお父さんカッコイイ!!

  • チャニング テイタムの大ファンなので見た映画です。

    ダンスもとてもクールでかっこいいですが、アクションや、演技でも最高の人です。

  • もー、やだ。あの女の子にあんなことさせるなんて。酷いと思う。

  • ホワイトハウスが占拠されてしまうというアメリカ史上最悪の危機にたまたま居合わせた議会警察官が、世界を守るべく戦う。

  • 謎の武装集団に占拠されたホワイトハウスを舞台にしたアクション大作。

  • たまたま見ることに。子供がとても愛らしかったです。

  • よく出来てると思うし楽しいんだけど、なんか足んないんだよな~!いや!逆に色々と詰め込みすぎかな~!でもなによりも昨日見た「エンド・オブ・ホワイト」と話が被るな~!なんで被るって分かってて、こんな見方したんだろ!?ww

  • 子供が旗を振るシーンがとても良かった。

  • 面白く見せてもらったけど子供を出すのはちょっと反則だわ。しかも、かわいい。レイチェルワイズを子供に戻したみたいなジョーイキングちゃんはこの先期待大ですね。ジェームズウッズ!流石にかっこいいです。彼も大好きな役者さんの一人。難しい役どころだったはずなのに、さすがです。取りあえずジェイミーもチャニングも何だかなぁ~大統領にしては若すぎるし、11歳の子持ちパパってぇのも無理がある。頑張ってたんだけどねぇ~なんかしっくりこないんだなぁ~そうそう、あのハッカーの彼…影薄すぎるよ…もっと重要なキャラじゃないの普通?あと傭兵というか敵方の目的(ホワイトハウス乗っ取り)がいまいち説明不足で何の為に戦っているのかその辺の説明全くなしなのも…ちょっと残念な作品ですねぇ~
    しかし、同じような内容の映画をほぼ同時に出してくるのは何なんだろうね~両方観たけどこちらじゃなくあっちの方が好きかも…(笑)

  • なかなか面白かった。このようなアクション物は映画館で観たほうがこの何倍も面白いんだろうなーと少し残念だけど、、。国をまたぐ国際問題にも発展することになるであろう事件の中で、登場人物の行動の動機が個人的な感情に突き動かされる事が多いのはリアリティに欠ける気もするが人は本質的には感情で動く動物だから、そのような事件の発展の展開も映画ならではということで、それにまつわるアクションも含めて楽しんで観れた。まあ単純に非日常なスリルを楽しむには面白い作品。

  • [From Here.]息子には愛想をつかされ、大統領警護の面接にも落ちてしまったジョン・ケイルは、息子からの尊敬を取り戻そうと入手困難なチケットを手に入れてホワイト・ハウスの見学ツアーに参加することに。しかしちょうどその時、武装グループが突然の爆発の中からアメリカ中枢に攻撃をしかけ始め、ケイルは大統領であるジェームズ・ソイヤーとホワイトハウスの奪還を目指すことに......。監督は、『インデペンデンス・デイ』や『2012』といったスペクタクル物のイメージが強いローランド・エメリッヒ。


    ストーリーが一直線の割に、いや、ストーリーが一直線だからこそでしょうか、画面に食い入るように身を乗り出して観賞できるほど楽しめました。結末がハッピーなものになるのは見る前からわかりきっているハズなのに、ハラハラさせてくれるあたりはさすがエメリッヒ監督。ところどころに散りばめられたホワイトハウス・トリビアもピリリと利いていて非常に小気味よいリズムであっという間に2時間が過ぎていきました(エメリッヒ監督ってアクション撮れるんですね......)。


    リベラル色が強くにじみ出たキャラクターやストーリーの設定も見所の1つ。リベラルと呼ばれる方々が「アメリカ的」と考える要素、そして評価基準が見事に織り込まれており、それを眺めているのもこれまた興味深い経験でした(例えば、軍産複合体といった存在がボコボコに描かれています)。それにしても、アメリカ(これが何を指すかは私にもよくわからないんですが)って本当に大統領を愛しているんだなと感じられる作品でした。

    『エンド・オブ・ホワイトハウス』より個人的にはこちらが好き☆5つ

  • 娯楽ってならホワイトハウスでも爆破しちゃうというハリウッドすげえって映画。笑う。こういうのを家族で見に行く人たちバイブルベルトあたりにいるのかなあ。

  • チャニング・テイタムも好き。

    中身はホワイトハウス版ダイハード。
    ブラックホークまでダウンしたらあかんて。

    黒幕の黒幕がいたのは想定内だけど、面白かったからよし。

    アクションも見ごたえありました。

    続けて、エントオブホワイトハウス見ます←

  • 単純に楽しめる。主人公はカッコ良く、大統領はどこかまぬけで、主人公の娘はかわいい。
    純粋にハラハラしつつ、かっこいいアクションを楽しめます。

  • ジェイミーフォックス良い演技するなー。
    渋いのだけれど、どこかコミカルなキャラクターがたまりません。

  • テロリストに乗っ取られたホワイトハウスの中で戦う、タイトルとDVDの写真で予想した、ほぼその通りの話。
    それはそれで。
    そういうのが見たい時もありますから。
    黒幕も最初に思った通りだったけど、それもそれで。
    女の子とガイドさんは良かった。

    ただ一個よくわからなかったのだけど、生体認証と暗号って別の人でいいの??
    どっちも使ってたよね??

  • なかなかかっこいい最優秀パパでしたね。

  •  エンターテインメントとしては、『エンド~』よりもこちらの方が面白かった。『エンド~』との相違点は、

    ・敵の背景や動機、占拠までの展開等が『エンド~』よりも現実味があり、違和感を感じることが少ない。
    ・展開が軽め。
    ・時々コミカル。(^^) 所々に笑いを誘う場面があるので、力を抜いて楽しめる。

     多くの他サイトも指摘しているが、『ダイ・ハード』と展開や小道具がよく似ているので、未見の人はこちらもぜひ観てほしい。

  •  ダイ・ハードを初めて見た時の興奮が蘇った。おもしろかった。

     役者の演技がどうしたというよりも、脚本がよくできているし演出もいい。伏線がきちんと張り巡らされていて気持ちがいいし、その中に親子とか理想とか、しっかりとしたテーマがじわりじわりと浮かび上がってくる。個人的には、最初と最後を貫く「旗」の話が好きだった。

     ホワイトハウスというところがどのくらい観光名所なのかはよくわからないけれど、その場所ならではの仕掛けをうまく使っているなという印象がある。大統領が(これがまんまオバマ大統領でおもしろかった)でてくるのも、ちゃんと作品の中で意味を持っている。

     まあ、「殺しても死なない奴」というヒーローの伝統で、本当に肉体的に主人公が丈夫すぎるあたりがおかしいといえばおかしいんだけど、それは後で考えること。みているうちは、幾多の困難に智恵と肉体を駆使して挑む主人公に感情移入しながら、あっという間に時間が過ぎてしまう。

     おもしろかった。

  • テロリストが隙だらけな気もするが、ホワイトハウス占拠されてます。内容が単純で気軽に見れるのがいい。

全27件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ホワイトハウス・ダウン [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ホワイトハウス・ダウン [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ホワイトハウス・ダウン [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ホワイトハウス・ダウン [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする