NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 4月号

  • 36人登録
  • 4.07評価
    • (3)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : ナショナル ジオグラフィック 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2014年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910068470447

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 4月号の感想・レビュー・書評

  • 普段は身近に感じることがない「石炭」について、
    考えさせられる特集だった。

    あと、アルマ望遠鏡!すごい!
    技術の進歩に感嘆し、それすら全く追いつかない、
    宇宙の規模と不思議。脳みそついていかない…

  • 石炭はどこまで「クリーン」になれる?

    世界で年間70億トン以上も消費されている石炭。その需要は今も増え続け、環境への影響も深刻化してきた。石炭を「クリーン」に使う方法はあるか。

    文=ミシェル・ナイハウス/写真=ロブ・ケンドリック

     環境にやさしい「クリーンな石炭」などあり得ないと、環境保護派は言う。

     米国東部の炭鉱地帯が、その何よりの証拠だろう。アパラチア山脈の山々は石炭採掘のために山頂ごと無残に削り取られ、渓流の水は酸性の物質による水質汚染でオレンジ色に染まっている。

     中国に目を転じれば、最近の北京市内は空港ロビーの喫煙所以上に汚れた空気に包まれる日が多い。中国の大気汚染の主要な原因は石炭の燃焼だ。呼吸器疾患など、大気汚染が原因とみられる死者は年間100万人を超える。

     石炭は莫大な社会的代償を伴う燃料であり、最も環境負荷が大きく、最も多くの死者を出しているエネルギー源だ。しかし、こうした負の側面を考慮に入れなければ、燃料としては最も安い。実際、私たちは石炭に依存した暮らしを送っている。

     そこで問われるのは、石炭が環境に及ぼす影響をどこまで小さくできるかだ。石炭をまったくの「クリーンエネルギー」に変えるのは無理だとしても、少なくとも許容できるレベルまで、つまり気候が地球規模で急激に変動するのを防げる程度まで、環境負荷を抑えることは可能だろうか。
    当面はやめられない石炭火力発電

     米国では、発電所が排出する二酸化硫黄や窒素酸化物といった汚染物質については法規制が導入され、排出量を大幅に減らす効果を上げている。だが、地球温暖化の主要な原因である二酸化炭素(CO2)の問題は、これらの汚染物質とはまったくスケールが違う。

     2012年に化石燃料の燃焼により世界中で排出されたCO2は、史上初めて345億トンに達した。そのなかで最も多いのが、石炭の燃焼による排出だ。近年、米国では天然ガス価格の下落で石炭の需要が減っているが、ほかの国々、特に中国では需要が急増している。

     今後20年のうちに新たに電気を使う人は何億人も増える。今の傾向が続けば、その大半は石炭火力発電による電力を使うことになるだろう。代替エネルギーの利用や省エネルギーをいくら強力に推進しても、少なくとも当面は石炭火力発電をやめるわけにはいかないようだ。

     北極圏の氷の融解や海面上昇、そして、熱波などの異常気象。私たちの未来に影を落とすこうした現象が今後どの程度進むかは、世界の国々が石炭をどう利用するか、とりわけ米国と中国がどう利用するかに大きく左右される。これまで通り石炭を燃やしてCO2を排出し続けるか、それとも、化石燃料から出る硫黄や窒素を除去するのと同じように、炭素を回収し、地下に貯留する技術を確立するのか。

     米国と中国で、その取り組みを追った。

    ※ナショナル ジオグラフィック2014年4月号から一部抜粋したものです。
    編集者から

     この特集で取り上げた二酸化炭素の回収・貯留(CCS)。日本ではまだ発電所で実施した事例はありませんが、北海道苫小牧市では製油所で発生する二酸化炭素を地下に貯留する実証プロジェクトが始まっています。ただし、まだ調査や設備建設の段階にあり、実際に貯留する試験は2016年度から始まる予定とのこと。地震国である日本でも有効なのか、賛否両論のある手法だけに注意深く見守る必要がありそうです。(編集T.F)

    宇宙誕生 見つめる目 アルマ望遠鏡

    世界一巨大な電波望遠鏡が、南米チリのアタカマ砂漠でいよいよ始動した。アルマ望遠鏡の66基のアンテナが、初期の宇宙に目を凝らす。

    文=ユディジット・バタチャルジー/写真=デイブ・ヨダー

     南米チリ・アタカマ砂漠の標... 続きを読む

  • インドでは石炭の埋蔵量は世界5位。国内で3億人がいまだに電気のない暮らしを送っている。開発を急ぐあまり、非常に危険な違法採掘が横行し、過酷な労働がまかりとおっている。防護服も着用せ鵜、狭く危険な坑道であおむけになって駅探を掘り出し、台車に乗せる。

  • 石炭はどこまで「クリーン」になれる?の記事が興味深かった。

    全世界で発電される電力の40%は、石炭でまかなわれている。
    そして全世界で排出される二酸化炭素の39%は石炭に起因する。
    それでも世界中で急増する石炭の需要、、、
    (特に中国は10年間で22億トンも増えている!)
    きっと各国の政府が排出の規制をしない限り増え続けるんだろうな…

    フランスの伝統レースの記事も面白かった!
    一言でレースといっても、色々なデザインがあるんだなぁ。
    村ごとに特徴があって、一目で身分や出身地が分かるというのが凄い。
    こういう素敵な伝統はいつまでも受け継がれていって欲しいな。

  • ・石炭はクリーンなエネルギーになり得るか
    排出量を減らす努力だけでなく、排出してしまったCO2を回収して圧縮・貯蔵する仕組みを作っていく必要がある。技術は研究されてきているのに資金がなくて出来ない。国が力を入れたりビジネスにしたりできないか。実現できればCO2増加による諸問題を解決できるかも?悲惨な炭鉱採掘の現状には後進国の未来を考えさせられた。

    ・アルマ望遠鏡
    星の誕生の仕組みや宇宙の歴史がより詳細に明かされる日が来るかも。期待できそう。

全7件中 1 - 7件を表示

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 4月号を本棚に登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 4月号を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 4月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 4月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 4月号を本棚に「積読」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 4月号はこんな雑誌です

ツイートする