個性を捨てろ! 型にはまれ! [Kindle]

  • 20人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 三田紀房
  • コルク (2009年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (109ページ)

個性を捨てろ! 型にはまれ!の感想・レビュー・書評

  • 型にはまるのが楽だから

  • 感動的なまでに面白かった。

    下記にハイライトした箇所をコピペ:

    9件のハイライト | 5件のメモ
    ハイライト(黄) | 位置No. 46
    世の中には、成功するための『型』がある。 個性も才能もいらない。ただ用意された『型』にはまれ
    ばいい。 むしろ、中途半端な個性なんかジャマになるだけで、捨ててしまったほうがいい。
    ハイライト(黄) | 位置No. 93
    もしチャンスが残されているとするなら、やるタイミングは「いま」なのだ。いや、本当は「いま」
    でも遅すぎるくらいなのだ。回り道してるヒマなんて、どこにもない。
    ハイライト(オレンジ) | 位置No. 174
    本当の個性とは、他人と同じことをやっていく中でこそ、明らかになってくるものなのだ。周囲と同
    じことをやっていく中で、違いを見つけ、そこを伸ばし、自分のものにすること。それが個性なので
    ある
    ハイライト(黄) | 位置No. 232
    しかし、信長にしても龍馬にしても、結局は志半ばにして夢破れた悲劇の主人公だ。 読み物としては
    面白いかもしれないけど、成功への最短距離を探るための人物を探すのなら、圧倒的に家康的思考で
    あるべきなのだ。 つまり、わざわざ信長や龍馬のような時代の先駆者になろうとせず、2番手3番手
    を狙うのである。
    ハイライト(黄) | 位置No. 296
    むしろ才能がないヤツほど、自分の「秘められた才能」を信じている。 そのため『型』にはまること
    (たとえば就職など)を極度に嫌い、ずるずるフリーター生活を続けながら自分の才能が花開く日を
    待っている。
    ハイライト(黄) | 位置No. 342
    アイデアなんてものは、才能の有無に関係なく、いくらでもつくりだすことができる。 なぜならアイ
    デアの生産には『型』がある。それが僕の持論だ。
    ハイライト(黄) | 位置No. 344
    どんな斬新なアイデアでも、ゼロから生み出されるものなどない。 エジソンの電球からiPhone
    まで、あらゆる発明は元となるなにかがあり、そこにプラスαのなにかが加わった結果生まれたもの
    だ。
    ハイライト(黄) | 位置No. 347
    つまり、アイデアとは「組み合わせ」なのである。そして、それが意外な組み合わせであればあるほ
    ど、アイデアの斬新さは高まることになる。
    メモ | 位置No. 360
    アイデアを得るには、まず見えてるものではじめて後から追加させる。 ウンウン唸っても、無からアイデアは生
    まれない。
    メモ | 位置No. 452
    葛藤をあらわしたゆえの高評価か! 納得。
    ハイライト(黄) | 位置No. 454
    そして、葛藤を経てやってくるのが「和解」だ。
    メモ | 位置No. 704
    ニートがうまれる理由として、説得力がある。
    メモ | 位置No. 1599
    町人道精神のほうがよい。
    メモ | 位置No. 1694
    まさしくそれが個性だとかんちがいしていた!

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

個性を捨てろ! 型にはまれ!はこんな電子書籍です

個性を捨てろ! 型にはまれ!の文庫

個性を捨てろ! 型にはまれ!の単行本(ソフトカバー)

ツイートする