砕かれた鍵(百舌シリーズ) (集英社文庫) [Kindle]

  • 45人登録
  • 3.79評価
    • (5)
    • (7)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 逢坂剛
  • 集英社 (2014年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (299ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
東野 圭吾
池井戸 潤
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

砕かれた鍵(百舌シリーズ) (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • このシリーズは倉木が主役ではなく大杉が主役なのね。
    一作目がなんだかなって感じだったのもあって二作目三作目と期待が少なかったので面白く読めた。
    時系列が飛ばないだけでこんなに面白いのか(笑)
    前作のエッチ→子供できる。この伏線がないと始まらないストーリーだったのね(笑)

  • まさかのラスト!!

  • 警察官が関連する事件が続発した。麻薬密売を内偵中の特捜隊の警部補とその同僚の巡査部長が射殺され、麻薬吸引者の元警察官に婦人警官が刺殺された。何か巨大な陰謀が警察内部で進んでいる模様である。警察庁特別監察官・倉本尚武が乗り出し、執念の捜査を開始する。そして“ペガサス”という名の謎の人物にゆき当たるが…。

    ・レビュー

    今回もなかなか面白かった。
    前2作までにあったミステリ的なトリックはあまり期待できないのだけれど、その分警察サスペンスとかハードボイルド的な面白さが増した感じがする。倉木のストイックさというか、かっこよさが2作目ではあまり垣間見れなかったところがあったけれど、今回は1作目のようにギラギラした感じに描かれていてよかった。
    とはいえ1作目が傑作すぎてのがやや問題で、1作目の話を終わらせるための要素として2作目もまた秀作だった。どちらかといえば1,2作の『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』は続編関係というより上下巻のような感覚がある。殺し屋「百舌」の件や陵徳会病院事件を解決するというストーリーの大まかな枠があったから。今回はストーリーとしてはこれらとほぼ関係がない。まだ続きがあるから正確な表現ではないけれど、ここまでの3作を三部作と位置づけるとしたならば、1,2作はキャラクターたちの出会いや因果、運命。そしてこの3作目が登場人物たちの一つの完成。前回までのストーリー重視から、キャラクターの心情にフォーカスした感じがする。
    倉木尚武、倉木(明星)美希、大杉良太、津城俊輔という一貫して登場するキャラクターがどういった運命をたどるのかが見どころかなと思う。
    ちなみにミステリ的なトリックは期待できないといったけれど、最後の方にはそれなりにトリックめいた謎の解明や衝撃のラストが待っている。ある意味シリーズの転換期にあたる今回は、クライマックスが抜群に面白い。

  • なんかがっかり。。。

  • 百舌(もず)シリーズの第三弾。
    3名の主演クラスはそのままに新たな敵が現れる。正直、シリーズ名
    を変更した方がいいんじゃないか?、と思わせる構成(^^;)。

    ただ、物語の疾走感や緊張感は先行2作を軽く超えている気がする。
    登場人物の人となりが理解出来た上で読んでいるからだと思うが、
    心情描写の部分への感情移入が容易。そして百舌の呪縛から解放
    された3名は、殊更にダークで魅力的だ。

    そして今作は予想だにしなかったラストも。
    サスペンスとしては超一級、そしてミステリーとしても非常に優秀。
    現状Kindleでリリースされている百舌シリーズはこの3冊のみだが、
    折をみてシリーズ完全制覇に乗りだそうと思います!

    オススメ!

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

砕かれた鍵(百舌シリーズ) (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

砕かれた鍵(百舌シリーズ) (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

砕かれた鍵(百舌シリーズ) (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

砕かれた鍵(百舌シリーズ) (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

砕かれた鍵(百舌シリーズ) (集英社文庫)はこんな電子書籍です

砕かれた鍵(百舌シリーズ) (集英社文庫)の文庫

砕かれた鍵(百舌シリーズ) (集英社文庫)の文庫

砕かれた鍵(百舌シリーズ) (集英社文庫)の単行本

ツイートする