幻の翼(百舌シリーズ) (集英社文庫) [Kindle]

  • 44人登録
  • 3.75評価
    • (4)
    • (9)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 逢坂剛
  • 集英社 (2014年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (252ページ)

幻の翼(百舌シリーズ) (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 一作目と違い素直に時系列に沿って進むので読みやすかった。
    前作で登場するキャラクターの概要が把握できていたのも面白く読めた理由のひとつかも。
    こういうストーリーを読むと誰を信じて良いのかわからなくなりますよね(¯―¯٥)
    命の危険がある場面でいきなり倉木と明星にエッチさせてしまう作者の意図がわかりません(¯―¯٥)
    そんな時間あったら逃げられたのではと思うのは私だけ?
    普通は危険が去ったあと本能的に求め合うのでは(・・?
    (そういう危険な目にあったことないから分かんないけどw)

  • 先が気になりあっという間に読む。ドラマのキャストで脳内再生。西島倉木△

  • こんなところじゃいや。

  • ちょっと2番煎じ感が否めないかな。
    前作を無理に引き伸ばしたようで、あまり入り込めなかった。
    時代の違いか、ちょっと強制入院とかロボトミーとかが無理があるように思えた。

    シリーズ全5作らしいが、自分の中では、ここでピリオドかな。

  • かつて、能登の断崖に消えた“百舌”は復讐を誓い、北朝鮮の工作員として、日本に潜入した──。稜徳会病院で起きた大量殺人事件は、明確な理由もなく突然の捜査打ち切りが発表され、背後に政治的な陰謀がからんでいるのではと、取り沙汰されていた。捜査に当った倉木尚武警視は、大杉良太警部補、明星美希部長刑事などと共に闇に葬られようとする陰謀を執拗に追う。息もつかせぬサスペンス長編小説。

    ・レビュー



    1作目の『百舌の叫ぶ夜』でプツリと切れるようにして終わったから、そのまま2作目の『幻の翼』を読んだ人が多いんじゃないかな。あらすじがまず1作目のネタバレで申し訳ないんだけれど、今回は1作目の『百舌の叫ぶ夜』で起きた事件の結末というか後日談のような物語。と言っても凄まじいことが起きるんだけれど……。
    中身はまんま1作目の続きで、ここから読み始めてもなんのこっちゃわからない。気になるのは、トリックに関して。ドラマ版でどう描くのかが楽しみだ。
    正直、前編にわたって1作目のネタバレなのでちっとも書くことが無かったりする(笑)
    ただスッキリ終わるというか、1作目だけで終わらせるより、今回も一気に読んでしまって決着を着けるのがいいとは思う。でももしかしたら未読の3作目でまた今回の話引っ張るのかもしれない。
    3作目も続けて読んで確かめたい。ドラマ化も期待!

  • 引き続き百舌(もず)シリーズの第二弾を読む。
    そもそも第一弾はシリーズとして想定されていなかったようなので、
    どのように整合性を付けてくるのか?と期待しながら読んでみた。

    ・・・いやぁ、またもや完璧です。
    どう考えてもそりゃあ無理あるだろ!?と突っ込まざるを得ないと
    思ってたのだが、直木賞を受賞したミスターハードボイルドの妙技を
    見た思い。これをレトリックと取っちゃう人が居るとするのなら、
    その人と僕は絶対読書傾向が合わない気がする(^^;)。

    前作同様、全編に漂う緊張感は見事。
    今回は最初から人間関係に注視し、敵と味方をなんとなく予想しながら
    読んでいた。その予想はほぼ当たったのだが、最後の最後で1つ上を
    行かれた感。いや、第二弾も良いです!

    Kindleでリリースされているシリーズ作品はあと1作。
    明日には読了するな、きっと。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

幻の翼(百舌シリーズ) (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幻の翼(百舌シリーズ) (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幻の翼(百舌シリーズ) (集英社文庫)はこんな電子書籍です

幻の翼(百舌シリーズ) (集英社文庫)の文庫

幻の翼(百舌シリーズ) (集英社文庫)の単行本

幻の翼(百舌シリーズ) (集英社文庫)の文庫

ツイートする