劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [Blu-ray]

  • 74人登録
  • 4.21評価
    • (12)
    • (12)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : 米たにヨシトモ 
出演 : 平田広明  森田成一  中村悠一 
  • バンダイビジュアル (2014年7月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569358820

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • アニマックスにて視聴。
    ネイサンの心の傷が切なかった。

  • もっともっとライアンちゃんが観たい

  • 特典ディスク目当て。
    映画本編は、一言で言うと、他の男と付き合って元彼の良さを知って元鞘、っていう感じ。あとは女子チームの結束とネイサンのシーンに感涙。
    特典ディスクは大満足のボリューム。イベント楽しそう。キャストみんな仲がいい。

  • 映画館で観て、やっぱりこれは買おうと決意。
    巻き込まれ少女を発見できなかった悔しさも手伝い、週替わり映像を全部観ることができなかったのもあり、激情マナーCMが気に入ったのもあり。
    結果、やっと気持ちがおさまりました。

    見直して思ったのは、ライアンの登場でバディがどうなるのか気を取られてしまって、しがない中年サラリーマン虎徹の心情まで深く見ていなかったところです。
    自分のまっすぐな志など問題にもされず、ただ損得勘定だけで切り捨てられることで一人の人間の人生があっさり変わってしまう様子が、ほんとシビアに描かれています。
    ヒーローものだからと勧善懲悪ばかりにうかれていないで、その裏で起きている悲喜こもごもも切実で共感しました。
    スポンサー背負ってるところで既に現実的なんだけど、2部が切られたり、虎徹がタクシードライバーやったりする場面は昔だったらギャグ以外では考えられなかったですよね~

    もちろん、スカッとするシーンもあれば、虎徹とバーナビーのゆるぎない絆もしっかり感じるシーンもあり、とても楽しめるストーリーでした。
    BeginningがTV版のおさらい的内容だったのに比べて、こちらはこれからを感じさせる話になっていました。

    特典DISCもイベントの熱気が伝わってきて、とても楽しめました。生フィルムは見切れてるヒトだったww

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする