タモリ学 タモリにとってタモリとは何か? [Kindle]

  • 32人登録
  • 4.36評価
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • イースト・プレス (2014年3月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (172ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
伊賀 泰代
松下 幸之助
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?の感想・レビュー・書評

  • 言葉を破壊したい、やる気のあるやつは去れなど、この本で描写されるタモリは積極的虚無主義。僕は共感しまくる。でも「タモリにとってエロスとは何か」とかは突拍子なさすぎて(バカすぎて)すごかった。自分の思考の甘さを痛感する。

  • ライターさんが書いた本なので、やはり過去の雑誌記事の寄せ集め感が非常に濃く、個人的にまあこんなもんかと雑誌っといった印象を受けました。

    はじめから雑誌と思って読めば★4くらいの本かと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?を本棚に登録しているひと

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?を本棚に「積読」で登録しているひと

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?はこんな電子書籍です

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?の単行本(ソフトカバー)

ツイートする